審査なしで3万円借りたい!闇金以外でお金を生む方法を解説

3万円借りたい 審査なし

借金の返済資金が3万円ほど足りません。銀行や消費者金融の審査も通らず途方に暮れています。なんとか審査なしで借りる方法はないでしょうか?

保険会社の契約者貸付なら、審査なしで借りられるためおすすめです。また、日払いのアルバイトをするのもよいでしょう。どんなにお金に困っても「審査不要!」などと謳う金融機関は闇金の可能性が高いので利用しないでください。

なるほど。しかし借金の返済日は明日なので、今から契約者貸付やアルバイトで資金を調達するのは難しいです。何かよい方法はありませんか?

それほど切羽詰まった状況なら、法律事務所へ相談してはいかがでしょう?法律事務所へ依頼して債務整理をすれば、依頼したその日に借金の返済を一時ストップできます。まずは無料相談を利用して相談しましょう。

直近の生活費や目先の借金返済のため、すぐに現金が必要な状況に陥ったら、あなたならどうしますか。銀行や大手消費者金融なら安心して融資を受けられますが、なかにはそういった金融機関の審査に通るのが難しい人もいるでしょう。

しかし、どんなにお金が必要で焦っていても「審査不要で即日融資!」などの広告を掲げた金融機関から借りてはいけません。正規の貸金業者が審査なしで融資をすることはあり得ないため、そのような広告を掲げる金融機関は違法な闇金業者の可能性が高いからです。

借金返済のために他の金融機関で借りても、借金が雪だるま式にを増えていくだけです。法律事務所へ相談することで借金の早期完済に向けた一歩を踏み出してください。

>>【全国対応&24時間無料相談】借金問題に詳しい法律事務所はこちら

この記事でわかること
  • 審査なしで3万円借りれる金融機関は闇金の可能性大。
  • 闇金から借りてしまったら闇金対応可能な法律事務所へ相談するとよい。
  • 借金返済のために審査なしで3万円借りたいなら債務整理も検討するとよい。

