任意整理中はろうきんからの借り入れも厳しい!どうしてもお金が必要なら安全な方法で資金を工面しよう

現在、任意整理中なのですが、ろうきんからの借り入れはできるのでしょうか?

任意整理中の借り入れは原則としてできないですし、仮にできても、ろうきんか否かに関わらず避けるべきです。最悪の場合、現在行っている交渉が決裂する恐れがあるので注意してください。

ろうきんは助け合いの制度であり、非営利の金融機関だから任意整理中でも借りられるかもしれないと思っていたのですが…。では、他に借りられる方法はあるのでしょうか?

確かにろうきんは「働く人のためにある金融機関」として組合員等が出資し、組合員等がろうきんのサービスを利用できます。しかし、金融機関であることに変わりはないため、任意整理中の方が融資を受けるのは難しいです。

どうしても任意整理中にお金が必要なのであれば、ろうきんからの借入以外に安全な方法を検討してください。たとえば、契約者貸付制度や、生活福祉資金貸付制度の利用がおすすめです。ろうきんからの借り入れが難しくても、上記の方法であれば借り入れできる可能性があります。

ろうきんは「非営利の金融機関」「助け合いの制度」であることから、任意整理中でも本当に困っていれば借り入れができるのではないか?と、思われている方も多いでしょう。しかし、任意整理中にろうきんから借り入れするのは難しく、他の金融機関からの借り入れも難しいです。

また、ろうきんには今抱えている借金を借り換えできるフリーローンや、借り換え専用ローン(一部のろうきん)サービスがあります。ところが、任意整理中になってしまうと借り換えの利用も難しくなるため、慎重な判断が必要です。

任意整理中にどうしてもお金が必要になってしまったときは、契約者貸付制度の利用を検討するか、質屋への質入れを検討してください。この記事では「任意整理中でもろうきんからの借り入れならできる?」と、疑問を抱えている方に向けて、任意整理中はいずれの借り入れも難しい理由やリスク、安全な資金の工面方法についてお伝えしています。

この記事でわかること
  • 任意整理中にろうきんからの借り入れは難しい。任意整理和解後であれば、まれに借り入れ審査に通ることがある
  • 任意整理中にお金が必要になったときは、契約者貸付制度や質屋への質入れを検討したほうが良い。ろうきんからの借り入れは難しいうえにさまざまなリスクが伴う
  • 任意整理和解後の返済が厳しいなら、ろうきんから新たな借り入れをしたところで返済に息詰まる可能性大。根本的な解決策として、自己破産や個人再生の検討が必要

任意整理中でもろうきんからの借り入れならできる?

任意整理中はろうきんからの借り入れも難しいでしょう。ろうきんは「非営利の金融機関」「助け合いの制度」であるため、任意整理中でも経済的に助けてもらえるのではないか?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ろうきんも「金融機関」であることに変わりはないため、融資を行う際にはかならず信用情報の照会を行います。もしも信用情報に問題があれば、貸し倒れリスク貸したお金が返ってこないリスクを言います。信用情報に問題のある方は、お金を貸しても滞納されるのではないか。返済に困ったら債務整理等をされてしまうのではないか。など、さまざまなことを懸念されて、融資を断られる可能性が高いです。を懸念して融資を断られるケースがほとんどです。

まずは、ろうきんと任意整理の関係についてお伝えします。

任意整理中はろうきんからの借り入れも難しい

任意整理中もろうきんからの借り入れは難しいです。なぜなら、信用情報機関信用情報機関とは個人の信用情報(借金の有無や返済状況、支払い遅延等の履歴、債務整理をした履歴)の登録や管理、提供を行う機関です。信用情報機関にはCIC・JICC・KSCの3社ありますが、ろうきんはいずれの信用情報機関へも加入しています。への照会を行うためです。信用情報機関にマイナスな情報がある個人に対して融資を行うことはほぼ100%ありません。

これはろうきんも例外ではなく、任意整理中の情報があるときはほぼ100%融資を断られます。

万が一、借り入れ審査に通ったとしても、任意整理中にろうきんからお金を借りるのはやめておいたほうが良いでしょう。任意整理中のろうきんからの借り入れは下記のようなデメリットを被る恐れがあるためです。

  • 任意整理を依頼した弁護士に辞任される恐れがある
  • 和解交渉中である債権者の心証が悪くなり、交渉が決裂する恐れがある
  • 返済能力がないときに借り入れをすれば、詐欺罪が成立する恐れがある

今ある借金の返済に困っているから任意整理を依頼し、債権者(お金を貸した側)と交渉をしているはずです。そのさなかで「新たな借り入れをして借金を増やす行為」が良いとは言えません。ろうきんか否かは関係なしに、任意整理中の借り入れには十分気をつけましょう。

