アイフルの返済日に遅れる場合にやるべきことは?対処方法と延滞リスクについても解説

アイフルの返済日に遅れる場合にやるべきことは?対処方法と延滞リスクについても解説

アイフルの返済日に遅れそうです。どうすればいいですか。

アイフルの返済日に遅れることがわかった時点で、すみやかにアイフルに返済が遅れる旨の連絡をしてください。返済日の変更や返済方法の変更などの相談に乗ってもらえますし、なにより返済意思があることを伝えることが重要です。

返済に遅れてしまったときになにかペナルティがあるのでしょうか。

もちろん、返済に遅れた場合はペナルティがあります。「アイフルによる督促」「遅延損害金の発生」「新規借入の停止」などが主なペナルティになりますね。督促に応じなければ、最終的には差し押さえまで発展する可能性もあるため、速やかに延滞を解消する必要があります。

「次の返済日までに返済金が用意できない。。。」
「ついうっかり返済日のことを忘れていた」

アイフルとの契約で約束した返済ができないということは、契約違反に当たるためさまざまなペナルティが発生します。

ペナルティには、遅延損害金の発生や個人信用情報への事故情報の登録など、将来にわたって影響のあるペナルティも少なくありません。返済できなければ、最終的には給与や預貯金などの財産差し押さえに発展する可能性もあります。

そうなる前に、アイフルの返済に遅れた場合には、適切に対応し速やかに延滞を解消する必要があります。

この記事では、アイフルの返済に遅れた場合にすべきことや、発生するペナルティなどについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • アイフルの返済に遅れそうな場合は、アイフルに電話連絡し、返済意思と今後の返済予定を伝えることが最優先
  • アイフルの返済に遅れると、「アイフルから督促される」「遅延損害金が発生する」「個人信用情報に事故情報が掲載される」「追加の借入ができなくなる」などペナルティが発生する
  • ついうっかり返済に遅れた場合は口座振替や返済日を通知してくれる「aiメール」などを利用すると良い
  • 返済が厳しい場合は「家計の支出を見直す」「副業で収入を増やす」など収入を増やすか、「おまとめローンなどで返済負担を減らす」などで対策
  • どうしても返済目処が立たないなら債務整理を検討しよう

アイフルの返済日に遅れる場合は電話連絡が最優先

アイフルの返済日に遅れる場合は、まずは返済が遅れる旨をアイフルに延滞する旨を連絡し、今後の返済について相談をすることが最も重要です。

アイフルの場合、会員のさまざまな手続きや相談を受けてくれる会員専用ダイヤルが設置されています。返済日に遅れそうな場合の連絡・相談は以下にて受けてもらえますので、速やかに連絡するようにしましょう。

アイフル会員様専用ダイヤル(平日 9:00~18:00.)
0120-109-437

また、会員専用ページの「次回返済期日の変更(猶予)」から返済日を変更することもできます。

いずれにしても、返済に遅れるとわかった段階で速やかに連絡することが重要です。

なお、連絡する際には、以下の点を伝えることを意識して、連絡するといいでしょう。

  • 支払う意志があるが返済が遅れること
  • 何らかの理由で返済が遅れる場合はその理由
  • いつ頃支払えるか

短期間の延滞なら返済日の変更に対応してもらえることも

アイフルの場合、新たな支払日が1週間以内であれば、返済を待ってもらえることもあります。先程ご紹介した返済日の変更を確実に行い、再設定した期日に支払えば、督促状などが届くこともありません。

ただし、これはあくまでアイフル側の好意による例外的な措置ですので、必ず行ってもらえるわけではありません。例えば、滞納が常態化しているなど、信頼関係が損なわれている場合など、認められない可能性も充分にあることは理解しておくべきです。

また、例え返済日を変更したとしても、遅延損害金は翌日から発生する可能性がある点は認識しておきましょう。

延滞が長期間に及ぶ場合は利息のみや一部返済を求められる

もし、返済日から大幅に遅れるようであれば、支払日の延長には対応してもらえない可能性が高くなります。

ただ、そういった場合でも、返済額の一部を返済する方法や利息のみの支払いにするなど、返済額については柔軟な対応をしてもらえる可能性はあります。

ただし、これらの対応はかなり緊急的な対応です。一時的には返済の負担は軽減されますが、通常の返済よりもさらに元金は減らず、利息負担が増えることは理解しておきましょう。