審査なしで3万円借りれる金融機関は闇金の可能性大

「次の給料日までまだ日があるが、生活費が足りない・・・」
「数日後に借金の返済日が迫っているが、返済資金を用意できない・・・」

このように、すぐに現金が必要な状況に陥った時「審査なしで即日融資可能!」などと謳った広告を目にしたら、つい飛びついてしまうかもしれませんね。

しかし、例え数万円の少額融資であっても、正規の貸金業者が審査なしで融資することはあり得ません。

正規の貸金業者は「貸金業法」に則って貸金業を営んでおり、貸金業法では金融機関が貸付前に利用者の返済能力を調査することが義務づけられているからです。

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用元:e-Govポータル「貸金業法第13条」

また、貸金業法では金融機関による誇大広告も禁止されています。

第十六条 貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。

引用元:e-Govポータル「貸金業法第16条」

例えば、実際には審査があるのに「審査不要!」などと宣伝した場合、誇大広告に該当してしまいます。

つまり、審査なしで借りれると謳っている金融機関は、正規の貸金業者ではなく違法な闇金業者である可能性が高いのです。

闇金業者とは、貸金業を営むうえで必要な貸金業登録をおこなわず、貸金業法などの法律を無視した貸付をおこなう違法業者です。

もし、闇金からお金を借りてしまったらどんなリスクがあるのでしょうか。

次の項目で詳しくお伝えします。

闇金から借りると法外な利息を請求され厳しい取立てを受ける

闇金からお金を借りてしまった場合、法外な利息を請求されるのが一般的です。

「利息制限法」により、金融機関が請求できる利息には上限が設けられています。

  • 元本額が10万円未満 → 年利20%まで
  • 元本額が10万円以上100万円未満 → 年利18%まで
  • 元本額が100万円以上 → 年15%まで

正規の貸金業者であれば、利息制限法で定められた上限利率に則り、年利20%を超える利息を請求することはありません。

しかし、闇金の場合は「トイチ」「トゴ」などと呼ばれる利息制限法を大幅に超えた利息を請求してきます。

トイチやトゴの具体的な計算方法を知りたい場合は、以下の記事も参考にしてください。

もし、請求に応じなければ、闇金業者による厳しい取立てが始まります。

  • 深夜・早朝に電話・訪問による取立てをおこなう。
  • 債務者の勤務先へ電話・FAX・訪問による取立てをおこなう。
  • 張り紙・立て看板などによる嫌がらせ行為。
  • 他の金融機関や他者から借りるなどして返済資金を調達するよう強要する。
  • 家族など債務者本人以外に返済を強要する。

基本的に上記のような取立て行為は貸金業法で禁止されていますが、相手が違法な闇金業者であれば手段を選ばず執拗な取立てをおこなう恐れがあります。

違法な取立ての例や具体的な対処法について詳しく知りたい場合は、以下の記事も参考にしてください。

闇金から借りてしまったら闇金対応可能な法律事務所へ相談しよう

前述したように、闇金からお金を借りてしまうと法外な利息を請求され、請求に応じなければ厳しい取立てを受ける恐れがあります。

どんなにお金に困っても、闇金から借りる行為は高いリスクを伴うと認識し、絶対にやめましょう。

もし、既に闇金からお金を借りてしまった、もしくは借りた金融機関が闇金かもしれないと感じた場合は、すぐに闇金対応可能な法律事務所へ相談してください。

民事不介入の原則により、闇金からお金を借りただけでは警察が対応してくれるケースは少ないのが現実です。

また、闇金の対応には素早い対応と豊富な経験が不可欠です。

闇金対応に不慣れな法律事務所に依頼してしまった場合、解決するどころか闇金からの報復を受ける恐れもあるので、法律事務所選びは慎重におこなってください。

当サイトでは、全国対応&24時間無料相談できる闇金対応可能な法律事務所を紹介しています。

早い場合は即日取立て電話や嫌がらせ行為がストップするので、ぜひ気軽に相談してくださいね。

>>【無料相談】闇金対応可能な法律事務所はこちら

審査なしで3万円借りたいとき闇金以外で利用できる方法

「審査なしで◯万円借りられます!」などと謳う金融機関は闇金の可能性が高く、どんなにお金が必要でも利用すべきではありません。

とはいえ、直近の生活費や目先の借金返済のため、どうしてもすぐに現金が必要な人は多いでしょう。

そこで、この項目では「審査なしで3万円借りたいとき闇金以外で利用できる方法」について詳しくお伝えします。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

