大学生で100万円の借金はかなり危険!返済までの期間と確実に完済できる方法を紹介

大学生で100万円の借金はかなり危険?返済までの期間と確実に完済できる方法を紹介

大学生の私が100万円の借金を抱えているのは危険ですよね…?気付かぬうちに借金が膨らんでしまいました。どうしたら良いでしょうか?

大学生で奨学金以外の借金が100万円以上あるのであれば、かなり危険な状態と言えます。もしも今「返済が厳しい」と感じているのであれば、根本的な解決をすべきでしょう。

今まではギリギリ返済できていたのですが、正直「100万円」という数字が怖いです。アルバイトの時間を増やせばギリギリ返済できるとは思うのですが「何かあったら」と思うと、今のうちに解決しておいたほうが良いのかな?とも考えています。

そうですね。「ギリギリの状態で返済」をしているのであれば、今すぐに解決しておいたほうが良いです。アルバイトで収入を増やすのもひとつの手段として有効ですが、債務整理等も検討されてみてはどうでしょうか。

大学生で借金(奨学金を含む)を抱えている人の割合は約35%です。この中でキャッシングやクレジットカード等からの借金を抱えている人の割合はわずか15%程度です。大学生全体で見れば少数であることは言うまでもありません。

借金をしている学生自体が少数であるにも関わらず、借金の総額が100万円に達したのであれば危機感を持ったほうが良いでしょう。現時点で「借金の返済が厳しい」とか「この先が不安」と少しでも感じているのであれば、今すぐに根本的な解決を目指しましょう。

今回は「大学生で100万円の借金は危険なのか?」と疑問を抱えている大学生に向けて、危険性や借金を完済するための方法をお伝えします。この先に不安を抱えている方や借金の額に驚いている大学生はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 大学生が奨学金以外で100万円の借金を抱えているのであれば、かなり危険な状況。大学生の平均借金額等から見る自分の危険性
  • 大学生の一般的な収支を元にした100万円の返済シミュレーション。いかに100万円の借金返済が難しいかを詳しくお伝えしています
  • 大学生で100万円の借金を返すのが難しい…。そう感じているのであれば、今すぐにできる根本解決方法を紹介。状況次第では債務整理も検討したほうが良い

大学生で100万円の借金は危険?学生が抱える平均額はいくら?

大学生で100万円前後の借金を抱えているのは、かなり危険な状況と言えるでしょう。大学生であれば、大学に通いながらアルバイトとして収入を得ているのが一般的です。収入も少ない中で毎月の返済を考えれば、とても危険な状況であると言えます。

ちなみに、大学4年生の約35%の人が「借金」を抱えており、その平均額は「198万円」と言われています。しかしこれには奨学金が含まれているため、クレジットカードやキャッシング等による借金の平均額はさらに低いです。まずは大学生が抱える借金の平均額や返済が困難になる理由等についてお伝えします。

大学4年生は約35%の人が借金あり、平均は約198万円

大学4年生で借金を抱えている人の割合は約35%であり、3人に1人が「借金」を抱えていることになります。そして、借金の平均額は「198万円」とかなり高額です。しかしこれには「奨学金」が含まれているため実際の平均額はさらに低いでしょう。

引用元:GMOあおぞらネット銀行「大学4年生・社会人1年生1000人の懐事情」

大学生で借金があると答えた方のうち、消費者金融やクレジットカード会社(信販会社等)からの借金がある方は「15%程度」です。この数字を考慮すると、奨学金以外で100万円もの借金があることの危険性は理解いただけるのではないでしょうか。

参考:GMOあおぞらネット銀行「大学4年生・社会人1年生1000人の懐事情」

奨学金以外で100万円以上の借金は返済が難しくてかなり危険

奨学金の返済は貸与が終了した翌月から数えて7か月経過したときからです。一般的には卒業後の返済開始となるため、社会人として確実に収入を得ながら返済できます。そのため、奨学金で100万円以上の借金を抱えている方はここで「危険」とは判断しません。

あくまでも奨学金以外の借金が100万円以上あり、現時点で返済義務が発生している借金が「危険」と言えるでしょう。

仮に奨学金以外での借金が100万円あったとして、返済率を3%と仮定したときの毎月返済負担額は「3万円」です。大学生のアルバイト収入の平均は「4.7万円」で仕送りを考慮しても総収入は「8.4万円」が平均です。

