クレジットカードが払えない!分割交渉可能?延滞リスクの回避方法

クレジットカードが払えない!分割交渉可能?延滞リスクの回避方法

クレジットカードの請求の支払いが厳しいのですが、分割支払いへの変更交渉は可能なのでしょうか?

クレジットカードの支払の分割交渉は、ハードルが高いですが不可能ではありません。原則的には応じない可能性が高いですが、クレジットカード会社としても、債務の回収が最優先ではあるので、対応次第では認めてもらえる可能性があるでしょう。

分割交渉をうまく進めるためにやっておくべきことはありますか?

分割を認めてもらえるかは、クレジットカード会社との信頼関係によるところが大きいので、誠意ある対応をすべきです。支払いが難しいことがわかった段階で、早めにクレジットカード会社に連絡し、相談することが重要でしょう。

クレジットカードを使いすぎてしまい、支払いに困った際に、分割払いにできれば支払えるのにと考える人もいるでしょう。

結論からいうと、クレジットカード料金の分割交渉は、ハードルは高いものの、不可能ではありません。ただし、分割を認めるかは、クレジットカード会社の判断に委ねられる点は認識しておくべきでしょう。

仮に分割払いが認められず、延滞してしまえば、遅延損害金の発生や、クレジットカードの利用停止・強制解約などに繋がり、最悪の場合、財産差し押さえなど深刻な状況に追い込まれてしまいます。

そうなる前に、できるだけ早い段階で何らかの対策を打つ必要があります。支払いが難しいようであれば、弁護士に相談し、債務整理することで現状を打開する方法もあります。

支払いに困ったら、まずは弁護士に相談し今後の対応策を検討することをおすすめします。

この記事でわかること
  • クレジットカード料金が支払えない場合、分割交渉に応じてもらえる可能性はあるが、あくまでクレジットカード会社の判断に委ねられる
  • 少しでも分割交渉を認めてもらうためには、クレジットカード会社に早期に相談するなど、誠意ある対応が必須
  • 分割交渉がうまくいかず延滞を放置すれば、厳しい督促やクレジットカードの強制解約、財産差し押さえなど申告な状況に追い込まれる
  • どうしても支払の目処が立たないなら、弁護士に相談し債務整理を含めた根本的な解決方法を検討すべき

クレジットカードの分割交渉はハードルが高いが可能

クレジットカードの支払いが難しい場合、分割交渉は可能です。

ただし、分割交渉を検討しているということは、すでに支払いを延滞している状況だと思いますので、受け入れられるのはかなりハードルが高いことは認識しておきましょう。

クレジットカードの支払いについては、クレジットカード約款で、明確に規定されています。

一括払いとしていたものの分割払いへの変更は、イレギュラーな措置となるため、原則的には受け入れられません。あくまで、クレジットカード会社の裁量による部分だということは理解しておきましょう。

一方で、クレジットカード会社としても、債権を回収しなければ、損失が出てしまいます。また、仮に、債務者が自己破産などの債務整理をすれば、債権の全部または一部の回収ができなくなってしまいますし、事務的な手間もかかります。

これらの事情から、クレジットカード会社との信頼関係が破綻していなければ、交渉に応じてもらえる可能性はゼロではないでしょう。

分割交渉が成功すればリボ払いでの返済になる

分割交渉が認められた場合、返済はリボ払いになることがほとんどです。

ワンポイント解説

リボ払いとは、リボルビング払いの略で、クレジットカードなどの支払方法の1つ。毎月の支払額を一定かつ少額に固定し、手数料とともに支払っていく方法です。毎月の支払額は抑えられるので、月々の返済負担が抑えられます。

リボ払いは手数料が通常より高く設定されており、毎月の支払額が少ないもあり、元金部分がなかなか減りません。

毎月の負担が軽くなったからといって、そのまま放置していると、返済が長期化し、支払総額もどんどん膨れ上がっていきます。

できるだけ早い段階でまとめて支払い、リボ払いを解消することは意識しておきましょう。

支払いが難しいなら早い段階で相談する

分割交渉に応じてもらうためには、支払いが難しいとわかった段階でできるだけ早く、クレジットカード会社に相談することが重要です。

先程も記載した通り、延滞後や延滞が数ヶ月に及ぶなど状況が悪化すればするほど、クレジットカード会社からの信頼を失います。分割交渉をするなら、早ければ早いほど受け入れられる可能性は高くなります。