アイフルの返済日に遅れると起こる4つのペナルティ

次に、アイフルの返済日に遅れると起こるペナルティについて、詳しく解説していきます。

アイフルの返済日に遅れると、主に以下の4つのペナルティが発生します。

  • アイフルから督促される
  • 遅延損害金が発生する
  • 個人信用情報に延滞情報が掲載される
  • 追加の借入ができなくなる

アイフルから督促される

返済に遅れると、アイフルからの督促が始まります。

アイフルからの督促は以下のような順序で行われます。

  1. アイフルから督促の電話がかかってくる
  2. 自宅に催促状・督促状が届く
  3. 一括返済の請求がある
  4. 法的手続きに行われ、給与や財産が差し押さえられる

返済日に遅れる期間が長期化すればするほど、状況は悪化していきます。返済日に遅れる場合には、速やかに適切な対応をすることが重要です。

アイフルから督促の電話がかかってくる

返済が遅れると、まずアイフルから督促の電話がかかってきます。

この電話は返済が遅れていることの通知、返済意思・返済日の確認が目的ですから、電話には必ず応答するようにしましょう。

もし、電話に応答しなかった場合、自宅に催促状や督促状が送付されることになり、家族にバレるリスクがかなり高くなるため、必ず応答するようにしてください。

自宅に催促状・督促状が届く

督促の電話に応答しなかったり、滞納が長期に及んだりした場合、催促状や督促状が送付されます。

催促状や督促状には、遅延している金額や支払期限などが記載されており、支払期限が守れない場合には、次に解説するように一括返済請求や差し押さえなど、さらなる状況の悪化が起こります。

この時点で、返済の目処がたっていないのであれば、直ぐにでも債務整理などを検討する必要があります。放置していれば、どんどん解決に向けた手段が減っていきますので、まずは弁護士に相談し、今後の対応策についてアドバイスをもらうようにしましょう。

一括返済の請求がある

督促状の期日までに返済が行われなかった場合、アイフルから借金全額の一括返済を求める催告書が送られてきます。

借入の契約には、「期限の利益」という債務者側の権利が認められています。

「期限の利益」とは、簡単にいうと契約通りに返済が行われていれば、返済期日までの間、借りたお金は自由に扱えるという権利です。

期限の利益のことを詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

延滞が複数回にわたった場合、契約通りの返済が行われていないため、債権者の請求によって期限の利益が喪失し、すぐに全額返済する義務が発生します。

法的手続きに行われ、給与や財産が差し押さえられる

債務者が一括返済にも応じない場合、アイフルは法的手続きに入ります。

法的手続きとは、借金の返済を求めて裁判を起こし、その後確定判決に基づいて財産の差し押さえを・強制執行をすることをいいます。

差し押さえられる財産は、給料や預貯金となることが大半で、給料は、法律により手取り額の1/4が対象、預貯金については、全額が対象となります。

給料を差し押さえられれば、会社にも差し押さえの通知が行きますので、借金の存在や滞納の事実を、勤務先に知られることになるでしょう。

差し押さえ後の回収業務は、アイフル自身が行うのではなく、債権回収を専門にしている債権回収会社が行います。

アイフルの場合、アストライ債権回収という会社への委託が多いようです。

財産の差し押さえや債権回収会社については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

遅延損害金が発生する

返済に遅れると、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、契約通りの支払いが行われないことによって、債権者(この場合はアイフル)が被る損害に対する損害賠償金です。

この遅延損害金は、返済日が1日でも遅れれば、その翌日から即発生します。

アイフルの場合、遅延損害金は年利20%です。アイフルの通常の借入の利率は、3.0%~18.0%ですので、遅延損害金がかなり高く設定されていることがわかります。

この遅延損害金は、返済が遅れた日数分だけ残高に加算していきます。以下は、借入残高が500,000円の場合の、延滞日数別遅延損害金です。

延滞日数 遅延損害金
1日 274円
10日 2,740円
20日 5,480円
30日 8,220円

1ヶ月延滞すると、通常の返済に加えて、8,220円も上乗せされる計算です。

返済が遅れた場合は、できるだけ早く返済し遅延損害金の支払額を抑えるようにしましょう。

遅延損害金については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

個人信用情報に延滞情報が掲載される

返済を延滞すると、個人信用情報に延滞情報が掲載されます。

個人信用情報とは、貸金業者が貸付を行う際に必ず参照する情報で、個人の借入の申込・借入・返済に関する履歴が記録されているものです。

アイフルの場合、61日以上の延滞で、信用情報に延滞記録が掲載されると言われています。延滞情報は、最大5年間情報として保持されるため、その間は新規のローンやクレジットカードの審査には通らなくなってしまいます。