8.4万円から大学生の支出を考えると自由に使えるお金が3万円前後になるでしょう。つまり、一切遊びに行かず返済に専念するのであれば「ギリギリ返済可能」と、一般的には言えます。ただ、ギリギリの状態で返済を続けていれば、少しつまずいたときにかならず返済計画が崩れてしまいます。

「ギリギリ返済できるから大丈夫」ではなく「ギリギリでしか返済できないからとても危険な状況」と考えるべきでしょう。社会人になれば返済していけるなどと考えているかもしれませんが、現実はそう簡単にはいきません。余裕を持った生活を心がけるべきでしょう。

参考:GMOあおぞらネット銀行「大学4年生・社会人1年生1000人の懐事情」

奨学金以外の借金は卒業まで待ってもらうことはできない

大学生で100万円の借金を抱え、返済できない状態に陥っても返済を待ってもらうことはできません。「どうしても返済が厳しい」と思うのであれば、消費者金融やカード会社等に相談することで1週間~10日程度であれば待ってもらえる可能性はあります。

しかし、消費者金融やクレジットカード等で積み重ねた借金の返済を、卒業後まで待ってもらえる可能性はほぼ0でしょう。「社会人になって安定した収入を得られるようになれば返済できる」と思っていても、今、借金の返済が厳しいのであれば債務整理等の根本的な解決をするしかないでしょう。

大学生が100万円の借金を完済するための期間と返済額は?

大学生の収入で100万円の借金を完済するのは容易ではありません。ほとんどのカード会社(主に消費者金融)は、借入金額の3%以上を最低返済額としています。つまり、1社から100万円の借金があるときは、最低でも毎月3万円ずつの返済をしなければいけません。

仮に毎月1~2万円の返済が認められていたとしても、返済期間や総支払金額を考えれば、大学生で完済するのは難しいと感じるでしょう。次に、年率15%・18%で100万円を借りたときの返済期間や総返済金額についてお伝えします。具体的な返済イメージの参考にしてください。

年率15%で100万円を借りているときの返済期間と総返済額

大学生が年率15%で100万円の借金を抱え、毎月1万円・2万円・3万円で返済したときの返済回数、総返済金額、利息の金額は下記のとおりです(元金均等返済元金均等返済とは返済額の「元金」を毎月一定に支払う返済方法です。元利均等返済とは異なり、毎月の返済額がバラバラというデメリットはありますが、返済期間や総支払金額が少ないなどのメリットがあります。)。

毎月の返済額は1万円のとき
返済回数 100回(8年4か月)
総支払金額 1,631,250円
利息合計 631,250円
毎月の返済額は2万円のとき
返済回数 50回(4年2か月)
総支払金額 1,318,750円
利息合計 318,750円
毎月の返済額は3万円のとき
返済回数 33回(2年9か月)
総支払金額 1,212,482円
利息合計 212,482円

大学生の一般的な収支を考えれば、3万円の返済が厳しいことは前述のとおりです。仮に、毎月2万円ずつ返済をしたとすれば、30万円超の利息が発生するうえに返済期間も4年を超えます。在学中に完済することは難しく、社会人になってからも借金の返済を継続していかなければいけません。

社会人早々に借金を抱えてしまっていることはあまりおすすめできません。実際に就職した企業で一生働き続けられるかどうかもわからず、自分に合っている職場かどうかもわからない中で重荷を背負って社会に出ていくのはプレッシャーでしかないでしょう。

年率18%で100万円を借りているときの返済期間と総返済額

本来、利息制限法という法律によって、100万円を超える借金の利息制限は「15%まで」と定められています。しかし、複数社からの借り入れがあるときはそれぞれで上限金利が適用されるため、100万円の借金に対して18%の金利になることがあります。

次に、100万円の借金を年率18%で借りていたときの返済回数や総支払金額、利息についてお伝えします(元利均等返済)。

毎月の返済額は1万円のとき
返済回数 100回(8年4か月)
総支払金額 1,757,500円
利息合計 757,500円
毎月の返済額は2万円のとき
返済回数 50回(4年2か月)
総支払金額 1,382,500円
利息合計 382,500円
毎月の返済額は3万円のとき
返済回数 33回(2年9か月)
総支払金額 1,254,981円
利息合計 254,981円

元金均等返済の場合、元利均等返済と比べて、完済までの期間に差はありません。しかし元金均等返済は、元利均等返済よりも総支払金額(利息)が大きくなります。たとえば毎月の返済額を2万円にしていたとすれば、利息の差は約63,000円です。

大学生が100万円の借金を完済するためにはどうしたら良い?

