借金地獄に陥っているのはこんな人!今すぐ解放されるためにやるべきこと3つを解説

借金地獄に陥っているのはこんな人!今すぐ解放されるためにやるべきこと3つを解説

私、ギャンブルが好きで借金地獄に陥ってしまいました。返しても返しても減らない借金に嫌気が差して、どうにかして抜け出したいと思っているのですが、何をすれば良いのかわかりません。どうしたら良いでしょうか?

借金地獄から抜け出すためにはまず「自分を俯瞰すること」が大切です。現実を見つめて理解し改善する努力をすることで、借金地獄から解放されるでしょう。また、必要に応じて借金を根本的に解決する債務整理の検討も必要です。

借金してまでギャンブルをしてはいけない。というのはわかっているのですが、なかなかやめられません。きっと、債務整理をしてもまた同じことを繰り返してしまう気がしています。

借金問題とギャンブル依存症はまったく別の問題です。ギャンブルについては、行政や家族等にも協力してもらって改善していけば良いでしょう。借金問題については、すべてリセットして心機一転してみると良いでしょう。

一度借金地獄へ陥ってしまうと、理由はどうであれなかなか抜け出せないのが現実です。とくに、自分の欲求を満たすために借金を抱え、借金地獄へ陥ってしまった方は生活再建が容易ではありません。

そうは言っても現状のままでは借金地獄からいつまで経っても抜け出せません。「借金地獄から抜け出したい」少しでもこのような気持ちがあるのであれば、今すぐ行動しましょう。

中には「ギャンブルで一発逆転できないかな」とか、夢を見ている方もいるでしょう。ギャンブルでの一発逆転は、確率が低いうえにリスクが高すぎます。現実的に考えると有効な打開策とは言えません。

今回は「とにかく借金地獄から抜け出したい」そう考えている方に向けて、借金地獄から抜け出せない現実や抜け出すために「今すぐ」やるべきことについてお伝えします。

この記事でわかること
  • 「借金をあてにした生活」をしている人は、借金地獄から抜け出しにくい。とくに、自分の欲求を満たすために借金をしている人は要注意
  • 借金地獄から抜け出すためには、しっかり現実に向き合い改善する努力を怠らないことが大切。必要に応じて、行政や他人の力を借りることも検討したほうが良い
  • 借金問題を根本的に解決するために債務整理の検討も視野に入れたほうが良い
  • ギャンブルでの一発逆転は現実的ではない。債務整理や現実との向き合いで確実に借金を減らして逆転を狙っていくことが大切

借金地獄から抜け出せない人の特徴は?

借金地獄から抜け出せない方の多くは「借金をあてにした生活」をしているからです。はじめて借金をした理由は人それぞれですが、借金を返すために借金をしたり、何かをしたり得たりするために借金をする生活に慣れてしまったことがきっかけでしょう。

日本貸金業協会のデータによれば、借入申込をした際の資金使途の多くは「趣味/娯楽費用」です。

引用元:日本貸金業協会「暮らしのどのような場面で貸金業者が役に立っているの?」

本来、趣味や娯楽費用は給料等の報酬から余裕のある分で行うべきです。ところが、人との付き合いやどうしても欲しい物がある、ギャンブルがしたいなどの理由から借入をされる方が多いです。

自分の欲求を満たすために借入をしてしまうと、つい「借金をあてにした生活」をしてしまうようになります。その結果、借金の返済後にまた借金をして欲求を満たすという最悪のサイクルに陥り、最終的には借金地獄へ陥ってしまいます。

まずは、借金地獄から抜け出しにくい現実、なぜ抜け出せないのか?について詳しくお伝えします。自分ごととして捉えて、自分が何をすべきなのか?まで考えて行動できる状態になっていただければ幸いです。

ギャンブルをやめられない人は借金地獄から抜け出しにくい

日本貸金業協会のデータによれば、借入をした人の約41%は「趣味/娯楽費用」であることは先にお伝えしたとおりです。この趣味/娯楽費用には「ギャンブル」も含まれています。

