300万円の借金は任意整理でこれだけ減らせる!返済年数や借入社数別の減額シミュレーションを行なった結果は?

借金300万 任意整理

総額で借金300万円にまで膨れ上がってしまったのですが、毎月の返済負担が厳しいです。任意整理を利用すれば返済は楽になりますか?

任意整理を利用すれば利息や遅延損害金がカットされるので、債務者には元本の完済だけが求められます。結果として、毎月の返済負担を減らすことも可能です。

返済負担が軽減されるのはありがたいです。どうすれば任意整理を利用できますか?

債務者自身で任意整理は利用できますが、弁護士に相談するのがおすすめです。任意整理は債権者と直接交渉するものなので、いかに交渉を上手く進められるかによって得られる結果が変わる可能性があるからです。まずは弁護士までご相談ください。

消費者金融などから高利率条件で借入れを繰り返すと借金総額が300万円にまで膨れ上がってしまい、毎月の返済がかなり厳しくなることもあるでしょう。

「契約書通りに返済を続けるのが難しい」「とても完済できそうにない」という状況にあるのなら、任意整理を利用して返済負担を軽減するのがおすすめです。

なぜなら、任意整理を利用すれば今後発生する利息や遅延損害金がカットされるので、数十万円から百数十万円の減額が見込めるからです。

また、毎月の支払額は1〜5万円カットできる可能性が高いので、まずは任意整理に強い弁護士に相談するようにしてください。

当サイトでは、任意整理の実績豊富な法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してくださいね。

>>【全国対応&24時間無料相談】任意整理に強い法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • 借金300万は任意整理で数十万円以上の利息減額効果を得られる。
  • 消費者金融などからの借金は高利率条件で貸付けが行われていることが多いので、利息・遅延損害金がカットされるだけでも債務者に生じるメリットは大きい。
  • 任意整理を効果的に進めるには弁護士に相談するのがおすすめ。任意整理では債権者と直接交渉する必要があり、有効に交渉を進めなければ債務者にとってメリットの大きい任意整理計画案をまとめられない可能性があるから。

元本300万円の借金は任意整理で数十万円から百数十万円の減額が可能!

借金300万円は決して少ない返済負担ではなく、厳しい毎月の返済を一定期間継続する必要があります。

もちろん、消費者金融などから借り入れたときの契約条件通りに返済を継続できるのであれば何も問題はないのですが、「毎月の返済額を捻出するのが難しい」「今月は返済できたが来月は無理かも…」「他から借金しないと返済期日に間に合わない」という債務者も決して少なくないはずです。

このような厳しい状況に追い込まれている債務者には任意整理がおすすめです。

なぜなら、任意整理を利用すれば、毎月の返済額が減額されるだけでなく、返済期間の短縮化、そして、返済総額の大幅な減額を実現できるからです。

これらの点について、以下3項目に沿って解説します。

  • 任意整理を利用すれば利息・遅延損害金がカットされる
  • 任意整理をした場合とそのまま返済した場合の返済額の比較
  • 毎月の支払額は1〜5万円カットできる可能性が高い

それぞれの項目を通して、任意整理を利用することで債務者の負担が大幅に軽減されることを実感してください。

任意整理を利用すれば利息・遅延損害金がカットされる

任意整理とは、国が認めた借金減額制度である債務整理手続きの1つです。

自己破産・個人再生は裁判所を利用して手続きを進めるものですが、任意整理では裁判所を利用せずに当事者間で今後の返済状況を作り直して完済を目指すことになります。

裁判所を利用しない債務整理なので債権者を強制的に交渉のテーブルに引き出すことはできませんが、多くの場合において債権者は交渉に応じてくれますし、利息・遅延損害金の支払いが免除されます。

一般的に、消費者金融などの貸金業者が融資をする際の利息や遅延損害金はかなりの高利率で算出されるものなので、利息・遅延損害金の支払いが免除されるだけでも債務者にとっては大きなメリットが生じると考えられるでしょう。