所有しているクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合は、審査なしでお金を借りられます。

クレジットカードの発行時に審査が完了しているので、キャッシング枠を利用してお金を借りる際に改めて審査を受ける必要がないのです。

ただし、クレジットカードにキャッシング枠が付帯されていない場合は、キャッシング枠を利用するために審査を受けなければなりません。

なお、キャッシング枠を利用してお金を借りる場合は、返済が遅れるとクレジットカード自体が利用停止になる恐れがあるので注意してください。

貴金属やブランド品などを担保に質屋で借りる

質屋とは、価値のある品物を担保として預けることで、引き換えにお金を貸してくれる業者のことです。

担保として預けた品物は、期限までに利息を含めてお金を返済することで、返却してもらえます。

ただし、返済できなかった場合は預けた品物が売却されるので注意が必要です。

質屋を利用する場合、品物を担保にしているので審査なしでお金を借りられますし、返済できなくても品物を失うだけで、信用情報に事故情報が載ることはありません。

預けられる品物は貴金属やブランド品などが多く、例として以下のようなものが挙げられます。

  • 腕時計
  • 貴金属
  • 宝石
  • ブランドバッグ
  • ブランド財布
  • スマートフォン

ちなみに、借入限度額は担保査定額の7〜8割程度なので、3万円借りたい場合は約4万3千円相当の品物を預ける必要があります。

なお、質屋の金利は質屋営業法によって上限が「年利109.5%」と定められています。

第三十六条 質屋に対する出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(昭和二十九年法律第百九十五号)第五条第二項の規定の適用については、同項中「二十パーセント」とあるのは、「百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)」と、同法第五条の四第一項中「貸付け又は保証の期間が十五日未満であるときは、これを十五日として利息又は保証料の計算をするものとする。」とあるのは、「月の初日から末日までの期間(当該期間の日数は、その月の暦日の数にかかわらず、三十日とする。)を一期として利息を計算するものとする。この場合において、貸付けの期間が一期に満たないときは一期とし、二以上の月にわたるときは、そのわたる月の数を期の数とする。」とする。

引用元:e-Govポータル「質屋営業法第36条1項」

利息制限法で定められた上限利率の「年利20%」と比べて非常に高く設定されている点に注意してください。

保険会社の「契約者貸付」を利用する

保険会社の契約者貸付も、すぐに現金が必要な場合に有効な資金調達方法です。

保険会社の契約者貸付・・・解約返戻金の一定の範囲内で保険会社からお金を借りられる制度。

契約者貸付は金融機関からの借金と違い、審査なしで借りることができ、返済できなかった時に督促を受けることもありません。

積立式の生命保険や個人年金に加入している人は、利用を検討するとよいでしょう。

なお契約者貸付で適用される金利は、保険会社・保険商品・契約時期で異なり、2~8%程度が一般的です。

詳しくは、加入している保険会社の担当者に問合せてください。

単発・日雇いのアルバイトをする

すぐにお金が必要な時は、単発・日雇いのアルバイトを探すのも一つの方法です。

単発・日雇いのアルバイトは、働いた分の給料をその日のうちに手渡しでもらえる「日払い」の場合が多く、すぐに現金を受取れます。

毎日違う現場の仕事を紹介してもらえる日雇いの派遣会社もあるので、登録しておいて求人をこまめに確認し、活用するとよいでしょう。

配偶者の収入を利用して「配偶者貸付」で借りる

配偶者貸付とは、夫や妻の収入と合わせて年収の1/3までお金を借りられる方法のことです。

夫または妻に収入があれば、利用者本人に収入がなくても返済能力があると判断されます。

例えば、夫に600万円の年収がある場合、専業主婦の妻でも200万円まで借入が可能です。

ただし、配偶者貸付を利用できる金融機関は限られているので、どの金融機関でも利用できるわけではない点に注意してください。

借金返済のために審査なしで3万円借りたいなら債務整理も検討しよう

もし、すぐに現金が必要な理由が借金返済のためなら、他の金融機関から借りることを考えるより、債務整理を検討した方がよいでしょう。

借入先が増えればそれぞれの金融機関へ毎月返済しなければならなくなり、自ずと月々の返済額も上がります。

現状のままでも返済が厳しいのに、返済のために他の金融機関から借金をしたせいで、さらに月々の返済が厳しくなるという悪循環に陥るのです。

借金の返済ができない時は、他の金融機関からその場しのぎの借金をするのではなく、借金の負担を減らして根本的に借金問題を解決する方法を選びましょう。

次の項目から、借金問題を根本的に解決できる債務整理について、詳しくお伝えします。

債務整理なら借金の負担を軽減できる

債務整理とは、利息や元金をカットして返済総額を大幅に減らせる借金の負担軽減方法です。

一時的な資金調達方法とは違い、借金自体の負担を軽減できるところが大きなメリットです。

債務整理には主に以下の3つの方法があります。

任意整理 今後支払う予定の利息をカットや減額し、3~5年で分割返済する。
自己破産 20万以上の価値ある財産を手放す代わりに借入全額の返済を免除してもらう。
個人再生 20万以上の価値ある財産を手放さずに借入総額を約1/5に圧縮し、3~5年で分割返済する。

