住宅ローン返済中でも任意整理できる!任意整理以外の借金問題解決法も紹介します

個人再生や自己破産でも住宅に住み続けられる可能性はある!弁護士に相談して状況に合ったアドバイスをもらおう

借金の返済が厳しくなってきたので債務整理を考えています。住宅ローンを返済中でも任意整理ならできると聞いたのですが本当ですか?

確かに、任意整理なら住宅ローンに影響なく手続きが可能です。ただし、借金総額を大幅に減らすことはできないので場合によっては他の手続きを検討したほうがよいかもしれません。住宅ローンは滞納していますか?

そうなんですね。住宅ローンはなんとか滞納せずにやりくりしていますが、そろそろ厳しいかもしれません。

住宅ローンを滞納すると、差押えに発展する可能性があります。その前に法律事務所へ相談にいらしてください。住宅ローン返済中でも可能な借金の解決方法を一緒に考えましょう。

現在借金を抱えている人のなかには、以下のような悩みを持つ人がいるのではないでしょうか。

  • 住宅ローンと借金の二重返済が苦しい
  • 住宅ローンはそのままで、借金だけ減らしたい
  • 任意整理なら住宅ローン返済中でも債務整理できるって本当?

とくに住宅ローンと借金を二重で抱えていると、月々の返済負担はとても大きなものとなりますよね。

任意整理なら住宅ローン返済中でも住宅ローンに影響なく手続きが進められます。家族に知られずに手続きすることも可能です。

この記事では住宅ローン返済中でも任意整理ができる根拠を解説し、任意整理以外でも住宅ローンを返済しながら借金問題を解決できる方法をお伝えします。

また借金問題は、お金の問題に詳しい弁護士へ相談することが早期解決につながるケースが多くあります。

無料相談を実施している法律事務所も多くあるので、借金問題で悩んでいることがあるのなら、一度無料で相談してみてはいかがでしょうか。

この記事でわかること
  • 任意整理なら住宅ローンに影響なく手続きを進められる。
  • 個人再生でも住宅ローン返済中に債務整理ができる。
  • リースバック後の自己破産なら住宅に住み続けられる。

住宅ローン返済中でも任意整理は可能

住宅ローン返済中でも、任意整理なら住宅を差押えられずに債務整理ができます。

なぜなら、任意整理では手続きする債権を選べるからです。つまり、住宅ローン以外の借金だけを任意整理できるので、住宅ローンへの影響はありません。

しかし、任意整理は他の手続きに比べると、借金の減額幅は小さいです。そのため、月々の返済額が減額されても返済が難しいと、任意整理をしても最終的に住宅を差押えられてしまう恐れがあります。

任意整理後の返済計画をよくシミュレーションし、返済が続けられるか検討しましょう。

以下の「借金減額チェッカー」では、あなたが抱えている借金が任意整理でどのくらい減るのか無料で確認できます。ぜひ利用してみてください。

任意整理では住宅ローン以外の借金だけを選んで手続きできる

前述したように、任意整理は手続きする借金を選ぶことが可能です。

そのため、住宅ローン以外の借金を選んで任意整理をすれば、住宅ローンには影響なく任意整理が進められます。

また、任意整理は他の手続きとは違い家族の給料明細などを提出する必要もないので、周りに知られず手続きを進めやすいメリットもあります。

住宅ローン自体は任意整理できない

なかには「月々の住宅ローン返済額が負担になっているので、住宅ローン自体を任意整理したい」という人もいるでしょう。

しかし、住宅ローン自体を任意整理することはできません。

なぜなら、住宅にはローンを返済するまで、借入先の金融機関によって抵当権が設定されているからです。

買主が返済不能に陥ると、借入先の金融機関は抵当権を行使できます。

つまり、買主が住宅ローンを返せないとわかると、金融機関は強制的に住宅を売却する権利を持っているのです。

住宅ローン自体の任意整理をしようとすると、金融機関は抵当権により住宅を差押えて競売したほうがよいと判断します。

そのため、住宅ローン自体の任意整理はできないのです。

任意整理中に借金を滞納すると残債の一括請求を受けるので注意

任意整理では、将来分の利息や遅延損害金をカットした元金のみの返済を3~5年かけておこないます。

そして、返済中に借金を滞納すると残債の一括請求を受けるのが一般的です。

債権者が再度の分割交渉に応じてくれる可能性は低く、一括返済ができない場合は自己破産に移行するケースが多くみられます。

その場合、ローンの返済が終わっていない住宅は差押えられてしまうので、任意整理をするときは返済が続けられるかもよく検討しなければなりません。

不安なことがあれば、納得するまで弁護士と話し合うようにしましょう。

任意整理以外で住宅ローン返済中に借金問題を解決する方法

任意整理以外でも、住宅ローン返済中に借金問題を解決できる方法があります。

  • 住宅ローンの返済条件を変更する
  • 副業して収入を増やす
  • 個人再生の住宅ローン特則を利用する
  • リースバックしてから自己破産する

借入状況や住宅ローン残債によって手段は異なるので、次の項目から詳しくお伝えします。

住宅ローンの返済条件を変更して借金を先に完済する

  • 一時的に収入が減って借金と住宅ローンの二重返済が難しい
  • 一時的に住宅ローンが減れば借金を完済できる

上記のような場合は、住宅ローンの返済条件の変更を借入先の金融機関へ交渉してみてはいかがでしょうか。

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、一時的に収入が減っている人は少なくありません。そして、そのような状況に金融機関も柔軟に対応しています。

