借金返済に風俗は適するのか?リスクや体験談、その他の借金問題解決方法を解説

風俗は高収入だがリスクも大きい 借金問題に困ったときに頼るべき相談先とは?

借金返済が難しくなっているので、風俗で働いて借金を返済しようか迷っています。風俗なら短期間で大きく稼げるので、返済もできると思っているのですが。

風俗は一般的に高い収入が短期間で得られると言われており、借金返済のために選ぶ人も多いです。しかし、実際には高い収入を得られる人は限られますし、肉体的にも精神的にもかなり負担になるので、おすすめできません。

でも、借金返済には普通に働いているだけではどうにもならないんです。

借金は、債務整理という方法で合法的に減額もしくは返済の免除が可能です。風俗でご自身の体をリスクにさらさなくても、借金問題の解決はできますよ。

借金の返済に困り、風俗で働くことを選ぶ女性は少なくありません。確かに、風俗は一般の仕事に比べれば収入も高く、月に100万円以上を稼ぐという人もいます。

しかし、実際のところは、それだけ稼げる人は一握りで、思ったよりも稼げなかったという人も少なくありません。

また、風俗は肉体的・精神的な負担もかなり大きく、借金を返済する前に体や心を壊してしまう人もいます。

債務整理なら、そういったリスクにご自身をさらすことなく借金問題の解決が可能です。

風俗で働くことを検討するほど、借金問題に悩んでいるのであれば、まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、無料相談可能な弁護士事務所を多く紹介しています。現在抱えている借金問題について、ぜひ気軽に問い合わせてみてください。

>>【全国対応・24時間相談無料】弁護士へ借金について相談してみる

この記事でわかること
  • 借金返済のために風俗で働くことは、高額な収入を得られる可能性はあるが、それ以上に体や心を大きなリスクにさらすことになる
  • 風俗で働いたとしても、必ず稼げるわけでもないし、体や心、人間関係にまで大きな影響を及ぼす可能性がある
  • 債務整理なら、風俗で働くリスクを負うことなく、借金問題の解決が可能
  • 闇金から借金をしている場合は返済する必要はない。速やかに弁護士に連絡して解決を図ろう

借金返済に風俗で働くことは適するのか?

借金が増え、返済が厳しくなった女性の中には、高い収入が得られる風俗店で働くことを検討する人も多くいます。

しかし、本当に風俗で働くことは、借金返済に適しているのでしょうか?

確かに風俗は、高収入な仕事も多く、手っ取り早く収入を得て借金を返済するためには有効な手段と言えるかもしれません。

しかし、風俗は身体的な負担も大きく、加えて精神面の負担もかかりやすいなど、様々なリスクがあります。

実際に風俗で働き始めたものの、思うように稼げず借金が減らなかったり、体や心に変調をきたしたりしてしまう場合もあります。

稼げるがデメリットやリスクのほうが大きい

借金返済が重くのしかかって、なんとかしなければと思えば思うほど、高収入な風俗はメリットが大きく思えます。

しかし、実際は風俗で働くということは、以下のようにかなりのリスクを伴います。

  • 簡単に誰でも稼げるわけではない
  • 体や心への負担が大きい
  • 人間関係に影響を及ぼす可能性も
  • 金銭感覚が麻痺してしまう

簡単に誰でも稼げるわけではない

風俗の給料は、殆どの場合、お客さん1人あたりの単価で設定されている歩合制です。

もちろん、人気が出れば月に数百万円という収入が得られる可能性もありますので、借金返済も簡単にできるように思えます。

しかし、裏を返せばお客さんが全くつかなければ、収入は全く得られないということでもあります。

特に風俗の場合、容姿が収入に直結する職種のため、働き始めてもなかなかお客さんがつかず、収入が得られないということも珍しくありません。また、性的サービスを提供すればいいというわけではありません。

風俗はれっきとしたサービス業ですから、容姿だけでなく、コミュニケーションや相手を喜ばせるテクニックなど、さまざまな対人スキルも要求されます。

ただ、風俗に勤めたから高収入を得られるというものではないことは理解しておきましょう。

コミュニケーション術やテクニックを学び、アフターフォローや営業など、さまざまな努力をしなければ、月に数百万の収入を得ることはできません。どんな世界でも同じですが、一流の収入を得る人は、必ずかなりの努力をしています。

