アイフルのおまとめローンを一括請求された!理由と一括返済が難しいときの対処法

アイフルのおまとめローンを一括請求された!理由と一括返済が難しいときの対処法

突然アイフルのおまとめローンの一括請求がきました。今まで滞納をしたことはないのですが、なぜでしょうか?

アイフルは滞納以外でも規約に違反された方に対して、一括請求を行います。たとえば、他の借金返済に遅れてしまったり、おまとめローン利用中に新たな借り入れをしたりした記憶はありませんか?

そういえば、クレジットカードの返済に遅れていて強制解約になりました。アイフルとは関係ないと思っていたのですが…。どうすれば良いのでしょうか?

アイフル以外の借金でもマイナスな情報がある以上は、アイフルから一括請求される恐れがあります。一括での返済が難しいなら、債務整理を視野に入れた根本解決を検討するべきでしょう。

アイフルのおまとめローンを利用している方の中には、「突然一括請求された」と驚かれている方もいます。しかし実際には、突然ではなく債務者本人に大きな原因があるケースがほとんどです。

借金の滞納をしたとき以外でも、信用情報の著しい悪化等によってアイフルから一括請求されてしまう可能性はあります。そこで今回は、アイフルのおまとめローン利用中に、一括請求をされた理由や一括返済が難しいときの対処法についてお伝えします。

アイフルから一括請求されている方は、早めに対応しておかなければ、法的手続きに移行されてしまうので注意してください。現時点で、アイフルの一括請求を無視、裁判所から手紙が届いている方は要注意です。今すぐに弁護士へ相談しましょう。

>>【相談無料】当サイトおすすめの借金問題に強い弁士事務所はこちら

この記事でわかること
  • アイフルのおまとめローンで一括請求された理由は、かならずしも滞納が原因とは限らない。重大な規約違反等が発生したときにも、一括請求が行われる
  • おまとめローンの残債を一括返済できないと、信用情報機関への事故情報掲載や強制執行は避けられない。早めに対応しておかなければ、自分が苦しい思いをするので要注意
  • おまとめローンを一括請求された時点で、原則一括返済しか認められない。どうしても返済が難しいなら、早めに債務整理を検討して根本解決を目指すべき

アイフルのおまとめローン利用中に一括請求された原因とは?

アイフルのおまとめローンを利用していて、突然一括請求をされてしまった方は、下記のことが原因である可能性が高いです。

  • 支払い遅延による一括請求
  • 申込時に虚偽の申告をした、各種変更報告をしていなかった
  • おまとめローン利用中に新規借り入れをした
  • 信用情報悪化による一括請求

アイフルのおまとめローンの返済に遅れてしまうと、一括請求されてしまう可能性があります。支払い遅延がない方であっても、規約違反や信用情報の悪化によって、一括請求されてしまうこともあるでしょう。

まずは、アイフルのおまとめローンが一括請求されてしまう理由についてお伝えします。

支払い遅延による一括請求の可能性

アイフルのおまとめローン商品では、1回以上の返済遅れでも期限の利益が喪失して、一括請求をされてしまう恐れがあります。これは、おまとめローン契約締結時に、あなた(債務者)も絶対に確認している【おまとめローン契約規約】に記載されている事実です。

期限の利益の喪失とは

期限の利益の喪失とは、期限の利益によるメリットを喪失することを言います。通常、おまとめローン商品を利用されている方は、返済日が毎月1回のみ、決まった金額を支払えば良いです。これは、期限の利益によるものですが、アイフル側の規約に違反した際には、この利益を喪失して残債を一括請求されてしまいます。

「突然アイフルから一括請求が来た」と驚かれている方も、過去を振り返って返済に遅れた経験はないでしょうか?万が一、アイフルのおまとめローンの返済に遅れた経験があるなら、それが原因かもしれません。

ただ一般的には、数日程度支払いに遅れただけで一括請求される可能性は低いです。通常は滞納後に再三の督促をしてもなお、返済されないときに、最終手段として一括請求を行います。

頻繁に滞納されている方、滞納期間が著しく長期間ではないなら、他のことが原因である可能性が高いでしょう。

参考:アイフル「おまとめローン契約規則」

申込時に虚偽の申告をしていたとき・各種変更を報告しなかったとき

アイフルのおまとめローンを利用していた際、虚偽の申告をしたり、各種変更を報告しなかったりしたときは、規約違反により期限の利益を喪失します。

たとえば、少しでも審査に通る可能性を上げるために、年収を多く申告したり嘘の勤務先・勤続年数を報告したりしていませんか?このような事実が発覚すると、一括請求されてしまう恐れがあります。