  • 返済期間を延長して月々の返済額を下げる
  • 元金の支払を猶予して一定期間利息のみ支払う
  • 一定期間だけ返済額を下げる

住宅ローンの返済条件が上記のように変われば、借金の返済を進められる人は多いのではないでしょうか。

住宅ローンの返済条件を一時的に変更してもらい、借金を完済できればその後は住宅ローンのみの返済になるので負担も軽減されます。

金融機関への交渉は、収入が減っている根拠となる給料明細などの資料を持参するとよいでしょう。

副業をして収入を増やす

副業で収入を増やすのも、借金返済のための有効な手段です。借金が数十万円程度の場合はとくに、副業をして借金を完済した事例が多くあります。

以下の仕事は、自由にシフトが組めたり単発や日払いにも対応している場合が多いのでおすすめです。

  • デリバリースタッフ
  • 交通量調査
  • サンプル配布
  • 覆面調査
  • 試験監督

日中は副業をする時間がないという人は、勤務時間が自由な在宅での副業もあります。

  • データ入力
  • Webライター
  • テストの採点・添削

「あと少し収入が多ければ借金が完済できる」という場合は、この項目で紹介したような副業をして収入を増やすことを検討してみてはいかがでしょうか。

個人再生の住宅ローン特則を利用する

債務整理手続きのひとつである「個人再生」も、住宅ローン特則を利用すれば住宅ローンに影響なく手続きができます。

個人再生では、一般的に借金総額が以下のように大幅に圧縮されるため、任意整理による借金の減額では返済が滞る可能性のある人は検討するとよいでしょう。

借金総額 最低弁済額
100万円未満 借金総額
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1,500万円以下 借金総額の1/5
1,500万円超3,000万円以下 300万円
3,000万円超5,000万円未満 借金総額の1/10

ただし、個人再生において住宅ローン特則が受けられる条件は複雑なため、個人で判断するのは難しいです。

そのため、個人再生の住宅ローン特則を利用したい場合は、弁護士に相談するとよいでしょう。

また、個人再生では手続きする債権は選べないため、住宅ローン以外にローンを返済中のものがあると差押えとなります。

リースバックしてから自己破産する

以下のような場合は、任意整理や個人再生をしても借金問題を解決できない恐れがあります。

  • 住宅ローン自体の返済が難しい
  • 借金総額が高額で減額されても返済できない
  • 収入が安定せず減額後の返済に自信がない

任意整理や個人再生後も、住宅ローンは変わらず支払っていかなければならず、滞納すると最終的に差押えとなります。

そのため、上記のような場合は自己破産を検討した方がよいかもしれません。ただし、自己破産をするとローンの残る住宅は基本的に差押えられます。

そこで、リースバックをしてから自己破産をすれば、自己破産後も住宅に住み続けることが可能です。

リースバックとは、第三者に住宅を売却し、家賃を支払って住宅に住み続ける制度です。

住宅の所有権は第三者へと渡りますが、自己破産後も住宅に住み続けられます。ただし、自己破産時のリースバックは「詐害行為」不当に財産を減らしたり隠したりする行為。自己破産において免責不可事由となり、借金の返済義務が免除されない可能性があるとなる恐れがあるため、事前に弁護士とよく話し合いましょう。

住宅ローン返済中に債務整理をして借金問題を解決した事例

ここまでお伝えしたように、住宅ローンを返済中でも債務整理をすることは可能です。

ただ、以下のような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

  • 本当に住宅ローン返済中でも任意整理できるの?
  • 弁護士に相談したらどうなるの?
  • 他にも住宅ローン返済中に債務整理した人はいるの?

そこでこの項目では、住宅ローン返済中に債務整理をして借金問題を解決した事例を二つ紹介しますので参考にしてください。

収入は安定していたので住宅ローン返済中でも任意整理できた事例

Aさんは7年前に35年で住宅ローンを組みました。

去年までは順調に返済していたのですが、新型コロナウイルスの影響で収入が激減。一時は生活費もままならなかったので消費者金融から借入をしてなんとか生活をしていました。

会社の業績は徐々に戻りつつありますが、ボーナスなどが戻ってくるにはまだ時間がかかるとのこと。

収入は下げ止まりとなり、住宅ローンと借金返済の両立に限界を感じたAさんは弁護士に相談することにしました。

相談者 30代男性
月々の収入 手取りで23万円程度
借入状況 消費者金融3社から150万円
月々の返済状況 消費者金融:7万円
住宅ローン:13万円
弁護士への相談結果 任意整理で
月々の返済額7万円→3.5万円に!