気軽な気持ちで働き始めたけど、全然稼げないということも充分有り得るということは認識しておく必要があるでしょう。

体や心への負担が大きい

風俗は性的サービスを提供するものですから、体や心に大きな負担がかかります。

働く種類にもよりますが、高収入な業種になればなるほど、負担は大きなものになっていくでしょう。場合によっては、性病にかかるリスクもあります。

また、サービス業であるため、お客さんやタイミングを自分で選ぶことはできません。普段触れることのない人の感情や性質にも触れることになるでしょう。

そのような時でも、常に笑顔を作り、お客さんの要求に答える必要が出てきます。自分の体を犠牲にしていることも、少なからず負担となるはずです。

借金返済のために、風俗で働くことを選んだ人たちの多くが、体や心の負担の大きさが辛かったと振り返っています。それほどまでに体や心に負担がかかるものですから、よほどの覚悟が必要なものだと言えるでしょう。

人間関係に影響を及ぼす可能性も

風俗で働くことに対する世間一般の視線は、まだまだ厳しいものがあります。

借金返済のために、風俗で働く人の多くは、家族や彼氏、友人などに内緒で始めるはずです。

もちろん、理解のある人もいますが、もしなにかのきっかけでバレれば、人間関係が破綻してしまう可能性も充分にあります。

夫や彼氏であれば、離婚や破局となる可能性もかなり高いでしょう。

現在の人間関係や大切な人を失いたくないと思うのであれば、風俗で働くことはかなりハードルが高いかもしれません。

金銭感覚が麻痺してしまう

風俗で働くと、一時的にこれまで得たことのないような収入を得ることもあります。

いくら借金返済のためだとはいっても、ついつい買い物に使ってしまうなど、金銭感覚が麻痺し、生活が変化してしまうこともよくあります。

実際に、借金返済のために始めたつもりが、仕事でかかるストレスや金銭感覚の麻痺によって、散財してしまい、逆に借金が増えてしまったという人も、少なくありません。

また、借金返済はできたけど、辞めた後でも一度味わった金銭感覚を戻せず、再び借金をくり返してしまうという人もいます。

学生時代に作った借金を風俗で返済し続けているAさんの体験談

Aさんがはじめて借金したのは、大学3年生のときのクレジットカードのリボ払いでした。

その後も、脱毛や車の免許、卒業旅行に料理教室、エステサロンと次々に浪費を重ね、借金はどんどん膨れ上がっていきます。

最終的には消費者金融、銀行ローン、学生ローン、リボ払いと、ありとあらゆるところから借金をし、気付けば借金総額は200万円になっていました。

AさんはOLとして働いているものの、その収入だけではまかないきれず風俗で働き始めました。

風俗ではお客さんが0で、収入にならないこともあり、毎日不安に襲われながらなんとか返済をくり返しているそうです。

また、不安からくるストレスなのか、毎月のようにクレジットカードでの買い物が辞められないようで、借金は思うように減らず、今でも返済を続けているそうです。

出典:借金返済の為に風速で働いているOLブログ

風俗で働いていると、借金返済の不安に加えて、ストレスがかかります。収入が思うように伸びないことも。不安から、Aさんのように買い物などの浪費をくり返し、結局は借金が減らないことも少なくありません。

収入を得られるからといって、借金返済がうまくいくとは限らないということです。

風俗ではなくその他の解決方法を考えてみませんか?

これまで解説した通り、風俗で働き借金返済を目指すのは、かなりのリスクを伴います。

確かにかなりの収入を得て、短期間で借金問題を解決できる可能性もありますが、場合によっては、その後の人生まで壊してしまう可能性もはらんでいます。

体や心を必要以上にリスクに晒してまで借金返済しなくても、債務整理をすれば、借金問題を合法的に解決することも可能です。

借金の返済で悩んでいるなら、債務整理することも選択肢にしてみませんか?

