任意整理後に車のローンは組める?審査を通りやすくする方法や組めない場合の対応策も解説

任意整理後に車のローンは組める?ローンを組む際の注意点や組めない場合の対応策も解説

任意整理をしてもそのあと車のローンは組めますか?

任意整理後は、一定期間、個人信用情報に事故情報が掲載されるため、新規のローンを組むことは難しいでしょう。ただし、事故情報は任意整理の場合、5年経過すれば抹消されますので、抹消後であれば、ローンを組める可能性があります。

そうなんですね。では5年間我慢すれば、ローンも組めるんですね。

あくまで5年経過すれば、事故情報による審査落ちはなくなるというだけで、必ず審査を通過するわけではない点には留意が必要です。

事故情報抹消後は、他の履歴も全て消えたスーパーホワイトの状態になっており、履歴のある人に比べて信用度は低くなっているため、審査に通りやすくなるように対策をしておく必要はあるでしょう。

任意整理後5年間は、個人信用情報に事故情報が掲載されるため、車のローンを組むことはできません。

また、5年が経過したとしても、事故情報による審査落ちがなくなっただけで、審査に確実に通るわけではありません。むしろ、借入などの履歴がすべて消えた、いわゆるスーパーホワイトの状況になるため、審査には通りにくい状況になっていることは認識する必要があります。

審査に通るためには、ローンが組めない期間から審査に通るための準備が必要です。

この記事では任意整理後の車のローンについて、ローンを申し込む際の注意点、車が必要な際の対策なども交えて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 任意整理後5年間は、個人信用情報に事故情報が掲載されるため、車のローンを組むのは難しい
  • 任意整理後にローンを組む際には「個人信用情報の状況確認」「頭金をできるだけ貯めておく」などの対策をしておくほうが良い
  • 事故情報掲載期間に、どうしても車が必要な場合は「家族名義でのローン」「自社ローンの利用」「レンタカーの利用」など工夫が必要
  • 車のローンが必要だからといって、任意整理をためらってはいけない。返済が厳しくなっているなら、まずは弁護士に相談する

任意整理後、5年間は車のローンを組むのは難しい

任意整理をした場合、任意整理から5年が経過するまでは車のローンを組むのは難しいでしょう。

任意整理をすると個人信用情報に事故情報が掲載される

任意整理を含む債務整理手続きを行うと、個人信用情報に事故情報が掲載されます。

個人信用情報には、個人別のローンの審査や借入、返済の履歴が記録されており、貸金業者は審査の際に個人信用情報を参照することが義務付けられています。

そのため、この個人信用情報に任意整理をした履歴が掲載されていると、まず審査には通りません。

事故情報の掲載により、審査に通らなくなることから、「ブラックリスト入りする」という表現も一般的に使われますが、実際にブラックリストがあるわけではありません。

個人信用情報機関により加盟している業者が異なる

事故情報が掲載される個人信用情報機関は、以下の3機関です。

信用情報機関 主な加盟企業
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融/クレジットカード会社
シー・アイ・シー(CIC) 信販会社/クレジットカード会社
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行

また、各信用情報機関は、相互に情報交流を行っています。

JICCとCICは「FINE(Financial Information Network)」、KSCも含めた3機関でも「CRIN(Credit Information Network)」というネットワークで、情報が共有されています。

つまり、銀行からの借金について任意整理したとしても、債務整理の情報はJICC、CIC、KSCで共有されるため、それぞれ指定の期間内は、加盟企業からの借入は難しいでしょう。

事故情報の掲載期間は、任意整理の場合5年間

上表の通り、事故情報は、掲載されれば永久にそのままというわけではなく、一定期間が経過すれば抹消されます。債務整理別の掲載期間は以下の通りです。

信用情報機関 任意整理 個人再生 自己破産
日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年
シー・アイ・シー(CIC) 5年 5年 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年 10年 10年

