任意整理すると携帯(スマホ)の分割購入ができない?負担の少ない購入方法や工夫と合わせて解説

任意整理すると携帯(スマホ)の分割購入ができない?負担の少ない購入方法や工夫と合わせて解説

任意整理を検討していますが、任意整理すると携帯(スマホ)の分割購入はできなくなるんでしょうか?

携帯の分割購入も、ローンやクレジットカードの作成と同様に、支払い能力について個人信用情報を参照する審査があります。任意整理をした場合、事故情報が掲載されるため、携帯の分割払いもできない可能性が高いです。

そうなんですね。でも突然壊れてしまったりしたら困りますね。なにかいい方法はありますか?

一括払いであれば、審査はありませんから問題なく購入できます。また、家族で携帯電話の契約をしている人がいるなら、家族に頼んで子回線を契約してもらう方法もあります。

任意整理をする際に、携帯の分割購入ができなくなるのではと不安に思う人も少なくありません。

今や、携帯・スマホは生活になくてはならないものになっており、携帯やスマホが無いと仕事に支障をきたしたり、緊急時の情報収集ができなくなるなど、生活に大きく影響が出てきてしまいます。

実際に、任意整理によって、携帯の分割購入はできなくなるのでしょうか?結論からいうと、任意整理から一定期間は分割購入をすることはできなくなります。

携帯の分割購入も、新規のローンやクレジットカードの作成と同じく、利用の際には審査があります。任意整理により、個人信用情報に事故情報が掲載された状態では、審査にはまず通らなくなってしまうからです。

とはいえ、携帯・スマホは生活に不可欠なものです。そこで、今回は任意整理するとなぜ携帯・スマホの分割購入ができなくなるのか?それでも携帯・スマホを購入したい場合の対処方法などについて、詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 任意整理をすると、携帯・スマホの分割購入は、一定期間できなくなる
  • 携帯・スマホの分割購入でも、他のローンやクレジットカードの作成同様に審査がある。任意整理により、個人信用情報に事故情報が掲載されると審査には通らない
  • 事故情報掲載期間に端末でも「端末の一括購入」「家族名義での契約」であれば、購入が可能
  • 現在分割払いしている携帯・スマホは、携帯電話会社を任意整理の対象から外すことで、引き続き利用することができる
  • 通信料を延滞している場合は、任意整理に関わらず強制解約される可能性がある

任意整理後はスマホ・携帯の分割購入はできない

結論から言うと、任意整理後はスマホ・携帯の分割購入は、一定期間の間できなくなります。

スマホや携帯の分割購入は、「個別信用購入あっせん契約」という信用取引です。つまり、ローンやクレジットなどと同様に将来の支払を約束することで、取引が成立しています。

そのため、携帯電話の分割購入時には、ローンやクレジット同様に審査が行われ、任意整理をした場合は審査通過が難しい状態になってしまいます。

個人信用情報に事故情報が掲載されると分割購入の審査に通らない

任意整理をすると審査に通らなくなるのは、個人信用情報に事故情報が掲載されることが大きな理由です。

個人信用情報とは、クレジットやローンの契約・返済・申込等の情報を個人別に記録した情報のことで、個人信用情報機関で管理されています。この情報はクレジットやローンの審査時に、貸付を行う業者が参照することを義務付けられています。

携帯電話会社も、分割購入時には「割賦販売法」という法律に基づいて、個人信用情報を参照して、支払い能力を確認します。

この個人信用情報に事故情報が掲載されている場合、過去に何らかの金融事故を起こしていることは明白ですので、審査には通らず、分割購入はできません。

ただし、事故情報は、永久に掲載されるわけではなく、一定期間が経過すると抹消されます。任意整理の場合は、掲載期間は5年間ですので、5年が経過すれば、分割購入の審査に通る可能性があります。

分割購入ができない場合の対処方法2つ

今では、スマホ・携帯は生活になくてはならないものになっています。故障などでスマホ・携帯が使えなくなってしまい、どうしても購入したいというケースもでてくるでしょう。

先程ご説明した通り、事故情報掲載期間は、分割での購入はできませんが、以下のような方法なら、端末購入は可能なので、検討してみてください。

  • 端末は一括払いで購入する
  • 家族名義で契約する

①端末は一括購入する

任意整理により、端末の分割購入はできなくなりますが、端末は一括払いなら、問題なく購入が可能です。

一括払いでの購入であれば、信用取引ではないため、信用情報を参照するといった審査は必要ないからです。

格安携帯会社や中古端末なら安く購入できる

一括購入をする場合は、格安携帯会社や中古端末などを検討してみましょう。

最近では、スマホの高機能化が進んでおり、大手キャリアの扱う端末では、10万円を超えるものもあり、一括で購入するには負担が大きくなっています。

格安携帯会社や中古端末であれば、1~2万円で購入できるものもあるので、負担は小さくなるでしょう。

なお、中古端末を購入する場合は、大手キャリアや、格安携帯会社で回線の契約が必要となります。端末を購入しただけでは、モバイル回線や通話回線の利用はできませんので、注意してください。

