アコムから一括請求が届いた!このまま払えないとどうなる?対処法を解説

アコムから一括請求が届いた!このまま払えないとどうなる?対処法を解説

アコムから一括請求が届きました。とても一括で返済できないのですがどうしたら良いでしょうか?

アコムから一括請求がきた時点で、一括返済しか認められないため、基本的には資金を準備して完済を目指すしかありません。ただし、唯一分割払いあるいは借金を無くす方法として、債務整理があるので返済できないときは検討してください。

債務整理ですか…。もし仮に、このまま一括請求を放置したり無視したりしていたらどうなりますか?

一括請求をしていると、最終的には強制執行(財産や給料の差し押さえ)をされてしまいます。そうならないためにも、早めに債務整理等の検討をするべきでしょう。

アコムからの借金を滞納していた結果、一括請求をされてしまった方。「一括での返済は難しい」というのが本音でしょう。しかし、一括請求をされてしまった時点で、原則一括返済しか認められません。

唯一、アコムからの一括請求を分割等に変更する方法は債務整理しかありません。債務整理をすることで分割払いへの変更が可能であったり、借金そのものの減額ができたり、メリットが多いのも特徴です。

もしも「どうせ支払えないから」と言って一括請求を放置していると、そう遠くない時期に法的手続きへの移行から強制執行が始まるでしょう。一括請求はアコムからの最終通告であることを認識してください。

そこで今回は、アコムから一括請求がきたけど払えないときはどうすれば良いのか?についてお伝えします。万が一、一括請求がきて相当な期間が経過している方は、法的手続きに移行される(されている)可能性が高いです。

法的手続きへの移行後は、強制執行までの期間が短かったり、債務整理をしようとしても任意整理が認められなかったり不利益が生じます。可能なら、一括請求がきた時点ですぐに弁護士へ相談してください。

>>【相談無料】債務整理に強い弁護士はこちら!いますぐに相談して強制執行を回避しよう

この記事でわかること
  • アコムから一括請求がきた時点で、原則一括返済しか認められない。一括での支払いが難しいときは、債務整理等を検討して確実な完済を目指したほうが良い
  • アコムからの一括請求を払えないで放置したり無視したりしていると、最終的には強制執行(給料や財産の差し押さえ)に至る可能性が高い。一括請求がきた時点で早めに対応しておかなければ、選択肢の幅も狭まるので要注意
  • アコムは数年以上ぶりに一括請求を送付してくることもある。万が一、数年ぶりに請求がきた場合には、すぐに対応せず消滅時効の成立要件を確認すべき。5年以上経過していれば消滅時効の成立要件を満たしている可能性が高い

アコムからの一括請求は一括返済しか認められないのか?

アコムから一括請求をさされたけど払えないときは、真っ先に「どうしよう?分割払いに変更できないのだろうか?」と考えるでしょう。

結論から先に言ってしまえば、アコムから一括請求が来た時点で返済方法は一括のみ。分割払いは基本的に認められません。とはいえ、一括で返済できる資力がなければ、一括返済は不可能でしょう。

まずは、アコムから一括請求されたら一括返済しか認められないのか?分割払いへの変更方法はあるのか?についてお伝えします。

原則一括返済しか認められない

アコムから一括請求が来ている時点で、期限の利益を喪失しているため原則一括返済しか認められません。

債務者(あなた)がアコムからの借り入れに対して、毎月分割で返済するのを許されていた理由は「期限の利益」によるものです。期限の利益とは、あなたの信用や借り入れ金額を元に「毎月◯日までに返済をすれば良いですよ」という利益のこと。

これによってあなたは借り入れした全額ではなく、借り入れ金額の一部を返済することで、借金の返済を猶予されていました。つまり、期限の利益はあなたとアコムの間で発生している「信頼関係」によって成り立っています。

しかし、あなたがアコムとの約束を一方的に破り(あるいは重大な規約違反)、滞納をしてしまった結果、期限の利益を喪失してしまったのです。そのため、アコムからあなたに対する信頼は一切ないため、一括請求=一括返済しか認められません。

また、アコムとの金銭消費貸借契約時にはかならず「AC会員規約」の確認を求められ、あなたは同意しているはずです。その規約によれば、下記の通り記載されています。

第12条(期限の利益の喪失)
ショッピング等の利用代金について支払期日に弁済金の支払を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めてその支払を書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき。