支払いができない状態で連絡するのは勇気がいりますが、放置していればどんどん状況は悪化していきます。

まずは、返済の意志があり困っていることを速やかに伝え、クレジットカード会社に対して誠意ある対応をしてください。
クレジットカード会社には、相談窓口が設置されていますから、すぐに連絡するようにしてください。

相談では嘘やごまかしは絶対にNG!

相談の際に、延滞の理由や今後の支払計画について質問を受ける場合がありますが、絶対に嘘をついたりごまかしたりしないようにしてください。

支払いができないことの後ろめたさから、その場しのぎの嘘をつけば、クレジットカード会社との信頼関係は、完全に破綻してしまいます。

クレジットカード会社によっては、災害などの理由で支払いが遅れる場合、止むを得ないとして、支払いの猶予などの特例措置を取っている場合があります。これらを利用しようと嘘をついたり、ごまかしたりしても必ずバレるので危険です。

クレジットカード会社も、支払いに関する相談は日常茶飯事のように受けており、裁判などのコストも労力もかかる手続きは、できるだけ避けたいのが本音です。

ある程度、柔軟な対応をしてもらえる可能性はあるので、正直に理由を説明し、判断を仰ぐようにしましょう。

分割交渉がうまくいかなかった場合の対処方法

クレジットカード会社との分割交渉がうまく行かないこともあります。うまく行かなかった場合、そのまま放置していれば延滞の長期化により、さらに状況が悪化してしまいますから、早急に対策を打つ必要があるでしょう。

ここでは、分割交渉以外の延滞の解消方法について詳しく解説します。状況によって、最適なものは異なりますので、状況を踏まえて対策するようにしてください。

ボーナス一括払いにできないか相談する

ボーナス一括払いに変更できないか相談してみるのも、1つの方法です。

分割同様に、一旦一括払いとしたものをボーナス払いに変更するのは、原則的に難しいでしょう。しかし、勤務先の属性なども踏まえて、ボーナス払いであれば認められる可能性がないわけではありません。

ボーナス一括払いなら、リボ払いに比べて手数料もかからず、返済が長期化することもありませんので、メリットもあります。まずは、クレジットカード会社に相談してみるといいでしょう。

家族や友人に相談し、支援してもらう

家族や友人に信頼できる人がいるなら、支援してもらい支払う方法もあります。

ただし、お金の問題はいくら信頼関係にある間柄でも、関係を破綻させる可能性があります。もし、相談する場合は慎重に検討するようにしてください。

とはいえ、支援してもらえれば現在の窮状を打開し、状況の悪化を防ぐことに繋がります。クレジットカードの支払に困っていることを話すのは、勇気のいることですが、放置していればさらに状況が悪化してしまいます。