※任意整理については、「任意整理で月返済額を約1/2に!財産を残せて家族にバレずに手続きできる」で詳しく解説しているのでご参考ください。

任意整理をした場合とそのまま返済した場合の返済額の比較

任意整理をすれば利息と遅延損害金の返済が免除されるのが一般的ですが、「借金の元本は減額されないの?」と考える債務者もいるでしょう。

もちろん、債権者側の同意を得られる限りで借入れた元本の減額が認められるケースもありますが、余程の事情がない限りは借金元本の返済は必要とお考えください。

たしかに、元本が免除されるかどうかの観点からは、任意整理は借金総額の大幅な減額が可能な”個人再生”や借金の返済義務がほとんどすべて帳消しになる”自己破産”と比べると見劣りします。

しかし、利息や遅延損害金の支払いが免除されるだけでも大きなメリットが得られるという点を見落としてはいけません。

そこで、以下では具体的なモデルケースに沿って、任意整理を利用せずに借金300万の完済を目指した場合と、任意整理を利用して借金300万円の完済を目指す場合を比較して、任意整理で得られるメリットや実際の返済感を把握していきましょう。

300万円の借金をそのまま返済した場合

まずは、借金300万円を任意整理なしで契約通りに返済したときに、債務者がどの程度の返済負担を強いられるのかを確認してみましょう。

消費者金融などから借金をする際には、借入れ金額に応じて利息制限法の上限金利がかわってきます。

そこで、以下2例に沿って、総額300万借金をしたケースについて、返済期間に応じた利息総額・総支払金額・毎月返済額・年間返済額を整理します。

  • 【具体例1】1社から300万円借金(利率15%)した場合
  • 【具体例2】1社から200万円(利率15%)、2社から50万円ずつ(利率18%)借金した場合

なお、契約上の諸条件によって返済額等には差異が生じるので、詳しくは弁護士などの専門家にご相談ください。

【具体例1】1社から300万円借金(利率15%)した場合

まずは、1社から300万円を借り入れたときの返済パターンについてです。

【1社から300万円借金(利率15%)した場合】
返済期間 利息総額 総支払金額 毎月返済額 年間返済額
3年 743,842円 3,743,842円 103,995円 1,247,940円
5年 1,282,167円 4,282,167円 71,396円 856,752円
7年 1,862,782円 4,862,782円 57,890円 694,683円
10年 2,808,058円 5,808,058円 48,400円 580,800円

返済期間が短いほど利息総額は少なくなりますが、300万円の借金について3年で完済を目指すというハードなスケジュールを組んだとしても、利息総額は約74万円です。

つまり、借金元本300万円に加えて、約74万円の利息を余計に負担しなければいけません。

また、短期間で完済を実現するには毎月の返済額が多くなりますが、家計の事情によっては毎月の返済負担額を減らして比較的ゆとりのある状況で完済を目指したいという債務者もいるでしょう。

しかし、例えば借金元本300万円を10年計画で完済する場合には、毎月の返済額が約5万円程度に抑えられるものの、利息総額だけで約281万円を余計に負担する必要があります。

ここから言えるのは、次の3点です。

  • 借金300万円になると返済期間を短縮しても利息総額が高額になる
  • 借金300万円を短期間で返済しきるには毎月の返済額が10万円以上になる
  • 借金300万円の完済までには利息総額だけで百万円を超える場合もある

任意整理を利用すれば、表に現れている利息総額がカットされるだけではなく、厳しい返済状況に追い込まれた結果生じる遅延損害金の支払いも免除されるので、返済負担が大幅に軽減されます。

「任意整理では利息が減額されるだけか…」「借金元本が減額されないのでは意味がないのでは?」と考える債務者もいるかもしれませんが、利息・遅延損害金がカットされるだけでも減額効果は大きいと考えられるので、ぜひ弁護士にご相談ください。