②家族名義で契約する

家族が携帯電話を契約しているなら、家族名義の携帯の子回線として購入してもらうのもいいでしょう。

任意整理で、事故情報が掲載されるのは、あくまで手続きした本人のみです。家族などは、これまで通り、審査に通過できます。

過去に延滞や債務整理がない家族であれば、問題なく購入できるでしょう。

現在分割払いしている携帯(スマホ)は任意整理後すると没収される?

任意整理する際には、任意整理後も携帯電話は使い続けられるのかどうかも、気になるところです。

携帯電話会社を任意整理の対象から外せば問題なし

携帯電話会社を任意整理の対象から外せば、問題なく利用しつづけることができます。

任意整理は、債権者と個別に交渉をし、将来の利息減免や支払期間の延長を交渉する手続きです。交渉する債権者は、手続きする対象を自ら選択できるので、携帯電話会社を対象としないことで、これまで通り利用することが可能です。

債権者を自身の状況に合わせて選択できる、任意整理の大きなメリットと言えるでしょう。

通信料を滞納している場合は強制解約の可能性あり

ただし、通信料や携帯の分割料金を滞納している場合は強制解約される可能性があります。

通常、携帯電話料金を滞納すると、およそ1ヶ月ほどで利用停止措置が取られ、携帯は利用できなくなり、滞納をそのまま放置すれば、2~3ヶ月後には強制解約とされます。これは任意整理の対象から外したとしても、同様です。

そのため、延滞を解消しない限りは、任意整理の有無に関わらず、強制解約され、スマホ・携帯電話での電話やキャリアメール、SMS、インターネット接続は利用できなくなります。

端末の分割払いが終了しているなど端末が手元にある状態であれば、Wi-Fiへの接続などにより、ネットの閲覧やSNSの利用などは可能です。

継続的に利用したい場合は、早急に滞納を解消するようにしてください。大手3キャリアの支払い方法については、それぞれ以下の公式ページにて案内されていますので、参考までに掲載しておきます。

通信料の滞納を防ぐため支払はクレジットカードから変更しておく

任意整理した場合、個人信用情報に事故情報が掲載されるため、以後、クレジットカードの利用はできなくなります。

携帯料金の支払いをクレジットカード払いにしていると、支払いができなくなり滞納してしまう可能性もあります。

任意整理手続前に、コンビニ払いや払込票での支払いなど、クレジットカード払い以外に忘れず変更しておくようにしましょう。

任意整理すると、携帯(スマホ)の分割払いはできなくなる?

任意整理後に携帯・スマホの分割購入は可能ですか?

携帯・スマホの分割購入は、他のローンと同様審査があります。任意整理により、個人信用情報に事故情報が掲載されるため、一定期間は審査に通らず、分割購入はできない可能性が高くなります。

任意整理後でも、携帯・スマホを購入する方法はありますか?

端末の一括払いでの購入や家族名義の回線の子回線としての購入であれば、任意整理の事実に関係なく購入可能です。中古端末や格安携帯会社の端末であれば、安価なものもあるので検討してみましょう。

任意整理をすると、現在分割払いをしている携帯電話は使い続けられますか?

任意整理は、対象とする債権者を選択できます。携帯電話会社を対象から外せば、これまで通り利用しつづけることができます。ただし、通信料を延滞している場合は任意整理に関係なく、利用停止・強制解約措置が取られるため、速やかに延滞を解消してください。

まとめ

任意整理すると、個人信用情報に事故情報が掲載されるため、他のローンやクレジットカードと同様に、審査のある携帯・スマホの分割購入はできません。

任意整理により、携帯・スマホの分割購入ができないなど、気軽に購入することはできなくなってしまいますが、一括購入など、購入する方法はあります。

携帯電話のことを気にするあまり、借金問題の解決が遅れれば、状況はどんどん悪化します。携帯料金を延滞することになれば、結局携帯は利用できなくなるだけでなく、更にデメリットの大きい個人再生や自己破産といった、債務整理方法を選択せざるを得なくなります。

そうなる前に、携帯・スマホを利用できる状態を保ちながら、任意整理を進めていくことが重要です。弁護士に相談すれば、現在の状況に合わせた最適な方法をアドバイスしてくれます。

まずは、無料相談などで気軽に相談してみることから始めてみましょう。

任意整理の関連記事