当サイトでは、現在の借金が債務整理によってどれくらい減額できるのかを簡単に診断できる「借金減額診断ツール」をご用意しています。

まずは、ツールでご自身の借金がどのくらい減額されるのか調べてみるのもいいでしょう。

債務整理なら体や心をリスクにさらさず借金問題の解決が可能

債務整理とは、借金返済に困窮する人を救済するための仕組みです。

債務整理することで、今ある借金を減額したり、返済を免除してもらうことが可能ですので、体や心をリスクに晒すことなく借金問題の解決が可能です。

債務整理には、「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの手続きがあります。

各手続きによって、減額幅や受けるデメリットなどに違いがあり、借金の状況によって選択すべき手続きが変わります。

ここでは、それぞれの債務整理手続きの特徴をご紹介します。それぞれの手続きについての詳しい解説も、当サイトでしていますので、よかったら参考にしてください。

債務整理の中で最もデメリットの少ない「任意整理」

任意整理は、債権者と個別に交渉し、将来発生する利息を免除してもらう債務整理手続きです。

将来利息の免除により、返済がすべて元本に充当できるため、返済総額が抑えられ、早期の返済が可能になります。

任意整理のメリットは、債務整理の中で最もデメリットが小さく、負担も少ないことです。

主な任意整理のデメリットはブラックリスト入りです。ブラックリスト入りとは、個人信用情報機関に事故情報が登録されることを指します。

ブラックリスト入りすると、新規の借入やクレジットカードの作成ができなくなるため、その後の生活で不便な場面もあるでしょう。

しかし、他の方法で債務整理をした場合や、借金を滞納した場合でも同様に、ブラックリスト入りします。そのため、任意整理特有のデメリットとは言えません。

また、債権者と個別に交渉するため周囲にバレにくいことや、裁判所などを介さないため、手続き費用が安くすむ点なども任意整理のメリットといえるでしょう。

任意整理のメリットやデメリットについては、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、参考にしてください。

借金返済が全額免除される「自己破産」

自己破産は裁判所に借金の返済が難しいことを認めてもらい、借金の返済を全額免除してもらう手続きです。

債務整理の中で唯一、手続き後に返済する必要がなく、借金から完全に解放される点が大きなメリットです。

ただし、大きなメリットを受けるかわりに、以下のようにさまざまなデメリットを受けます。

  • すべての借金を対象にする必要がある
  • 一部の自由財産を除き財産は処分しなければならない
  • ブラックリスト期間が任意整理よりも長期化する

例えば、車や家などを所有している場合は、処分しなければならないなど、債務者(お金を借りている側)の状況によって、デメリットの大きさが変わります。

自己破産を選択すべきかは、借金の状況や、収入、財産を持っているかなどによって、判断が分かれるところです。債務整理の経験が豊富な弁護士であれば、状況に合わせて的確に判断してもらえます。自分が自己破産すべきかどうかを知りたいのであれば、まずは弁護士に相談してみましょう。

自己破産については、以下の記事で詳しく解説しています。

借金を最大1/10まで減額できる「個人再生」

個人再生手続きも、自己破産と同様に裁判所を介して、借金を最大1/10まで減額してもらい、残額を返済していく手続きです。

借金自体を大幅に減額できるので、借金額が大きな場合でも完済を目指すことが可能です。

個人再生は、自己破産と異なり、担保権付のものを除いて、所有している財産を処分する必要がないのが特徴です。また、住宅ローンが残っている住宅についても、「住宅資金特別条項」を利用することで、処分せずに借金が減額できます。

ただし、個人再生は手続き後に返済が必要なので、安定した収入が必要となります。

任意整理では減額幅が足りず、完済が見込めず、財産を処分したくない場合には、個人再生を検討することになるでしょう。

闇金問題も弁護士に相談すれば即解決できる

風俗で働いている人の中には、闇金から借金をしてしまい、執拗な督促に耐えかねて、返済に向けて働き出したという人も多くいます。

しかし、闇金は違法業者であり、実は借金自体の返済義務はありません。もちろん、体を犠牲にして返済する必要などありません。

闇金問題で悩んでいるなら、弁護士に相談すれば、即解決可能です。

闇金からの借金は返済する必要なし!

そもそも、闇金からの借金は返済の必要がありません。

借金の利息は「利息制限法」という法律で、元本額に応じて年利15~20%が上限と規定されており、「出資法」では年利20%を超える営業的貸付けが刑事罰の対象とされています。

さらに「貸金業法」という法律でも、年109.5%を超える利息を設定した場合には、契約自体が無効であるとされています。

闇金の借金は、これらの上限金利を大きく超える金利が設定されているケースが多く、その場合は契約自体が無効です。

また、このような公序良俗に反する借金の場合は、契約が無効になるだけではなく、借金自体(元本)も「不法原因給付」であるとして、一切返済をしなくてよいという最高裁判決がでています。

「不法原因給付」とは、公序良俗や道徳に反した行為により金品を交付することを意味します。闇金は、法律を超える高い金利を得ることを目的に違法な貸付を行っているため、「不法原因給付」に当たることを主張すれば、借金返済の必要がなくなるのです。