【具体例2】1社から200万円(利率15%)、2社から50万円ずつ(利率18%)借金した場合

次は、1社から200万円(利率15%)、2社から50万円ずつ(利率18%)、合計300万円借入れたときの返済パターンについてです。

【1社から200万円(利率15%)、2社から50万円ずつ(利率18%)借金した場合】
返済期間 利息総額 総支払金額 毎月返済額 年間返済額
3年 797,390円 3,797,390円 105,483円 1,265,797円
5年 1,378,398円 4,378,398円 72,973円 875,679円
7年 2,007,358円 5,007,358円 59,612円 715,336円
10年 3,034,261円 6,034,261円 50,286円 603,426円

1社から300万円を借り入れている場合には利息制限法の上限金利の関係から年利15%を上限として借入れができますが、100万円未満の借入れなら上限金利が18%になるので、1社からの借入れよりも返済状況は厳しくなります。

特に、借金返済で苦しんでいる人の中には、借金返済のために別の消費者金融などから借入れをして自転車操業状態に陥っているというパターンも少なくありません。

すると、10年で完済を目指すような場合には、借金元本額よりも多い利息総額を支払わなければいけない状況にも追い込まれます。

ただし、任意整理を利用すれば、利率条件や債権者の数にかかわらず借金元本のみの返済に引き直すことができるので、1社から借入れをしたのと同じ状況を作り出すことができるでしょう。

したがって、厳しい金利条件で借金返済を強いられている債務者ほど任意整理がおすすめと考えられます。

任意整理をすれば借金300万の元本の返済だけで良い

任意整理を利用すれば、利息と遅延損害金の支払いが免除され、借金元本の返済だけで良くなります。

そして、一般的な任意整理では3~5年の期間で完済を目指すようなスケジュールが組まれるので、長期間返済に苦しみ続けることなく、3~5年で借金300万円を支払うことだけに集中すれば足りるということになります。

では、任意整理を利用して借金300円の元本だけを返済するにはどのような負担状況になるのかを確認してみましょう。

【任意整理を利用した場合の完済までの期間と返済額】
返済期間 年間返済額 毎月返済額
3年 100万円 約8.2万円
4年 75万円 約6.2万円
5年 60万円 5万円

毎月の支払額は1〜5万円カットできる可能性が高い

契約状況や返済予定期間にもよりますが、任意整理を利用すると毎月の支払い額が1万円から5万円カットできる可能性が高いです。

返済期間 任意整理の利用なし(毎月の返済額) 任意整理の利用あり(毎月の返済額)
3年 約10万円 約8.2万円
4年 約8.3万円 約6.2万円
5年 約7.1万円 5万円

以上のように、任意整理を利用した後に、当初予定していた返済期間と同期間で完済を目指すだけでも毎月の返済金額は約2万円程度抑えられることになります。

もちろん、消費者金融との間では3年で完済を目指す計画で借入れをしていた場合でも、任意整理を利用して5年で完済を目指すというスケジュールを作ることも可能です。

この場合には、毎月10万円以上の返済を強いられていたのが、任意整理の利用で毎月5万円を返済するだけで良いということになります。

また、任意整理を利用しなければ毎月約5万円を10年間返済し続けなければいけなかったところが、任意整理を利用すれば毎月5万円の5年間返済するだけで完済が実現します。

したがって、どのようなポイントに注目してメリットを享受するかは債務者の家計状況によりますが、返済期間を短縮したいという場合も、毎月の返済金額を軽減したいという場合も、債務者ごとのニーズを充たす形で新たに返済計画を作り直せるのが任意整理のメリットと考えられます。

