カードローン引き落としが残高不足だった場合は何をすべき?延滞による影響や対応策も合わせて解説

カードローン引き落としが残高不足だった場合は何をすべき?延滞による影響や対応策も合わせて解説

カードローンの引き落としが残高不足で引き落とされませんでした。どうすればいいでしょうか?

まずはカードローン会社への電話連絡が最優先です。カードローン会社に、返済意思がある旨と今後の返済予定日について伝えてください。カードローン会社から連絡があった場合も、必ず応答してください。その上で、速やかに延滞解消を図りましょう。

わかりました。連絡はするようにします。しかし、すぐに返済金が用意できそうにないのですが、どうすればいいですか。

直ぐに延滞解消ができないようであれば、債務整理手続きで返済猶予を作りましょう。債務整理手続きを開始すれば、一旦返済はストップするので落ち着いて、借金問題の解決に向けた検討ができますよ。

カードローンの返済引き落としが、残高不足となった場合は、引き落としが行われず、返済を延滞したことになってしまいます。

延滞してしまったら、まずはカードローン会社に連絡し、返済意思があることや返済予定日について連絡を入れることが先決です。その上で、延滞をできるだけ速やかに解消するようにしましょう。

カードローンの返済を延滞すると、遅延損害金が発生したり、延滞情報が個人信用情報に掲載され、今後のローン審査が通るのが難しくなるなど、さまざまな悪影響が出る可能性があります。

もし、直ぐに返済できるだけのお金がない、返済目処が立たないということであれば、債務整理を検討してください。債務整理手続きを始めた時点で、一旦返済をストップすることができるので、落ち着いて借金問題の解決について検討することができます。

延滞している状況を放置すれば、状況はどんどん悪化していきますので、この記事を参考に速やかに対応するようにしてください。

この記事でわかること
  • カードローンの引き落としが残高不足となった場合は、まずカードローン会社に連絡し、返済意思がある旨と返済予定について、伝えることが最重要。その後、速やかに延滞を解消
  • 返済が厳しい場合は、親族や知人からの支援が相談できないか検討し、どうしても捻出が難しい場合は、債務整理を検討する
  • 返済のために他社から借金をするのは、状況を悪化させるだけのため、絶対にやってはいけない
  • 債務整理を開始すれば、返済が一旦ストップするため、期間的な猶予が生まれ、借金問題の解決について落ち着いて検討することができる
  • カードローンの延滞には「カードローンの利用停止」「遅延損害金の発生」「ローン会社からの督促」「個人信用情報への事故情報の掲載」など、さまざまなリスクがある

延滞したらすぐにカード会社に連絡し、速やかに延滞解消方法の検討を!

カードローン返済の自動引落が残高不足になった場合、カードローンの返済を延滞している状況ですので、まずはカードローン会社に連絡を取ることが最優先です。カードローン会社から電話連絡がある場合も多いので、かならず応対するようにしてください。

カードローン会社への連絡ができたら、できるだけ早く延滞の解消方法を検討すべきです。延滞したまま放置していれば「遅延損害金の発生」「ローン会社からの督促」など、状況はどんどん悪化していきます。

そのまま放置しておくと、最終的には給料の差し押さえに発展してしまい、周囲の人にも借金や延滞の状況が知られてしまうなど、私生活に大きな影響を与える可能性もあります。

もし、返済資金が用意できないようであれば、債務整理によって返済猶予を作るなどの対応を必要があるでしょう。

延滞解消に向けた対応は、1日でも早く適切に対応することが重要になります。

返済が厳しく、どうしていいのかわからないという状況であれば、まずは借金問題に強い弁護士に相談し、最適な対応方法をアドバイスしてもらってください。

延滞は早急に解消を!返済が難しいなら債務整理で返済猶予を作る

自動引落が残高不足で延滞してしまった場合は、できるだけ速やかに延滞を解消することが重要です。

延滞している間は、利息とは別に遅延損害金が発生します。遅延損害金は、契約通りに返済が行われない場合に支払う必要のある賠償金の一種で、1日毎に発生します。

そのため、遅れれば遅れるほど、支払総額が増えることになるので、できるだけ早く解消してください。
ここでは、延滞解消方法についてご紹介しますので、検討してみてください。

返済のための借金は絶対にダメ!