任意整理での掲載期間は、基本的に5年で、5年経過すれば記録は抹消されます。

事故情報が抹消された後なら車のローンを組むことも可能

記録が抹消されれば任意整理前と同様に、車のローンを組むことも可能です。

ただし、事故情報が削除された直後は、借入や審査の履歴がまったく無い、いわゆる「スーパーホワイト」の状態です。

年齢にもよりますが、現在ではクレジットカードを利用している人も多いですし、車や携帯電話の分割払いなど、何らのローンを組んでいる人がほとんどです。

ある程度の年齢でクレジットカードの作成やローンの履歴が全く無い場合、過去の債務整理などを疑われ、審査に通らない可能性もあります。

たとえ疑われることがなかったとしても、一度も利用履歴がない場合や返済履歴がない場合は、利用歴のある人に比べると信用度は低いとされています。

任意整理後のローン審査が通りやすくなる方法

次に任意整理のローンを組む際に審査に通りやすくする方法をお伝えします。

①任意整理から5年が経過してから申し込む

これまでにご説明した通り、任意整理から5年間は個人信用情報に事故情報が掲載されており、審査に通るのは難しくなります。

ローンを組みたい場合は、任意整理から5年が経過してから、申し込むようにしましょう。

事故情報が削除されるまでの期間は、頭金を貯めるなど、いざ申し込んだときに審査に通りやすくなるよう、準備をしておくことをオススメします。

②申込前に個人信用情報の状況を確認する

5年が経過した後であっても、申込前には必ず個人信用情報の状況を確認するようにしましょう。

例えば、1、2日の延滞を毎月繰り返し事故情報が掲載されている場合や、掲載期間が過ぎているにも関わらず、情報が抹消されていないといった場合もありえます。

いずれにしても、事故情報が掲載されている状態であれば、審査には通らないため、事前に確認しておくことが重要です。

信用情報機関によって、開示方法や必要なものに違いがありますので、開示請求する際は各個人情報機関のHPなどで確認するようにしてください。

個人信用情報機関別の個人信用情報の開示方法や費用について、簡単にまとめておきます。

個人信用情報機関 開示方法 必要なもの
日本信用情報機構(JICC) インターネット 本人確認書類
手数料(1,000円)
郵送 信用情報開示申込書
本人確認書類
手数料(1,000円)
窓口 本人確認書類
手数料(500円)
シー・アイ・シー(CIC) インターネット クレジットカード
郵送 信用情報開示申込書
本人確認書類
定額小為替証書(1,000円)
窓口 本人確認書類
手数料(500円)
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 郵送 登録情報開示申込書
本人確認書類
定額小為替証書(1,000円)

個人信用情報については、以下の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

5年経過したのに掲載されている場合は申請すれば抹消できる

登録期間を経過しているにも関わらず、事故情報が掲載されたままになっている場合は、抹消を依頼することができます。

抹消を申請する場合は、個人信用情報機関ではなく、事故情報の掲載会社へ問い合わせた上で、個人信用情報機関に申請してもらいます。

③一度に複数の会社に申し込まないようにする

車のローンを申し込む場合は、一度に複数の会社に申し込まないようにしましょう。

個人信用情報には、借入や返済の履歴だけなく、審査の履歴も記録されます。

一度に多くの申込みをすると、個人信用情報にすべて審査履歴が残るため、お金に困っているのではと勘ぐられ、審査に通りにくくなる可能性があります。

また、他社の審査に通らなかった場合、その履歴も残ってしまうので、他の会社が審査に落ちた履歴を確認し、審査に通りにくくなってしまう可能性もあります。

いずれにしても、一度に複数の会社に申し込むことで、審査に不利に働く可能性が高くなるため、やめておきましょう。

④優良なクレジットヒストリーを積み重ねておく

優良なクレジットヒストリーを積み重ねておくことも重要です。

先程解説した通り、任意整理に関する事故情報が抹消された時点で、個人信用情報はスーパーホワイトの状態です。

信用力は決して高い状態ではないので、少額のクレジットカードの利用や、携帯電話の分割払いなどで、優良なクレジットヒストリー(利用履歴)を、積み重ねておくことで審査に通りやすくなるでしょう。

もちろん、利用にあたって延滞などをしないようにしてください。

⑤頭金をできるだけ多く貯めておく

ブラックリスト期間中に、頭金をできるだけ多く貯めておくようにしましょう。

任意整理後、5年が経過したとしても、ローンを組む際に審査があることに変わりはありません。

ブラックリスト期間に頭金を貯めておくことで、ローンを組む額を抑えられますし、スーパーホワイトの状態であっても、頭金を貯めておくことで、ある程度の返済能力があることの証明にもなります。

審査に有利に働く可能性が高いため、ブラックリスト期間から準備しておくと良いでしょう。

事故情報掲載期間に車が必要な場合の対処法

これまで解説したとおり、任意整理を行った場合、原則的には車のローンは難しくなります。

しかし、場合によっては何らかの事情でどうしても車が必要になることもあるでしょう。ここでは、そういった場合の対処方法について解説します。

①家族名義でローンを組む

家族名義でローンを組むのも、1つの解決策となります。

任意整理で、事故情報の掲載の対象となるのはあくまで手続きした本人のみです。配偶者や同居人には、影響はありません。

家族に充分な収入があれば、家族名義で審査に通ることは可能です。

ただし、家族にローンを組んでいる場合、もし本人がローンを組むことになった場合に、組んでもらったローンが審査の際に不利に働いてしまうことも考えられます。

近い将来ローンを組む予定がないかなど、充分に話し合った上で協力してもらうようにしてください。

②自社ローンを活用する

自社ローンを活用するのも1つの方法です。

自社ローンとは、主に中古車販売店などが、保証会社などを通さず独自の審査基準で、車のローンを取り扱っているものです。

個人信用情報に事故情報が掲載されている状態でも、返済能力や収入状況が問題なければ利用することができるものもあります。

ただし、自社ローンは一般的に、一般的な車のローンに比べて利率が高く設定されている場合が多いので、確実に返済できるか、しっかりと見極めた上で利用するようにしてください。