本来、ギャンブルは余裕のあるお金の部分で適度に遊ぶのが正しい遊び方です。「言われなくてもわかっている」と思われた方も多いかもしれませんが、借金をしてまでギャンブルをしている時点でギャンブルの沼にどっぷりハマり、借金地獄に陥っています。

「自分の欲求を抑えられずに借金をしてまでギャンブルを繰り返す」「ダメとわかっているけどつい行ってしまう」借金地獄へ陥る人の典型です。

ギャンブル依存症は精神疾患(病気)なので、自分の力のみで改善することは難しいでしょう。必要に応じて、家族や行政の力を借りるなどして借金地獄から抜け出す努力をしてください。

生活費を得るために借金をしている人は要注意

生活費を得るために借金をしている方、借金を返すために借金をしたり、借金をすること前提で生活をしたりしている方は借金地獄に陥っていると言えるでしょう。

日本貸金業協会のデータを見ると「食費」や「家賃支払い」「衣料費」など、生活に必要な借金をしている方も目立ちます。生活資金は人々が生きていくうえで必要なものであるため、借金も致し方ないように思われます。

また、ギャンブルとは異なり中毒性がなく、病気でもないのが特徴です。生活費の足しに借金をされている方であれば、債務整理や家計の見直しですぐにでも借金地獄から抜け出せる可能性が高いです。

現状で借金前提の生活を送っているのであれば、債務整理も視野に入れた根本的解決を目指してください。

浪費癖も依存症の一種、借金地獄から抜け出せない理由になり得る

浪費癖も「買い物依存症」という精神疾患(病気)です。ギャンブルと同じで、自分の欲求を抑えられない方が借金地獄に陥りやすいでしょう。

ストレス発散のために買い物をされたり、物欲を満たすために借金をされたりしている方も多いですが、このままの状況が続けば借金は膨れ上がる一方です。自分が病気である自覚を持ち、物理的に買い物ができない状態にする、借金を整理してリスタートするなどの改善が今すぐ必要でしょう。

ただし、ギャンブルや浪費癖は自分の欲求を満たすために行う借金であったため、これを抑制するとストレスが溜まってしまうことが考えられます。心身や生活にも影響を及ぼす恐れがあるため、借金地獄から抜け出す覚悟ができたのであれば、他人の力借りることも検討してください。

ワンポイント解説
依存症は精神疾患であるため治療が必要

買い物依存症やギャンブル依存症は病気です。精神科で治療ができるので、本気で借金地獄から抜け出したいと思うのであれば相談してください。

借金地獄から解放されるために「今すぐ」できることは?

「借金地獄から今すぐに解放されたい」そう願うばかりでは、状況が改善されることはありません。自ら考えて行動することで状況は改善されていくでしょう。

ただ、借金地獄から抜け出すために何をしたら良いのかわからない方も多いでしょう。次に借金の状況別、今すぐやるべきことについて詳しくお伝えします。

現状の理解、生活の見直し、改善する努力

まずは借金をしている理由を自分で考え、見直してください。借金地獄に陥ってしまった理由はかならずあります。

たとえば「生活費が足りなくて借りたのがきっかけで、借りては返すの繰り返しになってしまった」とか「ギャンブルがやめられなくて…」や「ストレスが溜まると買い物をしたくなる。やめられない…」など、かならず借金に理由があるでしょう。

自分の状況を把握し、俯瞰できるようになればあとは行動するだけです。具体的にどのような行動を取れば借金地獄から解放されるのか?について見ていきましょう。

生活費の見直しは家計簿を付けることがおすすめ

「生活費が足りなくて借金を抱えている」「借金をあてにした生活をしている」「返済と借入を繰り返している」このようなことが原因で借金地獄に陥ってしまったのであれば、収支の見直しをしてください。