引用元:アコム「AC会員規約」

つまり、あなたがAC会員規約に同意して契約を締結している以上、アコム側の請求に応じるしか選択肢はありません。よって、一括請求された時点で一括返済一択となるでしょう。

債務整理を行えば分割払いに戻すことは可能

アコムから一括請求がきたあとでも、債務整理をすれば分割払いに変更できる可能性があります。中でも任意整理手続きは比較的簡単に手続きを開始でき、スムーズに分割払いへ変更できる可能性が高いです。

任意整理とは

任意整理とは、弁護士等を介してアコムに対して「このままでは借金の返済ができないので、借金をカットしたうえで分割払いに変更をしてほしい」と交渉する手続きです。任意整理によってアコムとの和解が成立すれば、経済的メリットおよび分割払いへの変更が可能になるでしょう。

任意整理でアコム側に和解交渉を持ちかけ、和解が成立することによってあらゆる利息(現在までに発生している利息や今後発生する利息)をカットできる可能性が高いです。そのうえ、残債を3年〜5年かけて無理なく返済できるため、一括返済が難しい方にはおすすめの債務整理手続きです。

なぜ、期限の利益を喪失して一括返済しか認められないのに、任意整理によって分割払いに変更できるのか?その理由は、任意整理手続きを開始することによってアコム側が感じる2つのことが大きく関係しています。

任意整理で分割払いに変更できる理由
  • 主債務者と直接連絡が取れなくなるから
  • 少しでも多くのお金を回収したいと思うから

まずひとつ目は「主債務者と直接連絡が取れなくなるから」です。貸金業者であるアコムは、貸金業法という法律に従って営業を行わなければいけません。

その貸金業法には、「債務者が債務の処理を司法書士や弁護士に委託した場合は、債務者に直接連絡を取る等の行為ができない」と言った内容の記載があります。

参考:貸金業法「第21条(取立て行為の規制)」

つまり、あなたが弁護士等に任意整理を委託した時点でアコムは、弁護士の話を聞かざるを得なくなります。そして弁護士等は、あなたの債務解決を図るべく、あらゆる交渉手段を用いてアコムとの和解を目指します。

その結果、アコムは「少しでも多く債務(借金)を回収するためには、ここで和解に応じておこうか…」となり、利息カットや分割払いに応じるようになるのです。

では、個人で行っても結果は同じではないか?と思う方がいるかもしれませんが、弁護士が持つ引き出しや交渉術、取り立ての可否等を加味すれば、個人では難しいと考えるべきでしょう。

ワンポイント解説
アコムは任意整理に応じやすい

任意整理はあくまでも交渉であるため、中には「任意整理は絶対に応じない」という姿勢の債権者もいます。しかし、アコムは債務者の状況に応じて柔軟な対応をすることでも有名です。よって、任意整理による和解交渉も比較的進めやすいでしょう。

アコムからの一括請求が払えないときに検討すべき3つの対処法

アコムからの一括請求が来たけど払えないときは、下記3つの対処法を検討してください。

  • 不用品の売却で一括返済資金を準備
  • 分割で返済できる能力があるなら、アコムへ相談してみるのも良い
  • 債務整理で借金の減額・分割や免除を目指す

次に、アコムからの一括請求が払えないときの対処法についてお伝えします。

不用品の売却で一括返済資金を準備

アコムから一括請求をされている金額が、少し無理をすれば手が届く範囲なら、不用品の売却を検討してください。わずか数万円〜数十万円程度のために、強制執行(給料や財産の差し押さえ)や債務整理等による影響を受ける必要はありません。

自分からはガラクタに見えるようなものであっても、マニアやニーズがある品物が隠れている可能性は十分にあるでしょう。とはいえ、アコムから一括請求が来た時点で期限が定められているため、期間的猶予は少ないです。早めに不用品等を売却して資金準備を進めたほうが良いでしょう。

アコムの借金を返済するために新たな借金をするのはNG

多少の無理をすればアコムの一括返済が可能な範囲。であったとしても、人からお金を借りるのだけは可能な限り避けたほうが良いでしょう。少なくとも、アコムから一括請求が来ている時点で通常の消費者金融等からの借り入れはできません。

よって、必然的に友人や家族等からお金を借りる流れになるでしょう。しかし、現時点で借金を返済できていない方が、新たな借り入れをしたところで返済をできる見込みはとても薄いです。

万が一、個人からお金を借りて返済できなくなれば、信頼関係を失ってしまい個人間の関係悪化にもつながるでしょう。家族や友人等のことを「無形資産」と呼ぶこともあります。目先のお金に釣られて資産を失う行為は避けるべきでしょう。