弁護士に依頼すれば闇金の督促は即ストップする

闇金からの督促は、弁護士に依頼すれば最短で即日ストップすることも可能です。

弁護士に闇金問題の解決を依頼すると、弁護士は受任通知を闇金に送付します。受任通知は、弁護士が債務者の代理人となったことを債権者に知らせることを目的としています。

闇金は違法業者なので、弁護士による通知も効果がないのではと思う人もいるかも知れません。しかし、弁護士からの通知を無視して執拗に督促すれば、いずれ警察の介入があることを闇金は知っているので、素直に応じるケースが大半です。

闇金に返済したお金を取り戻せる場合も

闇金からの借金は、元金も含めて返済義務はありません。

闇金に返済してしまっている場合には、弁護士に相談すれば、返済した分のお金の返還交渉をしてもらうことが可能です。

しかし、闇金の場合、返済したお金はすぐに口座から引き出してしまっていることが多いため、取り戻せる可能性はそれほど高くないことは理解しておいてください。

闇金からの暴力や違法な取り立てなどの実害があれば警察に相談

闇金から、執拗な督促による暴力や家のものが壊されるなどの実害があった場合や、違法な取り立てに悩まされている場合は、警察に相談しましょう。

貸金業者からの取り立てについては、貸金業法で深夜・早朝の取り立てや、自宅への取り立て、第三者への取り立てが禁止されるなど、ルールが決められています。

このルールに違反した取り立てが行われた場合は、警察に相談すれば刑事事件として扱ってもらえます。

もちろん、暴力を振るわれたり、脅されたりしている場合も同様です。

警察は、民事不介入が原則のため、借金問題の解決には及ばないものの、身の危険を感じている場合や犯罪行為に該当する場合は、きちんと対応してもらえます。

延滞していることに引け目を感じ我慢していると、身の危険につながる可能性もあるため、少しでも不安を感じたら警察に通報するか、弁護士に相談するようにしてください。

闇金からの違法な取り立てや対応方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

警察に相談するまでにできるだけ証拠を集めておく必要がある

警察に相談する際には、現行犯で無い限り、何らかの証拠を用意しておく必要があります。

着信履歴ややりとりの録音、怪我の診断書な、違法行為の証拠となる記録を、普段から残しておくようにしましょう。

ただし、証拠がないから警察に相談できないわけではありません。その間にも身の危険が迫っている可能性もあります。

証拠がない状態でも、警察に相談すれば、本格的に捜査するのに必要な証拠がどんなものかなど、的確にアドバイスしてもらえます。

不安を感じているなら、速やかに警察に相談してみるのがいいでしょう。

まとめ

借金返済に追い込まれ、風俗で働いて返そうと考えているのであれば、ちょっと待ってください。

風俗で働けば、短期間で高い収入を得て、借金を返済できる可能性もありますが、肉体的・身体的にかなりの負担を強いられることになります。また、人間関係など将来にわたって影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

借金問題は、債務整理という方法なら、風俗でこれらのリスクにご自身をさらさなくても、安全に解決が可能です。

また、闇金で借金をしてしまっている場合も同様です。そもそも、闇金は違法業者であり、返済の義務もありません。

いずれの場合も、弁護士に相談すれば、適切に対応し借金問題を解決に導いてくれるでしょう。

弁護士への相談は敷居が高いと感じる人も多いですが、初回の相談は無料で行ってくれるところが多いです。また、相談者に寄り添って解決方法を検討してもらえますので、安心して気軽に相談してみてください。

風俗と借金返済に関するよくある質問

風俗なら高額な収入を得て借金を返済できますか?

風俗はうまくいけば高額な収入を得られる可能性はありますが、思ったよりも稼げないことも多く、肉体的にも精神的にも大きなリスクにさらされることになるため、おすすめできません。

風俗で働くリスクにはどんなものがあるのでしょうか?

風俗は、歩合制のため、思うように稼げないことも少なくありません。また、性的なサービスを提供するため、性病などの身体的リスクがつきまといます。また、他人の性に日常的に触れることから、精神的に参ってしまうこともあります。

現在の収入だけでは借金が返済できません。風俗以外に解決する方法があるんですか?

債務整理であれば、ご自身をリスクにさらさずとも、安全に借金問題の解決が図れます。借金の状況により、どの債務整理を選択すべきかは異なるため、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

闇金から借金をしてしまって、督促が止まらず怖いです。どうすればいいですか。

闇金からの督促に恐怖を感じているなら、今すぐに弁護士に相談してください。そもそも闇金からの借金は返済の必要がありません。弁護士に依頼すれば、即督促をストップさせ、借金問題の解決が可能です。

風俗で働いていても、債務整理できますか?職業制限などはありますか?

債務整理に職業制限は一切ありません。
なので、安心して法律事務所へ相談へいらしてください。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…