信頼できる家族や友人がいるのであれば、支援について相談してみるといいでしょう。

他業者からの借入で支払うのは厳禁

いくら支払いが厳しい状況でも、他の業者から借金をして支払うことは厳禁です

クレジットカードの請求を支払うために、現金が必要で消費者金融やカードローンを利用しようとする人もいます。

クレジットカードで利用したものも借金の1つです。借金を借金で返しても、次は借金の返済をしていかなければなりません。その場しのぎにしか過ぎず、何も解決しません。

それどころか、必要な分以上の利用可能額が示されて、更に借金を増やし状況が悪化するケースもあり得ますから、絶対にやめましょう。

フリマアプリなどで不用品を売却する

フリマアプリなどで、不用品を売却し現金化する方法もあります。

特にブランド品や家電など、高額なものであればまとまったお金になる可能性もあります。

最近では、不用品を買取るリサイクルショップやアプリなど、昔に比べて気軽に利用できるようになっているので、不要なものがあれば、積極的に利用してみるといいでしょう。

ただし、フリマアプリは取引がすぐに成立するかわかりませんし、成立したとしても、厳禁が手元に届くまでに時間がかかる場合もあります。

現金化までの期間などを確認して、前広に対応するようにしてください。

手放したくない場合は質入れを検討

どうしても手放したくないものであれば、質入れを検討してみてはいかがでしょうか。

不用品売却だと、思ったよりも低い値段で買い叩かれてしまうこともありますし、売却すると二度と自分の手元には戻ってきません。

質入れは、質屋に一旦もの預けてお金を借りるだけですから、期間内にお金が返済できれば預けたものは返却されます。一時的に現金が必要な場合や、売却するには惜しいといった場合には、質入れも現金化の有効な手段となるでしょう。

コロナによる失業などの場合は支援融資が利用できる場合も

新型コロナウイルスの影響による休業・失業の場合、各市区町村や全国社会福祉協議会などからさまざまな支援策が打ち出されています。

例えば、全国社会福祉協議会では、新型コロナウイルスの影響による収入源などにより困窮している人向けに、緊急小口資金融資や総合支援資金などの制度が設けられています。これらを利用することで、当座の資金を準備する方法もあります。

緊急小口資金 特例措置 総合支援資金 特例措置
貸付対象者 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
貸付上限 学校等の休業、個人事業主等の特例の場合、20万円以内
その他の場合、10万円以内
(二人以上)60万円以内
(単身)45万円以内
(再貸付あり)
据置期間 1年以内 1年以内
償還期限 2年以内 10年以内
貸付利子 無利子 無利子

新型コロナウイルス感染症を踏まえた生活福祉資金制度による緊急小口貸付等の特例貸付について

コロナウイルスに限らず、天災や止むを得ない事由がある場合は、特例措置が設けられるケースは少なくありません。そういった事由により、一時的に返済が厳しくなった場合は、利用できる制度がないか、調べてみることをおすすめします。

どうしても目処が立たないなら債務整理を検討しよう

上記の対処法でも、支払いの目処が立たない場合は、債務整理を検討する必要があるでしょう。

債務整理は債務の減額や免除で、債務者(お金を借りた側)の経済的更生を図る手続きです。

債務整理には「自己破産」「個人再生」「任意整理」の3つの手続きがあり、それぞれ減額幅やメリット・デメリットが異なります。

  • 【自己破産】
    裁判所を介して債務の返済が難しいことを認めてもらい、自身の財産を原則処分する代わりに、債務をすべて免除してもらう手続きです。債務の免除という大きなメリットがある一方で、デメリットが債務整理の中で最も大きくなります。
  • 【個人再生】
    自己破産同様裁判所を介して、債務を大幅に減額してもらう手続きです。自己破産との大きな違いは、手続き後も返済が残る点にあります。一方で、住宅ローンの残る自宅を処分せずに手続きができ、自身の財産を処分する必要がないことは個人再生のメリットです。
  • 【任意整理】
    債権者(お金を貸した側)と個別に交渉し、主に将来の利息や返済期間の減額を認めてもらう手続きです。任意整理ができれば、月々の支払額は概ね1/2程度になるため、支払負担を大きく減らすことができます。手続きによるデメリットも、債務整理の中で最も小さく、元金のみであれば支払える場合はおすすめの手続きです。

中でも、分割での支払ならできそうだというのであれば、任意整理がおすすめです。リボ払いなどと異なり、利息はかかりませんから、元金を着実に減らしていくことができます。また、任意整理は債権者との個別交渉となり、弁護士に依頼すれば、交渉の手続きはほぼ弁護士が行ってくれますから、周囲にバレるリスクも小さくなります。

唯一のデメリットは、ブラックリスト入りにより新規のローンやクレジットカードの作成ができなくなることですが、逆に言えば返済が終わるまでの間に、新たな債務を増やしてしまうことが無くなると考えることもできます。将来のデメリットをできる限り抑えながら、再スタートを図れることからおすすめの手続きです。