借金300万円を任意整理するのがおすすめの人

借金300万円の返済を強いられている債務者の中でも、特に任意整理がおすすめなのは以下のような人物です。

  • 任意整理で完済を目指せるだけの収入がある人
  • 自己破産・個人再生は避けたい人
  • 毎月の返済額が増える場合にも対応できる人

それでは、なぜ任意整理がおすすめなのかを見ていきましょう。

任意整理で完済を目指せるだけの収入がある人

任意整理は、債権者と交渉して3~5年で完済を目指す任意整理計画案を作り直す債務整理手続きです。

つまり、3~5年で完済できるだけの収入があることが任意整理の大前提です。

したがって、無職の人や、想定される返済計画案に対して収入が低い人については、任意整理で債権者の合意を獲得するのは難しいと考えられます。

なお、任意整理では、債務者本人に返済能力がなくても、債務者の配偶者や家族などが返済を確約するのなら債権者の合意を得られる場合があります。

いずれにせよ、今後の返済計画と債務者の収入などをすり合わせる必要があるので、任意整理に慣れた弁護士の力を借りましょう。

おまとめローンでは利息を避けられない

現在の借金状況を改善するための選択肢としておまとめローンの活用が提唱されることがありますが、おまとめローンの利用では借金状況を根本的に改善できないのでおすすめできません。

おまとめローンとは、複数の貸金業者などからの借入れを低金利条件の金融商品に一本化するという方法です。

返済窓口が一本化されるので家計管理が簡単になるだけではなく、毎月の返済額が抑えられることから、毎月の借金返済負担で苦しんでいる債務者が利用しがちな傾向があります。

ただし、おまとめローンそれ自体もあくまでも金融商品であり、毎月の返済額が軽減されるだけで返済期間の長期化は避けられず、結果として、返済総額が膨れ上がるという事態に陥ってしまうものです。

したがって、「今の返済状況を改善したい」「借金返済から早期に解放されたい」という希望を叶えるためには、おまとめローンを組み直すのではなく任意整理などの債務整理を利用するのが適切と考えられます。

自己破産・個人再生は避けたい人

自己破産・個人再生を避けたいという債務者には任意整理がおすすめです。

なぜなら、自己破産・個人再生が多くのデメリットを抱えるのに対して、任意整理にはほとんどデメリットがないからです。

それぞれの債務整理手続きの特徴を整理してみましょう。

自己破産 個人再生 任意整理
メリット ・借金を帳消しにできる ・任意整理よりも大幅に借金総額を減額できる
・ローン返済中の自宅を手元に残せる
・利息や遅延損害金をカットできる
・債権者の合意を得られる範囲で減額できる
・裁判所を利用しない手続きなので柔軟な対応ができる
・財産を処分する必要がない
デメリット ・自宅や自動車などが処分される
・裁判所に支払う予納金が高額
・職業制限が生じて仕事ができなくなるケースがある
・移動の自由や郵便物の管理が制限される
・裁判所の手続きが複雑
・裁判所に支払う予納金が高額
・ある程度収入がなければ利用できない
・債権者集会での再生計画の決議が必要
・借金減額効果が(他の債務整理と比べると)弱い
・債権者の同意が必要

このように、自己破産は日常生活に多くのデメリットを生じますし、個人再生は計画案をまとめるまでの要件が厳しいという問題を抱えます。

例えば、自己破産を利用すると仕事ができなくなって困るという方は、自己破産を利用するのはおすすめできません。

したがって、自己破産・個人再生のデメリットを避けてスムーズに借金状況を改善したいという債務者にとっては任意整理がおすすめと考えられます。

毎月の返済額が増える場合にも対応できる人

任意整理を利用すればカットされる利息・遅延損害金の分だけ支払い総額の負担は軽減されますが、債務者が現在拘束されている借金返済条件と任意整理によって作成される返済計画案の内容次第では、毎月の返済額が増えることもある点に注意が必要です。

例えば、借金300万円(1社から利率15%で借入れ)を10年間で完済する場合には、毎月の返済額は48,400円です。

しかし、任意整理を利用して3年で完済を目指す場合には約8.2万円、5年で完済を目指す場合でも5万円の返済を継続する必要があります。

つまり、任意整理の利用によって返済期間は短縮されるものの、毎月の返済額の増加を避けられません。

したがって、債務者の状況次第では任意整理の利用によって毎月の返済負担額が増額されることもあるので、任意整理を利用するには返済を継続できるだけの資力が求められると言えるでしょう。