また、勤務先の変更や住所変更等、報告しなければいけない事実を報告しなかったときも、一括請求されます。とくに、引っ越しによってあなた(債務者)の所在がわからなくなった場合、アイフル側は非常に不安です。

嘘をついたり報告がしたりできない人と、長期的な契約を締結しておくことはできない。早めに債権を回収しよう。と思うのは当然です。何かしらの変更等が発生した際には、遅滞なく報告するようにしましょう。

おまとめローン中の新規借り入れによるペナルティ

おまとめローンを利用中に、他社等から新たな借り入れをしてしまうと、規約違反に該当して一括請求されてしまった可能性があります。実際、アイフルのおまとめローン契約規則に「他者からの借り入れNG」と記載があるわけではありません。

しかし、アイフル以外の貸金業者では規約違反として定められているケースも多いです。「アイフルなら大丈夫」と思われる方がいるかもしれませんが、解釈によってNGになることも考えられます。

たとえば、おまとめローン契約規則では下記のような記載があります。

② 当社からの借入金により事前に届出た借換元へ返済が完了した後、ただちに取引が終了したことがわかる書面(契約書等)を当社へ提出すること

引用元:アイフル「おまとめローン契約規則(第15条 同意・承諾事項)」

つまり、アイフルからの借入金はすべて返済に充てて、それを証明しなければいけません。仮に、形だけ返済したように見せかけて、新規の借り入れをしてしまうと規約違反に該当して一括請求されてしまうでしょう。

実際、法律的には新規契約の申し込みや契約締結は可能です。しかし、アイフルのおまとめローン契約規則に違反することになり、一括請求になり得ます。おまとめローン利用中の借り入れには十分注意してください。

おまとめローンは追加の借り入れができない

アイフルのおまとめローンは一度借りたあとは返済専用になるため、新たな借り入れができません。また、新規の借り入れも難しいとなれば、資金難に陥ったときの対応に苦慮します。

どうしてもお金が必要なら、まずはアイフルへ相談してください。借り入れは難しくても、返済を猶予してもらえる可能性があります。また、今すぐにまとまった資金が必要なら、アイフルに相談のうえで新規借り入れを相談してください。

あなた(債務者)の状況次第では、契約違反に該当しないことも考えられます。無断で勝手なことをして、一括請求されてしまえば元も子もありません。かならず相談・確認したうえで対応を検討してください。

ワンポイント解説
おまとめローンの返済が厳しいなら債務整理を検討

おまとめローン返済が原因で経済的に苦しい思いをされているなら、債務整理を検討してください。アイフルのおまとめローンを利用している以上、新たな借り入れは避けなければいけません。有効な解決方法として、債務整理も視野に入れた検討は必要でしょう。

信用情報の悪化による一括請求の可能性

アイフルのおまとめローン利用中に、信用情報が著しく悪化してしまう事実が発生した際も一括請求される可能性があります。たとえば、携帯電話の割賦料金を滞納してしまった。クレジットカードの支払いに遅れてしまった。などのことが起こると、アイフルから一括請求されます。

アイフルおまとめローン契約規則では、下記のような記載があり、アイフル以外の取引状況も注視していることがわかるでしょう。

当社に対する本契約以外の債務を期限迄に支払わなかったとき

引用元:アイフル「おまとめローン契約規則(第15条 同意・承諾事項)」

「本契約」はアイフルのおまとめローンを指し、「以外」と記載されているのは、アイフルのおまとめローン以外の商品を指します。つまり、何らかの債務(借金)を期限内に支払わなかった際には、アイフルから一括請求をされる恐れがあるでしょう。

アイフルは定期的に信用情報を確認しているため、少しでもマイナスな情報、遅延情報が掲載されているときは注意しなければいけません。携帯料金の著しい遅延、クレジットカード等の支払い遅れに心当たりはないでしょうか。今一度確認してください。

一括請求を払えない場合に生じるデメリット3つ

アイフルのおまとめローン商品に対する一括請求が支払えないときは、下記3つのことが起こり得ます。

  • ①信用情報への事故情報掲載
  • ②厳しい取り立てを受ける
  • ③強制執行の開始

次に、一括請求の返済ができないときに発生し得るデメリットについてお伝えします。

①信用情報への事故情報掲載

おまとめローンの一括請求を支払えない状態が続くと、信用情報へマイナスな(異動)情報が掲載されてしまいます。そもそも、滞納が原因で一括請求されている方は、一括請求以前に事故情報を掲載されているため大きな影響(変化)はありません。