まず、借金の返済金が用意できないからといって、他の業者から返済金を借りるのは絶対にダメです。

借金返済をするために、借金をする自転車操業は、「複利」という仕組みによって、借金の額は雪だるま式に膨れ上がっていきます。

具体的な例を見てみましょう。例えば、A社に対する返済金5万円が用意できず、B社から5万円借り入れて返済したとします。

この場合、A社への返済金には利息部分が含まれていますので、元金が5万円減るわけではありません。

一方でB社からの借金は元金が5万円増加し、さらにそこに利息が加算されるので、結果的に借金総額が増加することになります。その分、返済額は増えていくわけですから、いずれ借り入れが限界を迎え、行き詰まることになります。

複利の恐ろしさは以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

借金の返済を借金ですることは、複利により雪だるま式に借金を増やし、状況をさらに悪化させるだけでその場しのぎにしかなりません。

家族や知人に支援してもらう

支援してくれる家族や知人がいるなら相談し、支援してもらいましょう。一時的に返済金を建て替えてもらい、延滞を解消することができれば落ち着いて借金問題の解決を検討することもできるでしょう。

返済金だけでなく、借金の全額や一部でも負担してもらえれば、今後の返済見通しが立てやすくなる可能性もあります。

ただし、知人間での借金は、後々大きなトラブルになったり、信頼関係を破綻させることに繋がりかねませんので、慎重に判断してください。

延滞解消が難しい場合は債務整理で返済猶予をつくる

すぐに延滞解消が難しい場合は、速やかに債務整理の検討が必要です。

債務整理は国が認めた借金返済に苦しむ人の救済措置で、手続きをすることで借金を減額したり、返済を免除してもらうことができ、借金問題を根本的に解決することができます。

また債務整理手続きを弁護士に依頼すれば、一旦返済がストップするので、延滞の長期化による一括請求や差し押さえなどへの状況の悪化を防ぎ、落ち着いて借金問題の解決を検討することができます。

ただし、債務整理を開始したとしても、手続きが認められるまでの間は利息が発生していますので、できるだけ速やかに手続を進めることをおすすめします。

借金問題の解決策は弁護士と一緒に検討することがおすすめ!

債務整理の検討は、借金問題に強い弁護士と一緒に検討することをおすすめします。

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの手続きがあり、受けるメリットやデメリットがそれぞれ異なります。

各債務整理手続きについては、以下の記事で詳しくまとめていますので、参考にしてください。

債務整理手続きは、借金や収入、財産の状況によっても選択すべき手続きが異なります。

まずは、専門家である債務整理に強い弁護士に相談し、ご自身の状況にあった債務整理手続きがどれかをアドバイスしてもらうと良いでしょう。

当サイトでは、各債務整理手続き別に、借金がどのくらい減額されるのかを簡単に調べられる「借金減額診断ツール」をご用意していますので、一度調べてみるのもいいでしょう。

自身に最適な債務整理方法をアドバイスしてもらえる

弁護士に依頼すれば、ご自身の状況にあった最適な債務整理方法をアドバイスしてもらえます。

手続きを選択する際には、減額幅だけでなく、手続き毎のメリット・デメリットや、延滞の状況、借金の理由、財産や収入の状況など、さまざまな面を総合的に判断して、選択しなければなりません。

また、自己破産や個人再生などの裁判所を介した手続きは、地域によって認可の判断基準が微妙に異なっているケースもあります。

借金問題に強い弁護士であれば、これまでの経験や知識などを踏まえて、ご自身にあった最適な債務整理方法をアドバイスしてもらえます。

状況に合わない手続きを選択してしまうと、本来受けなくても良いデメリットを受けることになったり、最悪の場合、手続きが認められず借金問題が解決しなかったりということも考えられます。