闇金業者には注意

ブラックであっても車のローンが利用できるよう、自社ローンを企業努力として行ってくれているところはあります。

一方で、「ブラックOK」と謳って、法外な利率で貸付を行う闇金業者があることも確かです。間違っても、これらの業者は利用しないようにしてください。

闇金業者から一度借り入れをしたが最後、返済ができなくなるまで追い詰められ、生活していくこともままならなくなる可能性もあります。

闇金の恐ろしさについては、以下の記事にまとめていますが、絶対に利用しないようにしてください。

③現金一括で中古車を購入する

どうしても車が必要であれば、価格の安い中古車を現金一括で購入するのも1つの方法です。

ひとまず移動手段を手に入れる程度であれば、10~20万円ほどで購入できるものもあります。

10~20万円程度であれば、数ヶ月の節約してお金を貯めれば、現金一括での購入も現実的です。ひとまず、お金が貯まるか再度ローンが組めるまでなんとか持たせるのも一つの方法でしょう。

④レンタカーを利用する

車の利用頻度がそこまで高くないのであれば、レンタカーやカーシェアリングサービスを利用する方法もあります。

レンタカーであれば、免許証を確認するのみで、審査はありません。車を自分で保有するのに比べて維持費などもかかりません。

月に数回程度しか利用しないというのであれば、コスト的には安く済む可能性もあります。

リースはローン同様に審査があるため、利用は難しい

カーリースは、信販会社による審査があるため、利用は難しいでしょう。

最近では、サブスクリプション(月額利用)といった形で、カーリースの販売が盛んになってきていますが、多くの場合、信販会社による審査が行われます。

個人信用情報に事故情報が掲載されている場合は、審査に通るのは難しいため、利用は難しいでしょう。

⑤5年が経過していなくても審査に通ることもある(オススメしません)

稀に任意整理から5年が経過していなくても、審査に通ることもあります。

ローン審査において、個人信用情報は重要な材料ですが、それだけですべてを判断しているわけではありません。

事故情報が掲載されていたとしても、収入状況などによっては、審査に通るケースもあるようです。

ただし、ローン会社の審査基準は公表されておらず、審査に通る保証はありません。先程お伝えしたとおり、審査に通らなかった場合は、その情報も個人情報に掲載されてしまうため、その後の審査に不利に働く可能性があります。基本的に審査履歴は6ヶ月間保持されます。

ブラックリスト期間が経過した後に、ローンを申し込む予定があるなら、無理に申し込むのは辞めておいた方が無難です。

ローンのために任意整理をためらっては行けない

将来的にローンを組みたいからと任意整理をためらっているなら、すぐに借金問題解決に向けてまずは進みだしてください。

債務整理を検討していると言うことは、現在の借金の返済もかなり厳しくなっているでしょう。

そのような状態では、車のローンを組むこともままなりませんし、仮にローンが組めたとしても、その後の返済に行き詰まる可能性は、かなり高いといえます。

借金の状況が更に悪化すれば、任意整理ではなく、更にデメリットや制約の多い、自己破産・個人再生を選択せざるを得ない状況にもなりかねません。

そうなる前に、まずは目の前の借金問題を解決することが何よりも重要です。

返済が厳しくなっているならまずは弁護士に相談を

返済が厳しいが、車のローンも必要で悩んでいるなら、まずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士に相談すれば、現在の状況なども踏まえて最適な対応方法をアドバイスしてもらえます。

弁護士は、借金問題のプロです。同じような悩みを持った方々の不安を解決してきた実績やノウハウも多く持っていますので、最適な解決方法に導いてもらえます。

弁護士に相談と聞くと、どうしても敷居が高く感じる、怒られるのではないかと不安という人もいますが、弁護士は相談者の味方です。あなたの状況を理解した上で、最適なアドバイスをしてもらえるはずです。

最近では、初回相談が無料の事務所も多くありますので、まずは気楽に相談してみてください。

まとめ

任意整理を行うと、5年間は車のローンを組むのは難しくなるのが現実です。

それだけを考えると、任意整理することに不安を覚える方もいるかも知れません。

しかし、任意整理を検討しているということは、既に借金は返済能力を超えている可能性があります。更に車のローンを抱えてしまえば、いずれ返済できなくなり、経済的に破綻してしまう可能性が高いでしょう。

任意整理をすれば、ローンを組めないデメリットはありますが、借金問題解決に向けて着実に前進していけるはずです。

まずは目の前の不安解決に向けて、一歩前進してください。

任意整理の関連記事