60日以下なら大丈夫では?と思う人もいますが、そうではありません。

また、個人信用情報への延滞記録の登録は、債権者からの申し出によって決まります。つまり、60日以下であっても、アイフルが悪質だと判断するなど、何らかの理由で延滞情報を登録する可能性はあるということです。

クレジットカードや新規のローンに通らなくなると、今後の生活に大きく影響する可能性もあるため、延滞した場合は、一日でも早く延滞を解消することを心がけましょう。

追加の借入ができなくなる

返済が遅れた場合、すぐにアイフルから追加の借入を行うことができなくなります。

また、延滞が繰り返される、長期に及ぶなど、アイフルとの信頼関係が損なわれれば、限度額の引き下げや強制解約など、将来にわたって追加の借入ができなくなる可能性もあります。

例え、延滞を解消したとしても、増額審査が通らないなど将来に亘って影響が出る可能性もあるでしょう。

また、先程ご紹介した通り、延滞すると個人信用情報に延滞情報が掲載されるため、他社でも借入が難しくなることも認識しておきましょう。

返済日に遅れた原因を把握して対策をしよう

アイフルの返済に遅れてしまった場合の対応はこれまで解説した通りです。

それに加えて、延滞を繰り返すことのないよう、対策も必要です。

ここでは、遅れた原因別に延滞しないための対策方法をご紹介します。

ついうっかりや急な出費で送れた場合の対処方法

「ついうっかり返済日を忘れてしまっていた」
「返済日直前に急な出費でお金が足りない」

こういった、ついうっかり延滞してしまう人は少なくありません。例え、ついうっかりでも延滞したことに変わりなく、これまでご紹介したペナルティが発生する可能性もあります。

こういったことが原因で延滞をしたという方は、以下のような対策を取るといいでしょう。

  • 返済日を給料日直後に設定する
  • 口座振替を利用する
  • 返済期日を通知する「aiメール」を活用する

詳しく解説していきます。

返済日を給料日直後に設定する

返済日を給料日直後に設定すると、返済日に資金がないというケースを減らせるのでおすすめです。

給料日と返済日が離れていると、お金を使ってしまって返済日に足りなくなるということがどうしても起こります。

アイフルに限らずですが、借金の返済期日に遅れるということはかなりのペナルティを負うことになるため、極力避けることが重要です。

給料日の直後に返済日を設定していれば、優先的に返済できるようになるので、延滞するリスクを抑えることができるでしょう。

口座振替を利用する

口座振替を利用するのも1つの方法です。

アイフルでは、「スマホアプリ」「ATM」「コンビニ」「口座振替」「振込」とさまざまな返済方法が用意されています。

口座振替であれば、返済日が来れば自動的に口座から返済が行われるため、返済日をうっかり忘れても安心です。

先程ご紹介した、給料日直後に支払日を設定することと合わせて行えば効果的でしょう。

ただし、口座振替の場合、残高不足の状態だと自動的に延滞扱いになってしまいます。次にご紹介するaiメールなどを活用し、返済日前に残高の確認をするようにしましょう。

返済期日を通知する「aiメール」を活用する

アイフルでは、返済期日の3日前にメールで事前に返済日を案内してくれる「aiメール」というサービスがあります。もちろん利用は「無料」です。

メールアドレスを登録するだけで利用可能ですので、ぜひ活用しましょう。

aiメール(アイフル公式ページ)

アイフルの返済が厳しい場合の対処方法

もし、アイフルの返済自体が厳しい状態なら、仮に今回返済がなんとかなったとしても、近い将来、返済に行き詰まる可能性もあります。

そのようなことがないように、以下のような対策を検討してみるべきです。

  • 家計を見直し、返済原資を捻出する
  • 副業で収入を増やし、返済原資を捻出する
  • おまとめローンで金利負担を軽減する
  • 返済のために他社から借入は絶対にNG
  • どうしても返済が厳しい場合は債務整理を検討しよう