一刻も早く借金問題を解決するためにも、債務整理を検討する際には、弁護士へ相談して見るようにしましょう。

督促を止まるので落ち着いて借金問題の解決を図れる

債務整理の手続きを弁護士に依頼すれば、一旦借金の返済は停止し督促も止まるので、落ち着いて借金問題の解決に当たることが可能です。

弁護士に依頼すると、弁護士から債権者に「受任通知」が送付されます。

債権者は、受任通知を受け取って以降、督促することを禁止されているため、一旦返済もストップします。

つまり、滞納をそのまま放置してれば、いずれは一括請求や差し押さえなどに発展するリスクがありますが、債務整理手続きを進めることで、このリスクを一旦回避することができるということです。

債務整理をするとしても、一括請求や差し押さえなどの事態に発展してしまうと、選択できる手続きもどんどん狭まってしまいますので、そういった意味でも早めの検討が必要と言えるでしょう。

手続きがスムーズに進むよう支援してもらえる

実際に債務整理手続きを進める上でも、弁護士に支援してもらえば、スムーズな手続きが可能です。

先程も解説したとおり、自己破産や個人再生では、準備する書類などが地域の裁判所により、微妙に異なります。また、準備する書類や作成する書類も膨大ですから、全てを自分一人で管理するのはかなりの負担になります。

また、任意整理の場合は、債権者と交渉をしていく必要がありますが、債権者も借金問題についてはプロです。素人が交渉を持ちかけても、うまくいかず、悪い条件しか認められないといったことも考えられます。

弁護士であれば、借金問題についても法律についても詳しいですから、有利な条件で交渉をまとめてもらえる可能性は高くなりますし、裁判所への対応もしっかりと管理してもらえます。

自身で手続きするよりも、大きく負担を減らすことが可能ですので、心強い存在になってくれるでしょう。

周囲にバレにくくなるのもメリット

弁護士に依頼すると、手続きの多くを弁護士に代行してもらえるため、周囲にバレにくくなるのもメリットです。

債務整理手続きでは、書類の準備や債権者との交渉、裁判所とのやりとりなどが必要になります。すべてを自分でやろうとすると、仕事を休む必要があるなど、周囲にバレる可能性は高くなります。

また、裁判所から電話がかかってきたり、郵送物が自宅に届くことで、家族にバレる可能性もあるでしょう。

弁護士に依頼すれば、債権者との交渉や裁判所とのやり取りの多くは代行してもらえますし、裁判所や債権者からの連絡はすべて弁護士宛です。

また、家族に内緒の場合などは、極力知られることのないように配慮してもらえるケースが大半なので、周囲に知られず手続きを可能性が高いでしょう。

カードローン延滞時のリスクと防止方法

次に、カードローンを延滞した場合にあるリスクと、延滞をできる限りしないようにする方法について解説します。

カードローンを延滞するとさまざまなペナルティを受ける

カードローンの返済引き落としが残高不足になるということは、返済を延滞したということです。カードローンの返済を延滞すると、以下のようなペナルティを受けることになります。

  • カードローンが利用停止になる
  • ローン会社からの督促がある
  • 遅延損害金が請求される
  • 個人信用情報に事故情報が掲載される
  • 放置すれば代位弁済され、強制解約になる

カードローンが利用停止になる

返済を延滞した場合、まずカードローンが利用停止になります。利用停止にされるタイミングは、カードローン会社によって異なりますが、早ければ延滞した翌日から直ぐに利用が停止されます。

一度利用停止になると、延滞している返済金と延滞により発生した遅延損害金を支払うまで、カードローンの利用はできません。延滞している返済金や遅延損害金を支払えば、カードローン会社側で確認が行われ、数日中に再開されます。

ローン会社からの督促がある

カードローンを延滞すると、カードローン会社から入金意志の確認や、督促が始まります。ローン会社からの督促は、以下のような順番で厳しいものになっていきます。

  • メールや電話で連絡がある
  • 自宅に催促のハガキが届く
  • 自宅に督促状が届く
  • 一括返済が請求される

ローン会社からの督促を無視し続ければ、督促内容は徐々に厳しくなり、最終的には財産や給料の差し押さえなどに発展する可能性が高いため、早めに対応する必要があるでしょう。