「自分にはどの方法が合っているのか」「自分の場合どれくらい負担が減るのか」もっと詳しく知りたい場合は、法律事務所へ直接相談するとよいでしょう。

当サイトでは、全国対応&24時間無料相談できる法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してくださいね。

債務整理に強い法律事務所なら無料相談や費用の分割払いに対応してくれる

なかには「相談料や費用が用意できないから法律事務所へ相談できない」と考えている人もいるかもしれません。

そのような場合は、債務整理に強い法律事務所を選んで相談しましょう。

債務整理に強い法律事務所なら、お金の工面が難しいという相談者の事情をよく理解しているので、無料相談や費用の分割払いに柔軟に対応してくれます。

もちろん借金問題を解決した実績も豊富なので、相談者の現状を冷静に分析して最適な解決方法を提案してくれるでしょう。

当サイトでも債務整理に強い法律事務所の無料相談を紹介しているので、ぜひ気軽に相談してくださいね。

まとめ

どうしてもすぐにお金が必要でも「審査不要!」などと謳う金融機関から借りるのはやめましょう。

そのような誇大広告を掲げる金融機関は、違法な闇金業者である可能性が高いです。

また、すぐに現金が必要な理由が借金返済のためなら、他の金融機関から借入をして返済資金を調達するより、借金自体の負担を減らせる債務整理がおすすめです。

他から借りて借金を増やすより、債務整理をして早期完済の目処を立てましょう。

当サイトでは、債務整理の得意な法律事務所の無料相談も紹介しているので、ぜひ気軽に利用してくださいね。

審査なしでお金を借りたい場合のよくある質問

どうしてもすぐに現金が必要なのですが、審査なしで借りられるところはありますか?

正規の貸金業者が審査なしで融資することはありません。よって、審査なしで借りられる金融機関は違法な闇金業者である可能性が高いので、絶対に関わらないようにしてください。

審査なしで借りられる金融機関はなぜ危険なのですか?

審査なしで借りられる金融機関は、違法な闇金業者である可能性が高いです。闇金は借りたら最後、法外な利息を請求され、応じなければ厳しい取立てを受ける恐れがあります。場合によっては犯罪に巻込まれる恐れもあり、非常に危険です。

審査なしでお金を借りる以外にすぐに現金を調達する方法はありますか?

・クレジットカードのキャッシング枠を利用する
・貴金属やブランド品などを担保に質屋で借りる
・保険会社の「契約者貸付」を利用する
・単発・日雇いのアルバイトをする
・配偶者の収入を利用して「配偶者貸付」で借りる
などの方法があります。自分の状況に合った方法を選択しましょう。
また、借金返済のための資金が足りない場合は、債務整理で借金の負担を減らすことを検討してもよいでしょう。

債務整理とはどのようなものですか?

債務整理は、利息や元金をカットし返済総額を大幅に減らせる国が認めた借金救済制度です。債務整理には複数の方法があり、主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」を用いて借金問題を解決します。どの方法が適しているかは個人によって異なるので、法律事務所へ直接相談して確認するとよいでしょう。

債務整理の相談をしたいのですが、今はお金がないので相談料が用意できないのですが・・・。

それなら、債務整理に強い法律事務所へ相談しましょう。債務整理に強い法律事務所なら、無料相談を受付けている場合がほとんどです。当サイトでも、無料相談可能な法律事務所を紹介しているので、ぜひ気軽に利用してくださいね。

>>【相談無料】債務整理に強い法律事務所はこちら

闇金問題の関連記事
闇金 口座凍結

闇金の借金で口座凍結された場合の解除方法は?スムーズに口座を回復する方法と凍結原因を詳しく解説

闇金から借金をするために開いた口座が不正利用された場合、口座が凍結されることがあります。 一度疑いをもたれたものを凍結解除するにはかなり難しい面が多くあり、またそのまま放置し続けると犯罪加担の疑いをかけられる可能性もゼロではありません。 こ…