買い物のたびにレシートをかならずもらい、月に1度収支の計算をするだけでも良いです。収支の計算に慣れてきたら、細かく家計簿を付けることまでおすすめします。

収支を計算したり家計簿を付けたりするときにもっとも大切なのが「使途不明金を減らすこと」です。何に使ったか思い出せないお金を極力減らすだけでも、生活に余裕が生まれます。そして、余裕が出た分は借金の返済にあてたり貯蓄にまわしたりすれば良いでしょう。

まずは借金を中心にした生活から抜け出すことが大切です。毎日の買い物の中でレシートをもらう意識をするのは、今すぐからでも開始できます。買い物の証拠を残し、収支計算をして、借金地獄から抜け出してください。

ギャンブルがやめられないなら他人や行政の力を借りるべき

ギャンブルをするために借金をしている方のうち、自分がギャンブル依存症である自覚がある方は、行動さえすればすぐに借金地獄から解放されるでしょう。ギャンブルをやめられない人の特徴は何度か経験した「勝ち」が邪魔をしています。

一度知ってしまった良い経験は脳みそが快楽として認識してしまうため、自覚していてもなかなかやめられるものではありません。ギャンブル依存症は一種の精神疾患である自覚を持ち、他力に頼ることも検討してください。

ちなみに消費者庁では、ギャンブル依存症本人や家族など周囲の人からの相談を受け付けています。人へ相談し、他人の力を借りてギャンブルをやめる努力をしてみると良いでしょう。

恐らく、ギャンブルで借金を作ってしまった方のほとんどは、ギャンブルをやめることで借金の完済が容易になるはずです。もし、ギャンブルをやめたあとも返済が厳しいなら、今回をきっかけに債務整理をして、借金地獄から抜け出しても良いでしょう。

消費者庁「相談先一覧」

浪費癖が著しいなら物理的に借金をできない環境を作る

浪費癖が著しい方は「買い物依存症」という精神疾患である可能性が高いです。とくに、生活に支障をきたしたり借金をしてまで浪費を繰り返したりしてしまう方は、病気である可能性が高いでしょう。

自分が買い物依存症である自覚があって、借金地獄から抜け出したいのであれば、物理的に借金をできない環境を作ってください。たとえば、クレジットカードやカードローンを解約する、友人や家族からも借入ができないように前もって相談しておくなど。

ただし、依存症を克服しようと思って欲求を抑制してしまうと、ストレスが溜まって日常生活へ影響を与えることがあります。必要に応じて病院でカウンセリングを受けたり、他のストレス発散方法を見つけたりするなどしてください。

今まで浪費に使用していたお金のすべてもしくは一部を借金の返済にあてられれば、早期の完済も目指せるでしょう。まずは自分を見つめ直し、行動することが一番大切です。

複数社からの借入があるなら債務の一本化がおすすめ

複数社からの借入がある方は借金の一本化をすることで、借金地獄から抜け出せる可能性は上がります。

借金を抱えている人の約1/3以上の方が2社以上からの借入がある、いわゆる「多重債務者」です。また、下記のデータからもわかるように、2社以上からの借金がある人は、借金の残高が多い傾向にあります。

※2021年1月末時点データ
画像出典:JICC「各種統計データ」

多重債務者の方は一社から借金をしている人と比べて、圧倒的に返済しづらい状況にあります。その理由は下記のとおり。

  • 金利が高く、利息が高くなりがち
  • 返済先が複数あり、支出の管理が難しい

複数社から100万円以上の借入がある方は、債務の一本化で金利を大幅に軽減できる可能性があります。これは「利息制限法」という法律が関係していて、借金の金額に応じて上限金利を設けています。

借入の元本金額 年率
10万円未満 20%以下
10万円以上100万円未満 18%以下
100万円以上 15%以下

たとえば、2社から50万円ずつ借金をされている方はそれぞれの上限金利が18%になるため、支払う利息負担が大きくなります。これを一本化することで上限金利は15%へ引き下げられます。