事故(異動)情報掲載に伴い、各種ローン契約ができなくなる

信用情報機関に事故情報が掲載されてしまうと、各種ローン契約の締結や、クレジットカードの作成に影響が出ます。場合によっては、賃貸住宅の入居審査で引っかかってしまう恐れもあります。

債務整理後は5年経過(アイフルの場合)すれば信用情報も回復しますが、一括請求の返済ができない状態が続けば、今後の人生にも影響をあたえます。自分が今何をするべきか、どう行動するべきかをしっかり考えるべきでしょう。

②厳しい取り立てを受ける

アイフルのおまとめローンが返済できないと、つい放置してしまう方も多いでしょう。アイフルからの手紙や電話を無視し続けていると、自宅への訪問や会社への電話連絡による取り立てを受ける恐れがあります。

上記のような取り立ては、あくまでも債務者(あなた)と連絡を取れない場合に行われる行為です。

闇金のような怖い取り立てを受けたり、嫌がらせを受けたりすることは絶対にありませんが、取り立てが精神的なストレスになることは間違いありません。おまとめローンの一括請求が返済できないなら、できないなりの対応を取るべきでしょう。

ワンポイント解説
怖い取り立ては弁護士や警察に相談

アイフルが怖い取り立て、嫌がらせをする可能性は少ないですが、万が一そのような思いをされた方は、第三者(弁護士・警察)へ相談してください。ただし、基本的に警察は民事不介入であるため、金銭トラブルへの介入は行いません(暴力行為等があった場合は別)。
もし、アイフルを名乗る職員の方から厳しい取り立てを受けた、嫌がらせを受けた、という事実がある方は弁護士へ相談してください。

参考:貸金業法「第21条(取り立て行為の規制)」

②強制執行(財産等の差し押さえ)

おまとめローンの一括請求をされたあと、返済できない状態が続けば、最終的には強制執行をされてしまいます。強制執行とは裁判所の手続きによって、債務者(あなた)の財産を強制的に差し押さえられるようにする手続きです。

中には「差し押さえをされるような財産はないけど…」と思われている方もいますが、おまとめローンを利用されている方はかならず、給料があるはずです。会社から支払われる給料も、差し押さえの対象になるため、かならず差し押さえをされると思ってください。

また、給料を差し押さえられてしまうと、会社におまとめローンを滞納していた事実がバレてしまいます。自分自身が惨めな思いをするだけなので、絶対に強制執行は避けるべきでしょう。

強制執行を避ける手段として有効なのが、債務整理です。強制執行前ならいずれの債務整理手続きでも差し押さえを回避できます。一括請求された時点で返済できる見込みがないなら、すぐに弁護士へ相談のうえで債務整理を検討してください。

アイフルのおまとめローンの一括請求が払えない場合の対処法は?

アイフルの一括請求が払えない場合には、各状況に応じて下記のことを検討してください。

  • 債務整理の検討
  • アイフルへ分割の相談

基本的に、期限の利益を喪失して一括請求された時点で、一括返済しか認められません。改めて分割で支払いを進めてきたいなら、法的手続きによって強制的に分割するか、アイフルと交渉をするしかないでしょう。

最後に、アイフルのおまとめローンが一括請求されたときの対処法についてお伝えします。

支払い遅延による一括請求なら今すぐ債務整理の検討が必要

支払い遅延による一括請求なら、今すぐに弁護士へ相談してください。そもそも、「返済遅延=支払い不可能」な状態に陥っていることを理解しなければいけません。

アイフルと交渉をして分割払いが認められたとしても、いずれ同じことを繰り返します。流石の2回目はアイフル側も分割払いには応じず、一括返済一択になるでしょう。万が一そうなると、債務整理で分割払いを目指すしかありません。

遅かれ早かれ「債務整理をする」という未来が見えているなら、早めに債務整理手続きを行って再起を目指すべきです。債務整理に対する後ろ向きなイメージを持たれている方も多いですが、借金を清算してリスタートさせるための有効な手段です。

おまとめローンの返済ができない現実を受け止め、早期に債務整理手続きを行うことで、確実に前へ進み出します。1日でも早く債務整理でおまとめローンの一括請求を分割に変更してください。

任意整理なら分割での支払いが可能

債務整理にはいくつかの種類があります。なかでも任意整理はアイフルとの交渉手続きであり、裁判所を介さない分比較的簡単に手続きを進められるでしょう。

任意整理が成立すれば、多くの利息をカットできる可能性があります。しかし、アイフルは消費者金融の中でも、和解条件が厳しい傾向です。かならずしも、自分の思い通りなるとは限らないので注意してください。