ろうきんは任意整理の和解後ならまれに審査通過することがある

任意整理中にするろうきんからの借り入れは、さまざまなリスクが伴うことは前述のとおりです。しかし、任意整理の和解後であれば、ろうきんから新たな借り入れをしても良いです。

本来、信用情報に「任意整理をした事実」が掲載されていると、ろうきんからの借り入れ審査にもほぼ100%通りません。しかし、あなたの属性属性とは申込者の年齢や勤め先、雇用形態、年収等のことを言います。属性が一般以上であれば、借り入れ審査に若干通りやすくなるでしょう。次第では、ごくまれに審査に通ることもあります。

ワンポイント解説
和解後は借り入れできるの可能性がわずかながらある

任意整理の和解後は信用情報に「任意整理をした事実」が残ってしまうため、どこの金融機関でもお金を貸しません。しかし「任意整理をした人にお金を貸してはいけない」といった法律は存在しないため、金融機関や申込者の属性(収入や職業など)次第では借り入れ審査に通ることがあります。

債務者にメリットの多い「借り換え」も任意整理中は難しい

ろうきんが提供するサービスには「フリーローン借換プラン」や借り換えにも利用できる「フリーローン」があります。いずれのサービスもいわゆるおまとめローンのようなもので、場合によっては債務者(お金を借りている側)に大きなメリットを与える可能性があります。

とくに、複数社からの借り入れをしている人は、借り入れ先をろうきん1社にまとめることで月々の返済額や総返済金額の軽減が見込めます。とてもメリットの多いサービスですが、任意整理を依頼してしまった後では借り換えを利用することもできません。

弁護士へ任意整理を依頼して、債権者(お金を貸した側)へ「受任通知」受任通知とは、債務者(お金を借りた側)から任意整理の交渉に関する手続きを受任したことを伝える書類です。この書類が債権者に届いた時点で、借金の返済義務や取り立て等が一時的に止まります。が送付されると、債務者の信用情報にキズが付いてしまうからです。

借り換えを検討するなら任意整理「前」に比較検討を

ろうきんは一般的な金融機関等よりも金利が低く、任意整理をするよりも借り換えをしたほうがお得になるケースも多くあります。とくに、下記に該当するケースでは、任意整理をする前に借り換えと任意整理のどちらがお得になるのか考えたほうが良いでしょう。

  • 複数社からの借り入れをしている
  • 高金利(15%以上)で借り入れをしている

とくに、年率15%以上で複数社から借り入れをしている人は、借り換えをすることで借金の減額を見込める可能性が高いです。結果的に任意整理のほうがお得になるとしても、借り換えで返済負担が軽減され、支払いを続けていけるのであれば検討する余地はあるでしょう。

ワンポイント解説
借り換えであれば任意整理のデメリットを受けることはない

任意整理をすれば、あなたの信用情報に「任意整理をした事実」が掲載されます。この情報があるときは、ローン契約やクレジットカードなどを持つことが難しくなります。しかし借り換えであれば、信用情報等にキズが残ることはありません。早々に住宅ローンを検討されている方や、クレジットカードを持ち続けたい方なども検討されてみてはどうでしょうか。

どうしてもお金が必要な場合の安全な資金工面方法

任意整理中にどうしてもお金が必要で、ろうきんからの借り入れも難しいときは下記の資金工面方法を検討してください。

  • 契約者貸付制度
  • 生活福祉資金貸付制度

任意整理中でも安全にお金を借りられる方法はあります。任意整理中の借り入れはろうきんでも危険であることは前述のとおりです。これからお伝えする安全な資金工面方法をもとに、任意整理中の借り入れ先を検討してください。

任意整理手続き中なら契約者貸付制度の利用を検討

任意整理中の方で、貯蓄型生命保険等に加入されている方は「契約者貸付制度」の利用を検討してください。この制度は、生命保険等に加入されている方を対象に解約返戻金の70%から90%までを貸し付ける制度です。

解約返戻金とは

解約返戻金とは、あなたが保険契約を解約したときに受け取ることができるお金です。貯蓄型の生命保険等であれば、払込満了を境に解約返戻金が100%を超えるように設定されていることがほとんどです。払込満了前でも、今まで積み立ててきたお金があれば、解約返戻金を原資として貸付けが行われる契約者貸付制度の利用は可能です。

ただし「低解約返戻金型保険」に加入されている方は、払込が満了するまでの期間は解約返戻金が低いです。そのため、多額の資金が必要になったときに借りられない可能性もあるので、まずはご自身が加入している保険の契約内容をご確認ください。