分割で返済できるならアコムへ相談をしてみる

期限の利益を喪失している時点で可能性は限りなく低いですが、アコムに相談をすることで分割払いに変更できる可能性はあります。

アコムでは一括請求に至るまでの利用実績や信用等に応じて、相談には乗ってくれるため「分割払いならなんとか支払える…」という方は相談してみる価値はあるでしょう。とはいえ、仮に分割にできても条件はとても厳しいでしょう。

あなたに対する信用がない以上、アコムはできるだけ早く多くの金額を回収したいと思うのは当然です。その結果、毎月の返済額が多額になったり、利息はしっかり請求されたりするでしょう。

一括請求が来ている時点で信用情報にも事故情報が掲載されているため、どうせ分割払いに変更するならば、任意整理を検討されたほうが良いです。債務整理であれば、分割払いにできるうえに無理のない範囲内で返済を続けられます。

債務整理で分割払いへの変更や借金の免除を検討

アコムからの一括請求に一括で返済できないならば、債務整理で解決を目指したほうが良いでしょう。債務整理をすれば借金額に関係なく、分割払いや利息のカット、元金そのもののカットあるいは全額免除(免責)が可能です。

とくに、任意整理を選択することによって、アコムからの一括請求を分割返済に変更できるのはメリットが大きいでしょう。さらに、あらゆる利息もカットできるため、経済的なメリットも絶大です。

その他、個人再生を選択すればアコム以外からの借金もすべて大幅な圧縮が可能。最大で100万円まで借金を減額できるため、総借金額が多い方にはおすすめの手続きです。

そして、自己破産をすればアコムからの借金はもちろん、現在抱えているすべての借金を免責(免除すること)にできます。すべての借金を精算してリスタートしたい方には、とてもおすすめの債務整理手続きです。

いずれの債務整理手続きであっても、実際に手続きを開始することで分割払いや減額、免除に期待ができます。このまま何もせずにただただやり過ごすよりは、確実に良い選択となるでしょう。

ワンポイント解説
まずは弁護士へ相談することが大切

債務整理をするか否かに関係なく「アコムから一括請求が来たけど払えない」という事実がある時点で、弁護士へ相談してください。あらゆる方法や見地からあなたに最適な借金解決方法を提案します。まずは、弁護士へ相談して根本的な解決方法を探りましょう。

【危険】アコムからの一括請求を払えないとどうなる?

アコムから一括請求が届いているにもかかわらず、払うことができずに放置したり無視したりしていると、下記のことが起こり得るでしょう。

  • 永久的にローン契約等ができなくなる
  • 高額な遅延損害金が発生し続ける
  • 「アコム」名義で電話がかかってくる可能性がある
  • 最終的には給料や財産を差し押さえられる

次に、アコムからの一括請求を払えないとどうなるのか?についてお伝えします。

永久的にローン契約等が締結できない

アコムから一括請求を受けているということは、アコムからの借り入れに滞納していることになります。そのため、個人信用情報機関には延滞情報が更新され続けているでしょう。

借入金の滞納による信用情報は、滞納解消から5年間掲載され続けます。つまり、「一括返済ができない=半永久的にマイナスな情報が掲載され続ける」を意味し、滞納が続いている間は必然的にローン契約等が難しくなるでしょう。

また、アコムは3社ある信用情報機関(CIC・JICC ・KSC)のうち、CICとJICCに加盟しています。そのため、どちらかひとつで事故情報が消滅しても、いずれかひとつで残っていれば、ローン審査にはほぼ通りません。

今後の生活にも影響を及ぼす恐れがあるので、早めに対応しておいたほうが良いでしょう。

高額な遅延損害金を請求される

アコムは約束の返済日を過ぎた日から、年率20%の遅延損害金が発生しています。当然、一括請求がきたときはそれまでの損害金が請求されていますし、請求後もあなたが実際に完済するまでは発生し続けます。

仮にあなたがアコムから100万円を借りていたとしましょう。アコムの場合は滞納から3か月〜4か月程度で一括請求が届くため、この時点で発生している遅延損害金は49,315円(90日計算)〜65,753円(120日計算)です。

もしも一括請求がきたあともしばらく返済ができなければ、簡単に10万円を超えてしまうことになるでしょう。100万円の借金でしたら1日あたり約548円の遅延損害金が発生しています。早めに対応しておかなければ、借金の額が日に日に膨れ上がっていくことになるでしょう。