もし、分割でも支払うのは難しい場合は、自己破産を検討することになるでしょう。

いずれにしても、すでに支払いが厳しい状態にあるなら、ためらわずまずは弁護士に相談し、債務整理を検討することをおすすめします。

債務整理手続きの詳細は、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

弁護士に相談して解決をサポートしてもらう

債務整理を検討する場合には、借金問題に強い弁護士に債務整理を相談することをおすすめします。

弁護士に相談すれば、以下でご紹介するさまざまなメリットがあり、結果としてスムーズに現状を打開することが可能です。

  • 最適な債務整理手続きを選んでもらえる
  • 手続きがスムーズに進むよう支援してもらえる
  • 弁護士に依頼すれば督促がストップする

弁護士は借金問題の専門家です。上記のメリットに加え、これまでの経験を元に今の窮状を脱出する方法を導いてくれますので、是非一度相談することをおすすめします。

最適な債務整理手続きを選んでもらえる

債務整理は先程ご紹介した通り、手続きによりメリット・デメリットが異なります。

債務者の状況によって、最適な手続きを選択しなければ、手続き自体が認められないなど、思うような成果があげられないという可能性も考えられます。

弁護士に相談すれば、現在の状況を踏まえた上で、最適な手続きがどれかアドバイスしてもらえますし、手続きによるメリットやデメリットも丁寧に説明してもらえます。

手続きがスムーズに進むよう支援してもらえる

債務整理手続きを弁護士に依頼すれば、手続きがスムーズに進むよう支援してもらうことも可能です。

自己破産や個人再生の場合、裁判所への申立や認可のために、膨大な資料を作成・準備する必要がありますし、任意整理でも債権者との交渉などが必要です。

これらの手続きでは、法律の知識や経験を問われるケースも少なからずあり、知識のない一般人では、手続きに時間がかかったり、交渉が思うようにまとまらなかったりということもあり得ます。

弁護士であれば、これまでの経験や知識を活かして、スムーズに手続きが進むよう支援してもらえますので、安心して手続きを進めることができるでしょう。

弁護士に依頼すれば督促がストップする

弁護士に依頼すると、債権者に対し「受任通知」が送られ、債権者からの督促や返済が一旦ストップされます。

受任通知は、債権者に対して債務整理の手続きを開始することや、弁護士が代理人となることを通知するものです。

受任通知を受けた債権者は、以降債務者への直接の連絡を禁止されるため、督促電話に悩まされた日々から開放され、落ち着いて問題解決を図ることが可能です。

クレジットカードの支払延滞にはさまざまなリスクがある

クレジットカードの支払を延滞することには、以下のようなリスクがあります。

  • クレジットカード会社からの督促がある
  • 遅延損害金が発生する
  • クレジットカードが利用停止・強制解約になる
  • 個人信用情報に傷がつく
  • 最悪の場合、訴訟・財産差押えに発展する

ここでは、延滞により発生するリスクについて、くわしく解説していきます。

クレジットカード会社からの督促がある

クレジットカード会社への支払を延滞すると、督促の連絡がきます。

はじめは、督促はがきなどが送付されてくるだけですが、無視していると電話連絡が入るようになり、カード会社によっては、電報などでも連絡がきます。

それでも連絡が取れなければ、会社や自宅への電話がかかってくることもあり得ます。

貸金業法では、督促の方法が厳しく定められており、自宅を訪問しての督促や執拗な電話での督促は禁じられていますから、昼夜を問わず電話がなり続けるようなことはありません。

遅延損害金が発生する

支払を延滞した翌日から、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、簡単にいうとクレジットカード会社との契約通りに支払わなかったことに対するペナルティ、罰則金のことです。

遅延損害金の料率は、一般的に利息制限法の上限である20%に設定されていることが多いので、遅れれば遅れるほど、負担はどんどん大きくなります。ただでさえ厳しい支払負担が、更に増すことになるため、できるだけ早く延滞を解消する必要があるでしょう。