大学生で100万円もの借金を抱えてしまうのは、とても危険な状態です。もしも「借金を返済できない」とか「この先が不安」と感じている大学生の方がいれば、これからお伝えする借金完済方法を検討されてみてはどうでしょうか。

大学生が100万円の借金を完済するためには下記の3つの方法を検討すれば良いでしょう。

  • 収入を増やして借金を完済する
  • 親に相談して借金を肩代わりしてもらう
  • 債務整理をして借金を減額したり0にしたりする

「今すぐに借金問題を解決したい」とか「現時点で滞納している借金がある」という大学生は、今すぐ債務整理を検討すべきです。現時点でかろうじて返済はできているけど、正直厳しい。と感じているのであれば、親に相談したり収入を増やして完済を目指したりすれば良いでしょう。

最後に大学生が100万円の借金を完済するための方法について詳しくお伝えしようと思います。とにかく借金の返済が厳しい!と感じている大学生は、ぜひ参考にしてください。

収入を増やして返済額を増やす

大学生でも収入を増やすことは簡単なはずです。アルバイトの時間を増やしたり時給の高いアルバイトに変えたりすれば、100万円の借金も早期に完済できるでしょう。

大学生の本業は「勉学」であるはずですが、毎月1~2万円程度の収入を増やすだけであれば、さほど影響をあたえることはないでしょう。もしも、アルバイトの時間を増やしてしまうことで勉学に影響が出てしまうのであれば、収入を増やして完済を目指す方法はおすすめできません。

あくまでも、学校とアルバイトの両立ができる範囲内での収入増で100万円を完済しましょう。という話です。お金を稼いだり借金を返済したりすることに集中して、本来行うべきことを見失ってしまっては意味がないので注意しましょう。

ワンポイント解説
闇バイトには要注意

短期間・短時間で高報酬を得られる闇バイトには注意してください。最近では、SNSを介して簡単に闇バイトができる時代になってしまいました。知らぬうちに犯罪に加担させられてしまう恐れがあり、今後の人生にも多大な影響をあたえる恐れがあるので絶対にやめてください。

扶養内外を考慮した稼ぎ方をしなければ損をする

大学生であれば親の扶養に入っているケースがほとんどであるため「稼ぎすぎ」には注意してください。中途半端にお金を稼いでしまうと、結果的に損をしてしまう恐れがあります。

いわゆる「〇〇万円の壁」と呼ばれるもので、103万円・106万円・130万円・150万円の壁があります。それぞれの壁を超えた収入を得ることで下記のような影響が発生します

103万円の壁 所得税が発生する
106万円の壁 社会保険加入義務が発生(一定以上の規模の会社の場合)
130万円の壁 国民健康保険・国民年金加入義務が発生(社会保険加入義務がないところでアルバイトしているとき)
150万円の壁 配偶者特別控除額が減少(大学生には、原則関係ありません)

参考:日本FP協会「103万円、106万円、130万円、150万円の壁」

勤労学生控除とは

納税者自身が勤労学生として認められる要件をクリアしているとき、一定の所得控除を受けられる制度です。アルバイト先に所定の書類を提出することで利用でき、27万円の所得控除を受けられます。これによって最大で130万円まで稼いでも所得税が発生しません。
参考:国税庁「勤労学生控除」

もしも親等の扶養内に入っているのであれば、扶養元としっかり話し合ってどこまでの壁を供するか決定してください。

返済が厳しいなら親に相談して借金を肩代わりしてもらう

借金を肩代わりしてくれる親がいるのであれば、頼ってみるのもひとつの手段でしょう。大学生で100万円の借金を抱えている事実は、可能であればバレたくない。そう思うのは当然ですが、現状を変えなければ何も変わることはありません。

ただ、親に子供が作った借金を支払う義務はありません。「親なんだから借金を肩代わりして当たり前」という態度で相談すれば、借金を肩代わりしてもらない可能性もあるでしょう。

自分が作った借金に対してしっかり向き合うこと。今後は同じことを繰り返さないようライフスタイルの見直しを行うこと。なぜ借金を抱えてしまったのか、なぜ借金を返済できなくなってしまったのかしっかり説明すること。これらのことをしっかり実行し、叱咤される覚悟で親に相談してください。

ワンポイント解説
借金の肩代わりは贈与税の対象になる恐れがある

通常、借金を肩代わりする行為は「現金の贈与」に該当するため贈与税が課税されます。しかし、今回のケースでは贈与税が課税されることはありません。その理由は「基礎控除」と「贈与税の対象」が大きく関わってきます。