さらに、債務の一本化によって、金利が優遇される金融機関も多くあります。実際には、13%程度まで引き下げられることもあるのでメリットは多いでしょう。

債務の一本化(おまとめローン)は、総量規制に関係なく借入ができるうえに返済専用の借金です。一度借入をして、債務を一本化したあとは返済を続けていくのみになるので、物理的に借金をできなくするためにも有効でしょう。

また、返済先が一社になることで返済計画を立てやすくなり、借金地獄から抜け出すためにはとても有効な手段です。借入審査が行われるため、信用情報に問題がある方は利用できない可能性が高いですが、利用できる方は検討されてみてはどうでしょうか。

借金地獄は債務整理で解決できる

「借金を返済する能力がない」「借金の一本化も難しい」「借金を根本的に解決して、今すぐに借金地獄から解放されたい」そう思われた方は、債務整理を検討してください。

債務整理は下記の3種類があり、借金状況や自分の生活状況に合わせて選択をしなければいけません。

  • 将来の利息をカットする任意整理
  • 借金を大幅にカットできる個人再生
  • 借金を0にして今すぐに借金地獄から抜け出せる自己破産

まずは、それぞれ債務整理の概要についてお伝えします。

自己破産をすれば借金がすべて0になり、リスタートできる

現時点で生活を圧迫するほど借金額が膨れ上がっている方、借金の返済見通しが立たない方、とにかく借金地獄から抜け出したい方は自己破産を検討してください。

自己破産をした場合、99万円以下の現金などの一部の財産を除いて、所有する財産を原則としてすべて処分されます。結果的に家や車、一定額以上の現金等を失うことにより、自分のみならず家族へ影響を与えることもあるでしょう。また、自己破産の手続き中は就けない職業(資格制限)があるなどデメリットがあります。

一方で、借金を0にできて借金地獄からすぐにでも抜け出せる自己破産は、債務整理の中で経済的メリットが一番大きいです。自己破産のデメリットを把握したうえでもなお、借金を0にしたいと思うのであれば、まずは弁護士へ相談されてみてはどうでしょうか。

>>当サイトおすすめ弁護士への相談はこちら【初回相談無料】

ギャンブルで作った借金も自己破産が可能

ギャンブルや浪費で作ってしまった借金も自己破産ができます。

「パチンコや公営ギャンブル等あらゆるギャンブルで作った借金は、自己破産ができない」そう思っている方も多いですが、この場合も「裁量免責」という制度により、免責が認められる可能性があります。

本来、ギャンブルや浪費で借金を作った場合は、免責不許可事由に該当するため、原則として免責が認められません。しかし、債務者(借金を抱えている人)の状況や反省度、今後の生活などを聴取して裁判所の判断で免責を認めることがあります。

これを「裁量免責」といいます。

「ギャンブルや浪費で作ってしまった借金だけど、借金地獄から抜け出したい」そう思われた方はまず、弁護士へ相談してください。

守りたい資産があるなら個人再生や任意整理で借金を大幅に減額

「家や車、現金等の守りたい資産・財産があるけど、借金地獄から解放されたい」方は、任意整理や個人再生を検討してください。

任意整理は債権者(お金を貸した側)との交渉で、将来の利息をカットしてもらう手続きです。残った元金を3~5年程度かけて完済を目指します。あくまでも債権者との交渉なので、話がまとまらない恐れもあるので注意してください。

なお、任意整理では元本のカットは認められにくいので、他の債務整理に比べて経済的メリットは少ないです。しかし、自分の資産等を処分する必要がないので、守りたいモノがある方からすればメリットの多い手続きと言えるでしょう。

個人再生は、借金を最大1/10まで大幅に減額できます。自己破産と比べると経済的メリットは少ないですが、住宅を残しておけるのが最大のメリットです。

債務整理にはいくつかの種類があり、結局どの手続きであれば借金地獄から抜け出せるの?と思われた方、まずは弁護士へ相談するか、減額チェッカーにて最適な手続きを発見してください。

借金地獄からの一発逆転は可能?