クレジットカードが利用停止・強制解約になる

延滞が長期化すれば、所有しているクレジットカードが利用停止・強制解約となるリスクがあります。

いつから利用停止になり、強制解約になるかはクレジットカード会社によって異なりますが、利用停止は延滞した時点、強制解約は延滞から61日以上経過で実行されるのが一般的です。

クレジットカードが利用停止・強制解約になれば、クレジットカード払いにしている公共料金なども、延滞することになってしまいます。これらが設定されている場合は、コンビニ払いに変更するなどの措置が必要になるでしょう。

また、利用停止であれば延滞を解消することで利用を再開することができますが、強制解約の場合は,延滞を解消しても、そのカードは二度と使うことができません。再度、新規で申し込むことは可能ですが、作成できるかは審査次第になります。

個人信用情報に傷がつく

延滞により、個人信用情報に傷がつく(ブラックリスト入りする)こともリスクの1つです。

個人信用情報とは、クレジットやローンに関する申し込みや返済状況を個人別にまとめたものを指します。個人信用情報は、個人信用情報機関で管理され、加盟している業者が閲覧できるようになっています。

各業者は、ローンやクレジット作成の審査の際に、これらの情報を参照することが義務付けられており、延滞情報が掲載されていれば、審査には通りづらくなります。

61日以上の延滞となった場合、延滞を解消したとしても最低5年間は掲載され続けるため、その間はローンやクレジットカードの利用はできなくなってしまいます。

個人信用情報については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

最悪の場合、訴訟・財産差押えに発展する

延滞が長期化し、クレジットカード会社が支払の見込みがないと判断すれば、訴訟に発展し、財産を差し押さえられる可能性があります。

差し押さえの対象は、所有している自宅や自動車、銀行口座、給与など多くに及びます。また、家族や職場などにも裁判所からの通知により、延滞の事実もバレることになるなど、差し押さえによる生活への影響は計り知れません。

また、差し押さえに発展してしまうと、解決方法の選択肢も極端に狭まってしまいますから、できるだけこうなる前に対策を打つことが重要だと言えます。

まとめ

クレジットカード料金も、ローンなどと同じ借金です。支払いができず延滞すれば、段階的にリスクは大きくなっていきます。

クレジットカード会社に相談すれば、分割支払いを認めてもらえることもありますが、クレジットカード会社の判断に委ねられるため、確実な方法ではありません。また、分割支払いが認められたとしても、多くの場合、リボ払いでの返済となるはずですから、手数料の発生による支払総額の増加や、返済期間の長期化などのリスクもあります。

また、認められず延滞してしまえば、最悪の場合、財産差し押さえなどの状況に発展することもあり得ます。

もし、クレジットカード料金が支払えず、目処も立たないという状況にあるなら、債務整理などで根本的に改善を図るのがおすすめです。

弁護士に相談すれば、現在の状況に合わせて最適な対策方法をアドバイスしてくれますし、問題解決に向けたサポートもしてもらえます。

最近では、相談が初回無料としている事務所も多いので、まずはお気軽にご相談ください。

クレジットカード料金が支払えない場合に分割交渉は可能?

クレジットカード料金が支払えない場合に分割交渉は可能ですか?

クレジットカード会社は原則的に支払方法の変更には対応しないことが多いため、ハードルは高いですが、不可能ではないでしょう。クレジットカード会社としても、債務の回収は優先事項です。早めに相談すれば、柔軟に対応してもらえる可能性はあります。

分割交渉が認められなかった場合に延滞回避する方法はありますか?

ボーナス払いへの変更や、信頼できる人から支援、不用品売却などで資金が作れないかを検討しましょう。どうしても、支払いが難しいのであれば、弁護士に相談し、債務整理を検討することをおすすめします。

クレジットカード料金の支払を放置すると、どうなりますか?

クレジットカードを延滞すると、厳しい督促やクレジットカードの利用停止、遅延損害金の発生などさまざまなペナルティが発生します。滞納が長期化すれば、クレジットカードの強制解約、財産差し押さえなどの深刻な状況に追い込まれます。そうなる前になんらかの対策を打つ必要があるでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…

闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…