メールや電話で連絡がある

延滞するとまずは、メールや電話で返済意思や返済予定日などについて、確認の連絡があります。延滞した途端、いきなり厳しい督促などになることはまずありません。

この時点できちんと対応し、返済するなり、今後の返済予定について相談していれば、トラブルを回避することができます。

この連絡を放置してしまうと、厳しい督促や差し押さえなどに発展してしまうため、例え返済目処が立たない場合であっても、連絡には必ず対応するようにしてください。

自宅に催促のハガキ、督促状が届く

電話連絡に対応しない、滞納が継続するなどの状況になると、ローン会社から催促ハガキや督促状が自宅に届きます。

これらの連絡には支払金額や支払期限が明記されており、支払期限を過ぎて支払えないと、以降に解説する一括返済請求や差し押さえなどに発展します。

そのため、返済の目処が経っていない場合は、この時点ですぐに借金問題解決に向けた対応策を検討する必要があると言えるでしょう。

一括請求や代位弁済、差し押さえなどに発展すると、対応策の選択肢はどんどん減っていきますので、すみやかに検討が必要です。

返済の目処が立たない場合は、まず弁護士に相談し、債務整理も含めた借金問題の解決策についてアドバイスを受けるようにしてください。

一括返済請求される

督促状に指定された支払期日までに返済が行われなかった場合、ローン会社から「期限の利益」の喪失通知とともに、一括返済請求を受けます。

「期限の利益」とは、簡単にいうと契約上の返済期限までの間、契約で定められた以上に返済を求められることはないという、債務者(お金を借りた側)の権利です。

返済を延滞した場合、契約の返済義務を果たしていないということになるので、債務者の権利である「期限の利益」は喪失し、契約上の期限である最終返済日を待たずして、全額の返済を求められます。

期限の利益のことを詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

この時点で、返済ができていないということは、一括返済を請求されても支払えない方がほとんどでしょうから、放置していれば、給与差し押さえなどに発展する可能性が高いと言えるでしょう。

遅延損害金が請求される

返済に遅れると、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、「延滞利息」や「遅延利息」とも呼ばれますが、利息とは異なり、契約の不履行に伴う損害賠償金です。

遅延損害金は、返済期日から1日でも遅れると遅延損害金が発生し、遅延している返済金・利息、発生した遅延損害金を支払うまで発生し続けます。

遅延損害金の利率は、ほとんどのローン会社で19~20%で設定されており、これは利息制限法の上限ギリギリの利率です。通常の借入利率が、5%~18%くらいが一般的ですから、遅延損害金はかなり高く設定されていると言えるでしょう。

ちなみに遅延損害金がいくらになるかは、以下の計算式で計算が可能です。

借入残高×遅延損害金利率÷365日×延滞日数

例えば、50万円の借金の返済を1ヶ月間延滞した場合は、次のような計算になります。

借入残高 50万円☓遅延損害金利率20.0%÷365日☓31日 = 約8,500円

遅延損害金は、利息とは別に発生し、延滞が解消するまでの間、毎日加算されていきます。延滞が長期化すればそれだけ返済負担は重くなりますから、速やかに延滞を解消する必要があるでしょう。

個人信用情報に事故情報が掲載される

返済を延滞すると、個人信用情報に延滞の事故情報が掲載されます。いわゆる「ブラックリスト入り」です。

個人信用情報は、個人の借入の申込・借入・返済に関する履歴が記録されており、ローン会社やクレジットカード会社などが審査の際に参照することが義務付けられています。

そのため、個人信用情報に事故情報が掲載されている場合、ローンやクレジットカードの審査に通ることは難しくなります。

事故情報は、一度掲載されると一定期間掲載され続けますので、掲載されている期間は例え延滞を解消したとしても、審査に通るのは難しいでしょう。

放置すれば代位弁済され、強制解約になる

一括返済に対応できない場合、ローン会社は裁判を起こし、法的手続きに移ります。

銀行系カードローンの場合、銀行が直接裁判、法的手続きを行うことは少なく、ローン会社本体とは別に保証会社がついていることが多く、延滞が長期化した場合は「代位弁済」となるケースが一般的です。

「代位弁済」とは、延滞が長期化した場合に債務者に代わって、保証会社がローン会社に対して一括返済を行うことを指します。代位弁済が行われると、借金の返済を請求する権利は保証会社に移行し、保証会社から一括返済→法的手続きが行われることになります。