「アコム」名義で電話がかかってくることもある

通常、アコムがあなたの個人や自宅への電話、あるいは会社へ電話をするときは担当者の「個人名」で電話をかけてきます。たとえば「〇〇(個人名)と申しますが〇〇様の携帯でよろしかったでしょうか?」のように…。

もちろん会社や自宅へ電話をかけてくるときも、プライバシーの観点から個人名で電話をかけます。ところが、アコムからの一括請求が届いているのにも関わらず放置をしていると、「アコム」を名乗って電話をかけてくる場合があるので注意してください。

万が一、家族や会社の同僚、上司等が電話をとってしまえば、あなたがアコムと取引をしている事実がばれてしまいます。おそらく、借金に関することはできるだけ隠しておきたいと考えている方がほとんどでしょう。周囲に借金問題がばれないためにも、早めの対応を心がけてください。

最終的には強制的に財産を差し押さえられる

アコムからの一括請求を払えない状況が続くと、最終的には強制執行(給料や財産の差し押さえ)が始まります。とくに、給料が差し押さえられてしまうことによって、会社に借金を滞納している事実がばれたり、生活費が不足したりするリスクがあります。

一括請求はアコムからの最終通告を意味し、万が一、記載されている期日までに一括で返済ができなければ、法的手続きに移行されるのも時間の問題です。

その後はとんとん拍子でことが進んでいき、すぐにでも財産調査から財産の差し押さえ、給料の差し押さえが起こり得ます。会社や家族へばれる可能性や今後の生活のことを考えれば、強制執行に至る前に解決しておくことが大切でしょう。

アコムの滞納から数年後に一括請求が来たらどうするべき?

ある日突然、アコムから一括請求がきて驚かれている方もいるでしょう。万が一、数年ぶりにアコムから一括請求がきた際には、すぐに支払いに応じるのではなく、滞納から何年経過しているか確認してください。

滞納から5年以上経過していれば、消滅時効が成立している可能性もあります。
次に、「アコムから突然一括請求がきたけど払えない。そもそも払う必要はあるのか?」についてお伝えします。

アコムは滞納から数年経過後でも突然一括請求を行う

アコムは回収が困難な債権を無理して追わないことも稀にあります。たとえば、債務者(お金を借りている側)が引っ越しをして所在が不明になった。電話番号を変えて連絡先が不明になった。転職をして職場の連絡先がわからなくなった。などのときです。

貸金業者であり債権者であるアコムは、たとえ債務者の所在や勤務先が不明になっても、調査をして所在を突き止めることはできます。しかし、実際に調査をして所在や電話番号を調べるにしても、相当な労力と期間を要するため、言ってしまえば半分諦めてしまうことも稀にあるのです。

借金額が少なかったり、一切の情報が不明になったりなど、費用対効果が見込めなくなれば追わないことがあると思っておいてください。ただし、アコム側も完全に諦めたわけではないため、何らかの事情で債務者の所在が判明したときには、一括請求を行うことがあります。

仮に、滞納開始から数年〜10年以上経っていたとしても、ダメもとで送付する可能性は十二分に考えられますし、実際に起きています。万が一、突然の請求に驚いて支払いをしたり、返済を約束したりすれば、改めて支払い義務が発生するので注意してください。

滞納から5年以上経過しているなら消滅時効が成立する可能性あり

滞納開始日(約束の返済日の翌日)から5年を経過すると、消滅時効の成立要件を満たします。債務者がアコムに対して、消滅時効の援用を行えば、アコムからの一括請求に対して返済を行う必要はなくなります。

消滅時効とは?

消滅時効とは、債権者(アコム)が債務者(あなた)に対して一定期間、債務の弁済(借金返済)を請求しなかった場合に債権者の権利を消滅させる制度です。
参考:民法「第166条(債権等の消滅時効)」

消滅時効は下記のいずれかを経過した時点で成立要件を満たします。

  • 債権者が権利を行使できるときを知ったときから5年経過時点
  • 権利を行使できるときから10年経過したとき

アコムは貸金業者であり、返済日等を管理しています。よって「債権者が権利を行使できる時を知ったときから5年」が適用されます。つまり、返済日の翌日(滞納開始日)から5年経過時点で消滅時効の成立要件を満たします。

権利を行使できるときから10年経過したときはどんなとき?