任意整理を検討するなら弁護士に相談しよう

任意整理を利用して借金問題を整理するなら弁護士に相談するのがおすすめです。

なぜなら、弁護士に依頼すれば、以下のメリットを得られるからです。

  • 弁護士に依頼すれば返済督促がストップする
  • 弁護士に相談すれば任意整理のシミュレーションをしてくれる
  • 早期に弁護士に依頼すれば債務者に有利な形で任意整理計画案をまとめてくれる
  • 弁護士に依頼すれば他の債務整理も検討してくれる
  • 借金問題の相談料無料の弁護士は多い

それでは、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

弁護士に依頼すれば返済督促がストップする

弁護士に任意整理を依頼すれば、債権者からの返済督促がすべてストップします。

借金300万円の状況に追い込まれている債務者の中には、毎月の返済期日にお金を用意できずに、債権者からの取立て行為が行われているという場合もあるでしょう。

電話による督促行為や郵便物の送付が繰り返されるとストレスが溜まるものですし、悪質な債権者の中には自宅や職場などにも督促行為を行うので、債務者の関係者にまで迷惑が及びかねません。

弁護士に任意整理を依頼すれば、弁護士はすべての債権者に対して受任通知を送付します。

弁護士から受任通知の送付を受けた債権者は一切の取立て行為が禁止されるので、債務者は取立て行為から完全に解放されます。

厳しい取立て行為によるストレスから早期に解放され、任意整理後の生活環境を整える準備をするためにも、早期に弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士に相談すれば任意整理のシミュレーションをしてくれる

弁護士に相談すれば、任意整理のシミュレーションをしてくれます。

任意整理は利息・遅延損害金をカットして今後の返済計画案を作り直すものですが、債務者ごとに抱える家計事情などを考慮して、「3~5年で完済できるだけの計画案」を作成しなければいけません。

なぜなら、形だけの任意整理計画案をまとめるだけでは、結局任意整理後に返済を継続できなくなり、債権者から一括返済を求められたり、他の債務整理手続きを検討する手間がかかったりするからです。

弁護士に相談すれば、正確なシミュレーションを行った結果、依頼者が完済を達成できるような任意整理計画案を提示してくれるので、債務者自身で債権者と交渉するよりも適切な計画案を作れるでしょう。

早期に弁護士に依頼すれば債務者に有利な形で任意整理計画案をまとめてくれる

早期に弁護士に依頼すれば債務者にとって有利な形で任意整理計画案を作成してくれます。

任意整理を利用する際には、いかに早期に弁護士に依頼できるかがポイントです。

なぜなら、原則として任意整理でカットされる利息は経過利息受任通知を送付してから任意整理がまとまるまでの間の利息。債権者によっては免除を認めてくれないケースもあるので、任意整理の交渉に慣れた弁護士にスムーズに対応してもらう必要がある。将来利息任意整理がまとまってから債務者が実際に完済するまでの利息。将来利息のカットに応じないケースはほとんどない。に限られ、すでに発生した利息は返済元本に含まれてしまうからです。

任意整理後にできるだけ返済総額を減らすためには、早期に弁護士に任意整理に踏み切ってもらい、利息の発生を抑える必要があります。

したがって、早期に弁護士に依頼をして、債務者にとって有利な形の任意整理計画案をまとめてもらいましょう。

弁護士に依頼すれば他の債務整理も検討してくれる

弁護士に依頼すれば、債務者の状況に応じて適切な債務整理を検討してくれます。

なぜなら、自己破産・個人再生・任意整理にはそれぞれメリット・デメリットがあり、債務者の置かれている状況に応じて取捨選択すべき長所・短所が異なるからです。

例えば、借金300万円を背負っている債務者が、自宅や自動車などの財産をほとんど所有しておらず、しかも、自己破産の職業制限を気にする必要のない仕事をしている場合には、わざわざ任意整理を利用しなくても、自己破産で借金帳消しを検討すれば良いこともあります。