家計を見直し、返済原資を捻出する

返済が厳しい状況にあるなら、まずは家計の支出を見直し返済原資が捻出できないか、検討しましょう。

例えば、家賃の安いところに引っ越す、携帯電話を格安携帯に変更する、保険を見直す、などさまざまな方法を検討しましょう。

また飲み会などの遊興費を見直すのも効果的です。

友人や会社関係の付き合いなどもあるとは思いますが、飲み会は月に1回にするなど、できるだけ節約を心がけましょう。

副業で収入を増やし、返済原資を捻出する

副業で収入を増やし、返済原資を捻出するのも有効な手段です。

本業の休日にアルバイトができれば、数万円程度なら充分に捻出も可能です。また、最近ではクラウドソーシングサイトなどを利用して、自宅にいながらにして稼ぐ方法もあります。

ただし、副業の場合は本業への影響がないように注意しましょう。副業の疲れが残り、本業に影響が出てしまえば、本末転倒です。

また、最近は副業も市民権を得つつあるものの、禁止としている企業もまだまだ多くあります。副業禁止の会社で、副業をしてしまうと本業のキャリアに影響が出る可能性もあります。

副業を始める前に、勤務先の就業規則を必ず確認するようにしましょう。

おまとめローンで金利負担を軽減する

複数の会社から借金をしているのであれば、おまとめローンで金利や返済の負担を軽減するのも有効です。

ただし、おまとめローンも通常の借入と同様に審査が必要です。また、おまとめローンの審査は通常のローンよりも厳しい傾向にあります。

おまとめローンは複数の業者から借入をしている人を対象とした商品ではありますが、あくまで返済能力があることを前提としています。おまとめローンは借入額も大きくなることから、返済能力などの条件も厳しくなるため、審査には通りづらい可能性もあります。

また、おまとめローンは将来的な金利負担や、毎月の返済負担は軽減されますが、借り換えただけで借金自体が減るわけではありませんので、注意しましょう。

返済のために他社から借入は絶対にNG

返済が厳しいからといって、返済のために他の業者から借金をするのは絶対にNGです。

返済のために借金をするということは、利息が利息を生む「複利」の状態になっており、返済は雪だるま式に膨らんでいく、いわゆる自転車操業の状態になります。借り入れできる額は限界がありますので、いずれ限界を迎えることは間違いありません。

一時しのぎにしかならず、更に状況を悪化させるだけですので、絶対にやってはいけません。

複利の恐ろしさは以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

どうしても返済が厳しい場合は債務整理を検討しよう

返済の目処が立たないなど、返済が厳しいと感じた場合は債務整理を検討しましょう。

債務整理とは、国が認めた借金に苦しむ人の救済制度で、借金の減額や返済の免除によって返済負担を減らし、債務者の経済的に更生させることを目的としています。

手続きには「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの手続きがあり、受けるメリットやデメリットがそれぞれ異なります。

どの手続きを選ぶべきかは、借金や収入の状況により異なります。経験の素人では、判断が難しい場合があるため、まずは専門家である債務整理に強い弁護士に相談してみることをおすすめします。

また、当サイトでは債務整理手続き毎にどの程度借金が減額されるかを簡単に調べられる「借金減額ツール」をご用意しています。債務整理を検討されているのであれば、参考にしてください。

将来の利息を免除してもらう「任意整理」

任意整理は、各債権者と個別に交渉し、主に将来発生する利息を免除してもらう手続きです。

利息が免除されるため、返済分がそのまま元金に充当され、返済の目処がつきやすくなることがメリットです。また、債権者と直接交渉するため、周囲にも知られずに手続きすることが可能な点も特徴と言えるでしょう。

アイフルの借入金は、人によっては金利がかなり高い場合もあるので、将来発生する利息をカットできれば、支払総額を大きく減らし、返済負担を減らせる可能性は高いでしょう。

また、任意整理は手続き後に受けるデメリットも債務整理の中で最も小さく、手続き費用も安くすみます。

元金部分のみであれば返済の目処が立てられるという人に、最もおすすめの手続きと言えるでしょう。

任意整理については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

返済全額を免除してもらい再スタートできる「自己破産」

自己破産は返済が難しいことを裁判所に認めてもらい、借金全額の返済を免除してもらう方法です。

返済が全額免除されるので、借金返済から完全に開放されることが大きなメリットです。

ただし、大きなメリットと引き換えに相応のデメリットを許容する必要があります。以下は、自己破産手続きによって受ける主なデメリットです。

  • 一部の自由財産を除き、所有する財産を処分する必要がある
  • 手続き後10年間はブラックリスト入りするため、新規の借り入れやクレジットカード作成はできなくなる
  • 手続き中は特定の職業への就業が制限される
  • 官報に掲載される