ワンポイント解説
アイフルは取引実績に応じて和解条件が変わる

アイフルは取引実績が短い方等に対しては、厳しい和解条件を提示します。たとえば、利息の一部を残したまま。返済期間を3年以内など。あとは、弁護士の腕次第というところです。確実な分割払いを目指すならかならず任意整理に強い弁護士へ依頼してください。

もう借金が返せない状態であれば自己破産で借金をゼロに

借金を返せない状態に陥っているなら、今すぐに自己破産を検討してください。自己破産とは、裁判所に対して借金の返済が困難であることを申し立て、借金を免責(免除してもらうこと)してもらうことです。

アイフルのおまとめローンはもちろん、その他の抱えている借金があるなら、すべて清算できます。確実なリスタートをできるため、少しでも借金生活から解放されたいと感じている方は、自己破産を検討してください。

もちろん、自分が今何をするべきか?どの債務整理を検討するべきか?今すぐに決定する必要はありません。比較検討をしたうえで、自分に合った手続きを始められれば良いでしょう。

とにかく、アイフルのおまとめローンが一括請求されたことによって、抱えているストレスから解放されるために弁護士へ相談してください。あなたに最適なプランや債務整理方法を提案してくれるでしょう。

信用情報の悪化が原因の場合も債務整理を

アイフルのおまとめローン以外の借金を滞納し、一括請求された方も債務整理を検討するべきです。アイフルの借金に限らず、何かしらの借金返済ができない状態は、完全に行き詰まっているサインでしょう。

今すぐに、借金を返済できるだけの給料等を増やせるなら、その場凌ぎの対応でアイフルに相談しても良いですが、そうではないなら債務整理をするべきです。仮に、会社に対して「今月から給料を3万円あげてください」と伝えたところで、上がる人はほぼいないでしょう。

その現実がある以上、「信用情報の悪化(返済遅延)=限界(キャパオーバー)」を認めざるを得ません。遅かれ早かれ債務整理の未来が見えている以上、今すぐ検討すべきでしょう。

軽微な規約違反ならアイフルに分割の相談をしてみる

申し込み時の申告漏れや、記憶違いによる返済日の遅れ等で一括請求されたなら、まずは訂正したうえで一切悪気がなかったことを伝えましょう。その後、アイフル側に分割の相談をしてみる価値は十分にあります。

万が一、アイフル側が断固として分割払いには応じない。という姿勢を示すなら、弁護士に相談のうえで任意整理交渉を始めれば良いです。

ただ実際には、アイフル側も相当な規約違反がない限りは、一括請求をしません。「数日程度支払いに遅れてしまったけど、すぐに支払いを済ませた」「勤め先記入欄の【株式会社】の前後を間違えた」などのことで一括請求をされる心配はないでしょう。

万が一、一切心当たりがないにもかかわらず、アイフルのおまとめローンを一括請求されたなら、アイフルへ相談してください。じつは、大きな規約違反をしてしまっていた。というケースもあり得ます。

心当たりがない方、心当たりはあるけど軽微な規約違反である方は、まずアイフルへ相談。そのうえで、アイフルが応じないなら弁護士へ相談するという流れが一番良いでしょう。

まとめ

今回は、アイフルのおまとめローンを利用されている方が、一括請求された理由、返済できないときの対処法等についてお伝えしました。

アイフルから一括請求される主な理由は、おまとめローン契約規則に違反する行為があったと認められるときです。かならずしも滞納があったわけではなく、虚偽の申告をしたり信用情報が悪化したりなど、あらゆる事情で一括請求が発生する恐れがあります。

万が一、一括請求されたのに返済できなければ、信用情報期間への事故情報掲載や強制執行は避けられません。返済ができないと分かった時点で、早めに債務整理等の根本解決を目指すべきでしょう。

【Q&A】アイフルのおまとめローンで一括請求された?その理由と対処法とは?

アイフルのおまとめローンで一括請求されました。心当たりがないのですが、なぜでしょう?

アイフルのおまとめローンは、返済遅延はもちろんのこと、その他規約違反が発生した際に一括請求をされる恐れがあります。自分では心当たりがなくても、何らかの違反が発生している可能性を疑ってください。詳しくは本記事でお伝えしています。

おまとめローンの一括請求が支払えないとどうなりますか?

一括での返済が難しいと、信用情報への事故情報掲載や強制執行(財産の差し押さえ)が行われてしまいます。

一括請求されたけど返済できません。どうしたら良いのでしょうか?

一括請求された時点で、原則一括返済のみです。返済できないなら、債務整理等を利用して分割払いに変更するか、借金そのものを免責してもらうしか選択肢はないでしょう。