契約者貸付制度は借り入れ時の審査(信用情報への照会)が行われないため、任意整理中や任意整理後で信用情報に問題がある方でもお金を借りられるのが特徴です。万が一、返済ができなくなってしまっても、被害は保険契約の解約にとどまり、過度な取り立てをされる心配もありません。

また「契約者貸付制度によって借り入れしたお金の返済が厳しい、でも保険契約は継続したい」といった状況のときは、保険契約の一部解約を検討されると良いでしょう。

一部解約とは

保険契約の一部解約とは、保険契約の一部を解約して、その部分に対応する解約返戻金を受け取ることをいいます。一部解約をすることで被保険者に万が一のことが起きたときに、遺族が受け取れる保険金が減ってしまいます。しかし、解約返戻金によって借り入れ金の一部が返済できるため、保険契約を継続させたまま完済を目指せます。さらに、その後の月々の保険料も、結果的に安くなります。

解約返戻金を借り入れ金の返済に充当すれば、保険料が安くなるうえに返済も免れる可能性があります。返済が厳しいときは、保険契約の減額や一部解約を検討すると良いでしょう。

任意整理和解後なら生活福祉資金貸付制度が利用できる

生活福祉資金貸付制度は、行政による貸付制度です。任意整理をされた方など信用情報に問題がある方でも利用できますが「任意整理中」の方は利用ができません。この制度は、任意整理の和解成立後にはじめて利用ができます。

生活福祉資金貸付制度は、使途ごとに利用上限額等を定めています。たとえば、生活を再建させるために一時的にお金が必要な方は最大で60万円まで、年率1.5%(保証人がいれば無利子)で借り入れができるでしょう。

「任意整理後にお金を借りたいけど、ろうきんからの借り入れも厳しい」という方は、生活福祉資金貸付制度の利用を検討してください。

生活福祉資金貸付制度の相談先一覧はこちら

参考:生活福祉金貸付制度「生活福祉資金のご案内(P9)」
参考:厚生労働省「契約者貸付制度」

任意整理和解後の返済も厳しい…そんな場合は弁護士に相談を

「任意整理和解後の返済も厳しい」そう感じたときは、ろうきん等からの新たな借り入れは避け、弁護士へ相談されることをおすすめします。

現状で返済が厳しいのに新たな借金を増やしてしまえば、状況が改善されるどことか今以上に悪化する可能性が非常に高いです。弁護士へ相談すれば、再和解も含めた新たな解決策を提案してくれるでしょう。

新しい借り入れで返そうとするのは絶対にNG

借金の返済が厳しくなったときに新たに借り入れをして借金を返してしまうと、返済負担額を増やすことになります。現状でも返済が厳しいのに、新たな借金を抱えて返済負担額を増やせば、近い将来にかならず破産するでしょう。

また、任意整理中に新たな借り入れをして他の借金を返そうとすると、多くのデメリットを被ることになるので絶対にやめてください。万が一、任意整理中の借り入れがバレてしまうと、弁護士の辞任や債権者との交渉決裂等のリスクが発生するでしょう。

自己破産や個人再生で生活再建を図るのがベター

任意整理和解後もしくは任意整理中に「借金の返済が厳しい」と感じたのであれば、任意整理ではなく自己破産や個人再生に切り替えたほうが良いです。万が一、和解成立後に支払いが滞ると、残債の一括返済を求められます。

一括での返済が難しければ、財産の差し押さえ手続き等にも踏み込まれる可能性があります。その結果、最終的には自己破産や個人再生をすることになるでしょう。

いずれ自己破産もしくは個人再生をする結果が見えているにも関わらず、任意整理にこだわる必要はありません。任意整理中や和解成立後でも他の債務整理に切り替えられます。

まずは弁護士へ相談し、状況に合わせて対応を検討をしましょう。

まとめ

今回は、任意整理中にろうきんからの借り入れはできるのか?についてお伝えしました。任意整理中は、ろうきんに関わらずすべての金融機関からの借り入れが難しい。仮に借り入れ審査に通っても、さまざまなリスクが伴うため絶対に避けたほうが良いとのことでした。

任意整理以外の債務負担の軽減方法として、ろうきんの借り換えを利用する方法も有効です。ろうきんの借り換えはメリットが大きく、任意整理以上の効果をもたらす可能性もあります。任意整理中は借り入れが難しくなるため、任意整理をする前に借り換えのほうがお得になるのか否かを検討されたほうが良いでしょう。

なお、ろうきんは「非営利の金融機関」「助け合い制度」であることも相まって、任意整理和解後であれば借り入れ審査に通ることがあります。

とにかくお金が必要なのであれば、任意整理和解後にろうきんからの借り入れを申込むか、その他安全な資金調達方法を模索しましょう。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

任意整理の関連記事