贈与税の基礎控除は1年間で110万円です。親が100万円の借金を肩代わりしても、基礎控除内で収まるため課税されません。仮に、110万円を超える場合であっても、大学生本人が明らかに返済不能な借金を抱えているときは、親が肩代わりをしても課税されないことになっています。この2つの理由から、今回のケース(大学生が100万円の借金をしたときのケース)では贈与税の対象外となる可能性が高いでしょう。

債務整理をすれば今ある借金を減額・0にできる可能性が高い

借金の返済が厳しいけど、親を頼ったり収入を増やしたりすることが難しいのであれば、大学生でも「債務整理」を選択すべきでしょう。債務整理とは、借金を減額したり0にしたりできる法的手続きで、弁護士へ相談することで自分にあった整理手続きを案内してもらえます。

債務整理には下記3つの種類の手続き方法があり、それぞれ減額できる借金額やメリットデメリットが異なります。

  • 将来の利息をカットして元金のみを3年程度で完済する「任意整理」
  • 借金を最大で1/10まで減額できる「個人再生」
  • すべての借金を0にできる「自己破産」

大学生で借金総額が100万円なのであれば、まずは「任意整理」を検討すべきでしょう。任意整理は将来の利息をカットできることが多く、その場合元金100万円のみの返済を考えれば良くなります。仮に100万円を3年間で返済しようとすれば「100万円÷36か月=約28,000円」となり、返済負担を軽減できるでしょう。

また、交渉次第では最大5年程度まで返済期間を延長できます。仮に100万円の借金を5年間で返済しようとすれば「100万円÷60か月=約17,000円」です。今以上に返済負担を軽減できるうえに確実な完済を目指せます。

ただ、すべての債務整理手続きに共通しているデメリットが「信用情報にキズがつく」という点です。就職に影響をあたえる可能性は少ないですが、クレジットカードを持てない、ローン審査に通らないなどの影響はあるでしょう。

債務整理後5~10年経過すれば信用情報から債務整理の情報が消えるため、新たにローンを組んだりクレジットカードを持ったりすることはできます。一時的な影響が出る恐れがあると思っておいてください。

ワンポイント解説
債務整理はメリットが多い

債務整理は大学生でもできますし、大学生であることを理由に不利益を受けることはありません。また、親や学校にバレることなく手続きを進めていくことも可能です。「借金を親にバレたくない」と考えている大学生は、まず弁護士に相談してください。返済滞納によって送付される恐れがある「督促状」などの書類も止められます。

【大学生の借金100万円の借金】一問一答

大学生で100万円の借金を抱えているのは危険な状況ですか?

奨学金以外の借金で100万円あるのであれば、かなり危険な状況と言えるでしょう。中には自動車ローン等の借金を抱えている大学生もいるかと思いますが、収支のバランス次第では危険な状況です。

100万円の借金をギリギリ返していけそうなのですが、このままでも大丈夫でしょうか?

「ギリギリ返済」なのであれば、今すぐに借金問題を解決したほうが良いです。何かあったときに返済できない状態に陥る恐れがあるので、ギリギリはかなり危険な状況と言えるでしょう。

大学生が100万円の借金を完済するためにはどうしたら良いでしょうか?

収入を増やしたり、親に借金を肩代わりしてもらって完済を目指す。いずれも難しいのであれば、債務整理で解決したほうが良いでしょう。詳しくは記事本文でお伝えしているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は、大学生で100万円の借金は危険なのか?借金を完済するためにはどうしたら良いのか?についてお伝えしました。

大学生の約1/3の人は奨学金等の借金を抱えている事実がありました。しかし、クレジットカードや消費者金融等からの借り入れがある大学生の割合は少なく、さらに奨学金を除いて100万円を超える借金を抱えている大学生は少数です。

大学生の収支を考えれば、奨学金を除く100万円もの借金を返済することは非常に困難であると言えるでしょう。仮に、毎月元金を3万円ずつ返済できたとしても3年以上の返済期間が必要になるうえに多額の利息も発生してしまいます。

今時点で「借金の返済が厳しい」と少しでも感じているのであれば、今すぐに解決しなければいずれ破綻します。100万円の借金は容易に返済できるように見えるかもしれませんが、利息で倍近くまで膨れ上がる恐れもあるでしょう。

ギリギリの状態で返済を続けているのであれば、思い切った解決策(債務整理等)を実行することが大切です。今回お伝えした内容を参考にし、100万円ある借金の完済を目指してください。

阿部 由羅
監修者

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。