他方、どうしても自己破産ができない事情(自己破産の免責不許可事由の存在・処分されたくない財産の所有など)がある場合には、個人再生や任意整理で借金状況の改善を図るべきでしょう。

このように、債務者ごとに抱えている事情が異なるので、「適切な債務整理手続きは何か」という問いに対する答えは債務者ごとに変わるものです。

したがって、借金問題に強い弁護士に相談をして、依頼者が再建を目指すきっかけにしやすい債務整理手続きを選択してもらいましょう。

なお、自己破産・個人再生・任意整理の各手続きについては以下の記事でも紹介しています。今後の方針決定に役立つので、ぜひご参考ください。

借金問題の相談料無料の弁護士は多い

弁護士に相談する際の相談料が気になる債務者もいらっしゃるでしょうが、借金問題の相談料は無料で対応してくれる弁護士が多いのでご安心ください。

また、弁護士費用などの分割払いなどにも臨機応変に対応してくれるので、予算面の不安もあわせて、どうぞお気軽にご相談ください。

まとめ

借金300万円の返済が厳しいのであれば、任意整理を利用して利息・遅延損害金をカットしてもらい、毎月の返済額や完済までの返済期間を短縮するのがおすすめです。

消費者金融などからの借金は高利率条件なので、任意整理で利息がカットされるだけでもメリットは大きいと考えられます。

ただし、任意整理を利用する際には、弁護士に依頼をして実効性のある形で交渉を進めてもらうのがおすすめです。

なぜなら、任意整理は債権者と直接交渉を進めなければいけないので、任意整理の交渉実績のある弁護士に任せて債務者が生活再建をしやすい返済計画案を作ってもらう必要があるからです。

返済督促の停止、生活再建に向けたアドバイスなど、弁護士に任せるメリットは多岐にわたるので、できるだけ早期にご相談ください。

借金300万の任意整理についてよくある質問

借金総額が300万円の場合、任意整理でどれくらいの減額が見込めますか?

借金総額300万円の人が任意整理をおこなうと数十万円から百数十万円の減額が見込めます。

300万円の借金があっても毎月安定した収入があれば完済できるものですか?

総量規制という法律を踏まえ、自力で完済ができる借金額の目安は年収の1/3までだといえるので、安定した収入があっても必ず自力で完済できるとは限りません。年収の1/3を超える借金は返済能力を超えていると判断できるので、だらだらと支払い続けるのはやめてまずは弁護士に相談しましょう。

300万円の借金の返済によって生活が苦しい場合はどうしたらよいですか?

いくら年収が多くても借金返済のために生活が苦しいと感じているなら、早急に任意整理などの債務整理をした方がよいです。もちろん任意整理をする前に無駄な支出を見直したり収入を増やしたりすることも大切ですが、すでに生活苦に陥っているならそういった時間の余裕はないでしょう。任意整理をすれば借金が減額できますから、早期に生活を建て直せるはずです。

300万円もの借金があると任意整理するしかありませんか?

借金の金額が300万円あっても、収入を増やせる見込みがあったり借り換えやおまとめローンによって完済が見込めるなら任意整理をしなくて済むケースもあります。任意整理は借金を減額できるメリットがある代わりに、個人信用情報機関で事故情報として記録され、完済後5年間は新たにローンやクレジットの契約をすることができなくなります。任意整理した方がよいのか、しない方がよいのかの判断は素人には難しいですから、弁護士にアドバイスをもらいましょう。

任意整理とはどのようなものですか?

任意整理は、債務整理と呼ばれる国が認めた借金救済制度の一つです。今後支払う予定の利息をカットや減額し、返済総額を大幅に減らせます。債務整理には他にも複数の方法があり、どの方法が適しているかは個人によって異なるので、法律事務所へ直接相談して確認するとよいでしょう。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。