借金地獄から抜け出すために債務整理をしたり自分の現実を見つめて改善したりすれば、逆転の可能性は十分にあります。ただし、借金地獄から解放されるために「ギャンブルに賭けること」は絶対に避けてください。

わずかな可能性に多額の資金を賭けて、イチかバチかで一発逆転を狙うよりも、確実性重視で一発逆転を狙ったほうが良いでしょう。借金地獄から解放されるために「リスク」を背負うことは決しておすすめできません。

最後に一発逆転できる可能性のある手段についていくつかお伝えします。借金問題に本気で向き合いたい方は、参考にしてください。

一度借金を整理すれば、逆転も夢ではない

債務整理をしてすべての借金を整理すれば、借金地獄からの逆転も現実味を帯びてくるでしょう。

「借金地獄に陥っている」と自覚している方のほとんどは、先の返済見通しが立っておらず借金返済に嫌気が差しているでしょう。毎月毎月多額の返済を繰り返して、あと何年返済すれば良いのかわからない、欲求を満たすために借金をして同じことの繰り返し、自己嫌悪。など、現実から目を背けたくなるような事実ばかりです。

しかし、借金にしっかりと向き合い、今すぐ債務整理を検討すれば明るい未来が待っているでしょう。借金問題を根本から解決すれば、返済見通しが立つため生活にゆとりが生まれたり精神的に楽になったりなど、良いことばかりです。

自己破産をしないかぎりは、すぐに借金地獄からの解放、逆転は望めないかもしれません。しかし、数年かけて借金を確実に減らして逆転していくことは可能でしょう。まずは、行動することが大切です。このまま債務整理を相談されてみてはどうでしょうか。

>>当サイトおすすめ弁護士への相談はこちら【初回相談無料】

現実を見つめ、今やるべきことをしっかりやれば借金地獄から解放される

「借金地獄から抜け出したい」とか「一発逆転できないかなー」とか夢見ているだけでは、いつまで経っても状況は改善されません。

まずは現実から目を背けないこと、そして自分が今やるべきことを理解し行動すること。行動さえしてしまえば状況は改善され、かならず借金地獄から解放されたり逆転できたりするでしょう。

何から始めれば良いのかわからないのであれば、まずは弁護士へ相談されることをおすすめします。債務整理をするしない関係なしに、借金問題を解決したい旨、どうしたら良いかわからない旨を相談してみると良いでしょう。

もちろん、弁護士へ相談しなくても自分で生活を見直して改善できるのであれば、自分で解決しても良いです。自分での解決も含めとにかく行動することが何よりも大切です。

ギャンブル等での一発逆転は現実的ではない

ギャンブルでの一発逆転はリスクが高すぎるためおすすめしません。本来、ギャンブルは自分で稼いだお金のうち、余裕資金の分で行うべき「娯楽」です。一発逆転を目的にギャンブルを始めてしまうと、熱が入ってしまうためさらに深い借金地獄へ陥ってしまう恐れがあります。

ちょっとした余裕の中で宝くじ等を購入して「当たれば一発逆転だなー」程度に思うのは良いですが、本気になるようなギャンブルはおすすめできません。

借金地獄から抜け出すためには「夢」を見るのではなく「現実」を見ることが何よりも大切です。ギャンブルではなく、確実性重視で一発逆転を狙いましょう。

まとめ

今回は、借金地獄から抜け出したい方に向けて、借金地獄の現実や抜け出し方についてお伝えしました。

多くの人がはじめて借金をする理由は「趣味や娯楽費用」など、自分の欲求を満たすための物が多いです。自分の欲求を抑えられることが難しい方は、一度借金をしてしまうと借金地獄へ陥りやすいです。

今回「借金地獄から抜け出したい」と思えたのであれば、良いきっかけになるでしょう。まずは現実を受け入れ、改善する努力をすること。そのうえで、必要に応じて債務整理を検討することが大切です。今回をきっかけに借金地獄から抜け出してみてはどうでしょうか。

阿部 由羅
監修者

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]