自己破産を選択すべきかどうかは、借金の金額や財産の所有状況など、さまざまな状況を踏まえて検討する必要がありますので、まずは弁護士に相談してみるのがいいでしょう。

住宅ローンのある自宅を残しながら借金を大幅減額できる「個人再生」

個人再生は、住宅ローンのある自宅を残しながら、債務総額に応じて、借金を最大1/10程度まで減額できる債務整理手続きです。

自己破産同様に、裁判所を介して手続きを行いますが、担保権付の財産を除いて財産は処分不要です。

また、「住宅資金特別条項」を活用すれば、ローンが残っている自宅を手元に残すこともできます。

さらに、自己破産は「免責不許可事由自己破産手続きにあたり免責を許可できない事象を言う。例えば、はじめから自己破産するつもりで借金をしたと認められる場合や、借金の原因が浪費やギャンブルによるものの場合が、これに当たる。」が設定されていますが、個人再生にはありません。

ただし、個人再生を利用するには安定収入が必要なので、利用できるかどうかは弁護士と相談して検討するとよいでしょう。

債務整理は専門家に相談して適切な手続きを選択するべき

すでに借金の返済が厳しい状況になっているのなら、速やかに債務整理に強い弁護士に相談することを強くおすすめします。

弁護士であれば、ご自身の状況に合わせて最適な借金問題の解決方法をアドバイスしてもらえるはずです。債務整理や手続き費用など、不安点がある場合も丁寧に説明してもらえますので、安心して借金問題の解決に進めます。

また、実際に債務整理手続きを行う際には、裁判所への対応や債権者との交渉など、法律の知識や経験が要求されるケースも多いため、弁護士がいればスムーズに手続きを進められます。

借金問題の解決の大きな力となってくれることは間違いありませんので、まずは無料相談などを利用し、相談してみるべきです。

アイフルの返済が遅れる場合にやるべきことは?

アイフルの返済に遅れる場合はどうしたらいいですか?

まずは速やかにアイフルに電話で連絡しましょう。返済意思があることを伝え、今後の返済方法について相談することが重要です。

アイフルの返済に遅れた場合、なにかペナルティはありますか?

返済に遅れるとまず、アイフルから督促が始まります。放置すれば差し押さえに発展する可能性があるので、必ず応答しましょう。また、延滞した日数に応じて遅延損害金が発生したり、追加の借入が制限されます。延滞が長期化すれば、ブラックリスト入りしたり、強制解約されるなど状況はさらに悪化します。

ついうっかり返済を忘れてしまうことがあります。なにか対策はありますか?

アイフルの場合、「自動引落」での返済が可能です。返済日になったら自動的に引き落としされるため、返済を忘れずにすみます。また、返済日の3日前にメールがくる「aiメール」というサービスを無料で利用できるので、合わせて活用してください。

返済自体が厳しくなっています。どうすればいいですか?

返済が厳しい状態なら、家計の支出を見直すなど返済費用が捻出できないか検討しましょう。それでも目処が立たないのであれば、債務整理を検討する必要があります。債務整理は、状況により選択すべき手続きが異なりますので、まずは債務整理に強い弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

アイフルの返済に遅れると、さまざまなペナルティが起こり、そのまま放置していれば、最悪の場合差し押さえなどに発展します。

そうなれば、勤務先を始め周囲に知られる可能性も高くなるなど、状況は更に悪化するでしょう。

もし、返済に遅れるのであれば、まずはアイフルに電話で相談し、ペナルティの影響をできるだけ抑え、アイフルとの信頼関係が損なわれないようにすることが大切です。

また、今後同じような事態に陥らないよう対策をしておくことも重要です。もし、すでに返済が厳しい状況にあるならば、借金問題自体の解決に乗り出す必要があります。

その場しのぎで借金を重ねるなど、誤った対応をすれば、更に状況を悪化させかねません。1人で解決しようとせず、まずは借金問題のプロである弁護士に相談してみてください。

きっと、解決に向けた的確なアドバイスがもらえるはずです。最近では初回相談無料の事務所が多いので、気軽に相談してみましょう。

阿部 由羅
監修者

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]