Aさんは住宅を手放したくないという意思から、任意整理を希望。Aさんの収入も安定しており、妻もパートを始めるのが決まっていることから、弁護士は任意整理ができると判断。

債権者との交渉も無事成立しました。同時に住宅ローンの借入先の金融機関へも交渉し、住宅ローンは今後2年間利息のみの支払いとなりました。

現在はなるべく繰上返済をしながら、借金の完済を目指しています。

借金総額が高額で返済不能だったためリースバック後に自己破産した事例

Bさんは15年前に住宅ローンを組み、マイホームに妻と息子二人の四人家族で暮らしています。

しかし、2年前に父親が事業に失敗。連帯保証人となっていたBさんは900万円もの借金を背負うことに。

債権者との交渉により、分割での返済をおこなってきたBさんでしたが、住宅ローンの返済や息子たちの学費もあり最近は返済が遅れがちでした。

債権者から借金残債の一括請求と、できない場合は住宅を差押えるとの通知が届き、Bさんは弁護士に相談することにしました。

相談者 50代男性
月々の収入 手取りで40万円程度
借入状況 消費者金融7社から620万円
月々の返済状況 消費者金融:12万円
住宅ローン:18万円
弁護士への相談結果 自己破産により借金は0に
自宅はリースバックで毎月家賃12万円を支払い

Bさんは借金はどうにかしたいものの、せっかく手に入れたマイホームを手放したくないという思いも強くありました。

弁護士がBさんの住宅ローン残債や売却相場を調べたところ、売却価格がローン残債を上回るためリースバックが可能なことが判明。

破産管財人や債権者の許可のもと、相場どおりで住宅を売却しリースバックすることにしました。

自己破産の免責も無事におりたため、借金生活からも解放されました。

現在は将来的に住宅の所有権を買い戻せるように、貯金をしつつ借金とは無縁の生活を送っています。

【初回相談無料】住宅ローン返済中の借金について弁護士に相談してみる

任意整理後に住宅ローンを組む方法

「任意整理をすると住宅ローンが組めなくなる」

そのように聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

確かに、任意整理後は住宅ローンが組めません。ただし「任意整理後、一定期間は住宅ローンの審査が通らない」というのが正確です。

それでは任意整理後に住宅ローンを組みたいときはどうすればよいのでしょうか。また、一定期間とはどれくらいの期間を指すのでしょうか。

次に項目から詳しくお伝えします。

完済後5年以上経ってから住宅ローンを申込む

前述したように、任意整理後は一定期間住宅ローンの審査が通りません。一定期間とは、任意整理で減額された借金を完済してから5年間が一般的です。

任意整理をすると、信用情報に事故情報が登録されますが、完済してから5年が経過すると事故情報は抹消されるのです。

信用情報に事故情報が掲載されている間は、住宅ローンの審査には通らないと考えた方がよいでしょう。

そのため、任意整理で減額された借金を完済後、5年以上経過すれば住宅ローンの審査は通りやすくなります。

信用情報に事故情報が掲載されているかは、信用情報機関に問い合わせれば確認できます。確認方法は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

配偶者の単独名義で住宅ローンを申込む

任意整理直後でも、配偶者の単独名義なら住宅ローンを組めます。同居していれば両親などの親族でも構いません。

ただし、配偶者が住宅ローンの審査に通る必要があります。

住宅ローンの審査では収入や勤続年数が基準となります。そのため、配偶者が専業主婦や収入が多くないパートの場合は、住宅ローンの審査に通るのは難しいでしょう。

その場合は、信用情報から事故情報が抹消された後に、住宅ローンを組むのがよいといえます。

まとめ

住宅ローン返済中でも、任意整理できます。

ただし、任意整理をしても返済に不安があったり、住宅ローン自体の返済が困難となっている場合は任意整理とは別の方法を考えたほうがよいでしょう。

任意整理以外で、住宅ローンを返済しながら借金問題を解決する方法は主に以下の4つです。

  • 住宅ローンの返済条件を変更する
  • 副業して収入を増やす
  • 個人再生の住宅ローン特則を利用する
  • リースバックしてから自己破産する

任意整理を含め、どの方法が適しているかは個々の事情に大きく左右されます。そのため、借金で悩んでいるのなら早めに弁護士へ相談することをおすすめします。

まずは法律事務所の無料相談を利用し、自身の状況に合わせたアドバイスをもらってはいかがでしょうか。

任意整理よくある質問

住宅ローン返済中でも任意整理できますか?

できます。ただ、借入状況などによっては任意整理が難しい場合もあるので、一度弁護士へ相談することをおすすめします。

住宅ローンも任意整理できますか?

できません。住宅ローンの返済が難しいときは、借入先の金融機関へ返済条件の交渉をすると一時的に減額してもらえる可能性があります。減額されても返済不能な場合は、売却を考えたほうがよいかもしれません。不動産問題に詳しい弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

任意整理後に住宅ローンを組むにはどうしたらよいですか?

任意整理後、信用情報から事故情報が抹消されるまで5年かかるのが通常です。そのため、任意整理して残債を完済してから5年以上経ち、信用情報から事故情報が抹消されたのを確認されてから住宅ローンに申込むのがよいでしょう。

任意整理の関連記事