いずれの場合であっても、裁判所で法的手続きが認められれば、借金の回収のために債務者の給料や財産を差し押さえます。

差し押さえでは、給与の手取り額の1/4、預貯金や財産は全額が対象です。

財産の差し押さえや債権回収会社については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

引き落としの残高不足による延滞を防止する対策方法

引き落としの残高不足によって、借金を延滞してしまうとさまざまなデメリットが出ることは、これまで解説した通りです。

「ついうっかり」でも、延滞は延滞ですから相応のデメリットを受けることになります。そういったことにならないよう、普段から延滞しないように、しっかりと対策しておくことが重要です。

この項では、残高不足にならないための対策をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

借金残高や返済金額、返済日などを把握し管理する

最も重要なのは、借金残高や返済金額、返済日をきっちりと把握しておくことです。

カードローンは、コンビニATMなどで簡単に借入ができ、返済も口座振替で行うことができます。そのため、これらの情報をしっかりと把握していない人が多くいます。

また、カードローンの返済額は借入残高に応じて返済額が変化する「残高スライド方式」を採用しているケースが多く、知らないうちに返済額が増えていて残高不足になってしまったということもおこります。

借金残高や返済金額の把握は、延滞を防止するだけでなく、完済までの返済計画を立てる上でも非常に重要ですので、定期的に確認する癖をつけましょう。

引き落とし日を給料日直後に設定する

引き落とし日を給料日直後に設定するのも効果的です。

給料日から返済日までの間に、急な出費やついつい使いすぎてしまうことはよくあります。結果的に、返済資金が足りなくなっていたという人も少なくありません。

給料日直後に返済日を設定しておくことで、返済金が足りないという自体を回避することができます。

ローン会社の返済日通知サービスなどを活用する

ローン会社では、返済日の数日前にメールやアプリのプッシュ通知などで知らせてくれるサービスが提供されています。

返済日が通知されたタイミングで、返済金額や口座残高を確認するようにすれば、ついうっかりを防止することができるでしょう。

カードローンの引き落としが残高不足になった場合、どうすればいいの?

カードローンの返済引き落としが残高不足となってしまいました。どうすればいいですか?

まずはカードローン会社に電話連絡しましょう。連絡の際には、返済意思があることと返済予定について、伝えるようにしましょう。また、延滞分の返済方法は、通常と異なる場合もあるので、カードローン会社に確認しておくようにしましょう。

すぐに延滞を解消できる見込がありません。どうすればいいですか?

信頼できる親族や友人がいるのであれば、支援してもらえないか相談してみるといいでしょう。どうしても資金が用意できないようであれば、債務整理を検討する必要があります。債務整理を開始すれば、一旦返済はストップするので、落ち着いて借金問題解決の検討をすることができます。

カードローンを延滞するとどんなリスクがありますか?

カードローンを延滞すると「カードローンの利用停止」「遅延損害金の発生」「個人信用情報への事故情報の掲載」などさまざまなリスクが発生します。遅延損害金は日割りで発生していくため、延滞期間が長引けば負担はどんどん大きくなります。カードローンの延滞は長期化すれば状況はどんどん悪化しますので、早めに延滞を解消するようにしてください。

まとめ

カードローンの引き落としが残高不足になり、延滞した場合は、まずカードローン会社に連絡した上で、速やかに延滞を解消する必要があります。

延滞を放置していると、遅延損害金が1日毎に積み重なり、個人信用情報への事故情報が掲載されるなど、今後の生活にも影響を及ぼすようなリスクがでてきます。

延滞が長期化すれば、最終的には差し押さえなどの事態に発展してしまう可能性もあるため、速やかに対処するようにしてください。

もし、返済自体が厳しく、完済の目処が立たないという状態であれば、債務整理を検討しましょう。債務整理を開始すれば、一旦返済がストップするため、猶予が生まれ、借金問題を根本的に解決するために落ち着いて検討することができます。

債務整理の検討は、弁護士に相談すれば、最適な借金解決方法についてアドバイスしてもらえます。一人で悩まず、まずは気軽に弁護士に相談してみましょう。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]