「権利を行使できるとき」とは「不確定日時に発生し得るとき」を指します。たとえば、あなたが債権者に対して「私が昇進して部長になったらお金を返すよ」と伝えていたとき、債権者はあなたが部長になった日時を知りません。よって「権利を行使できるとき(借金返済を請求できるとき)」を知らないわけです。

そのため、あなたが部長になった日から10年経過するまでは時効の成立要件を満たしません。ただし、あなたが債権者に対して「私は部長に昇進しました」と伝えた場合は、そのときから5年で消滅時効の成立要件を満たします。

消滅時効は期間の経過に伴って自動的に消滅するものではありません。あなたが債権者(アコム)に対して、時効の援用をして初めて消滅時効が成立します。

時効の援用とは、あなたがアコムに対して「時効の援用をします」と伝えるのみ。すごく簡単に見えますが、失敗すると時効を更新(下記参照)してしまったり、時効の援用ができなかったりします。

時効を援用する際にはかならず、弁護士等の専門家へ依頼したほうが良いでしょう。時効援用費用は数万円程度です。一括請求された残債がすべてなくなることを考えれば安い金額と言えるでしょう。

時効の更新とは?

時効の更新とは、時効成立までの起算日を更新することを言います。通常、滞納開始日から5年経過すれば消滅時効の成立要件を満たします。ところが、下記のことが起こった場合には、起算日がその日に更新されてしまいます。

  • 債務の承認
  • 裁判上の請求(裁判所からの督促状等)
  • 強制執行等

とくに注意すべきは「債務の承認」です。たとえば、アコムからのしつこい取り立てに折れて「◯月◯日までにお支払いをします」と伝えたり、実際に支払ったりした場合です。債務(借金)の存在を認めたことになるため、時効が更新されてしまいます。

その他、アコムが法的手続きに移行した場合も時効が更新されるので注意してください。なお、アコムから催告書を受け取った場合も催告時から6か月間だけ時効を更新されます。

まとめ

今回は、アコムからの一括請求が払えないとどうなるのか?正しい対処法とは?いついてお伝えしました。

アコムから一括請求がきてしまった時点で、原則一括返済しか認められません。とはいえ、今までアコムからの借金を滞納していた方が、突然一括請求をされても支払いは難しいでしょう。

どうしてもアコムからの一括請求を払えないときは、債務整理を検討して分割払いや借金の免責を狙ってください。「どうせ払えないから」と言って放置をしていると、そう遠くない時期にかならず法的手続きに移行されてしまいます。

法的手続きに移行されてしまえば財産や給料の差し押さえは避けられませんし、家族や会社にも借金を滞納していた事実がばれてしまうでしょう。とにかく早め行動を取ることで、最悪の事態を避けられます。

債務整理は家族にもばれることなく手続きを始められるため、アコムから一括請求がきた時点で、弁護士へ相談されてみてはどうでしょうか。

【Q &A】アコムから一括請求がきたけど払えない…そんなときの対処法とは?

アコムの借金を滞納していたら一括請求をされてしまいました。このまま放置していたらどうなるのでしょうか?

一括請求は、アコムから直接届く最終通告と思ってください。このまま一括請求を無視したり放置したりしていると、最終的には強制執行(財産や給料の差し押さえ)に至る恐れもあります。本文でも詳しくお伝えしているのでぜひ参考にしてください。

アコムから一括請求がきているけど払えません。どうしたら良いでしょうか?

一括請求=一括返済のみなので、返済できない方がいるのも当然です。とはいえ、請求がきている以上は返済をしなければいけません。

分割で支払える見込みがあるなら、任意整理を検討すれば良いでしょう。もしも、分割での返済も難しいなら、自己破産を視野に入れた検討が必要になります。いずれにせよ、まずは弁護士へ相談された方が良いでしょう。

アコムから一括請求がきました。身に覚えがないのですがどうしたら良いでしょうか?

アコムは突然(数年〜数十年以上前の借金)一括請求を送ってくることがあります。過去を振り返ってみて、アコムからの借り入れをされた経験はないでしょうか?もしも、心当たりがあるならば、滞納から何年経過しているか確認をしてください。5年以上経過している場合は、消滅時効を利用できる可能性があります。

また、絶対に心当たりがないという方は、アコムへ確認をされてみると良いでしょう。現状で「アコム」を語って架空請求をする業者も存在しています。念のために、アコムへの問い合わせを確実に実施してください。

アコムのお客様相談センター
0120-036-390

参考:アコム「当社を装った詐欺の手口」