【実例つき】150万円の借金は任意整理でこれだけ減らせる!借入社数・金利・年数別の減額金額をわかりやすく解説

借金150万円は任意整理で減額できる可能性大! 任意整理で借金がどれくらい減るか状況別に解説

気付けば借金が150万円にまで膨れ上がってしまっていました。任意整理を検討しているのですが具体的にどれくらい減額できるのでしょうか?

任意整理は将来利息をカットする手続きなので元本自体は減りませんが、月の返済額はおおよそ1/2程度まで減らせる可能性は高いです。

そうなんですね!毎月の支払いが8万円程度になっていたので、それが半分になるだけでも助かります。

任意整理は債務整理手続きの中でも比較的デメリットが少ない手続きです。減額は1ヶ月でも早く行なった方が家計も楽になると思いますので、ぜひ早めに弁護士に相談し手続きを進めることをお勧めします。

気づけば借金総額が150万円になり、毎月の返済額が負担になっている…。もしまだ返済能力が残っているのであれば、任意整理を行い月々の返済額を減らすことがお勧めです。

例えば、1社から年率15%で150万円の借入がある方が任意整理を行った場合には、30万円超の減額が見込めます。

ただ借金総額150万円と言っても条件はさまざまであり、50万円ずつ3社から借入をされている方も多いでしょう。

実は借入条件(=金利)が悪ければ悪いほど減額金額が非常に大きいのが任意整理の特徴です。

本記事では、複数のシチュエーション別に利息(総支払額)一覧表を掲載しています。具体的にいくらぐらい減額できるのかをイメージしながら、任意整理の参考にしてみてください。

※任意整理によってどれぐらい借金が減額できるかシミュレーションしてみたい方は以下減額シミュレーターをご利用ください。

この記事でわかること
  • 任意整理を行うことで数十万円の借金減額が可能
  • 任意整理を行えば返済は元金のみで済むようになる
  • 任意整理は利息カットの手続きなので借入条件が悪ければ悪いほどメリットが大きい
  • 150万円の借金返済が厳しいのであれば任意整理の検討をしたほうが良い

150万円ある借金は任意整理によって数十万円の減額が可能!

任意整理により借金はどれだけ減るのか…結論を先に述べると現在150万円の借金を抱えている場合は数十万円の借金が減額される可能性は極めて高いです。

実際に計算してみましょう。例えば1社から年利15%・総額150万円の借金があり、これを5年間で完済を目指そうとすればおおよそ214万円の支払いが必要です。

つまり5年間で64万円の利息を支払うことになるのですが、任意整理を行えば将来利息がカットされますので、5年間の返済計画を立てているのであれば64万円の利息がまるまるカットされるということになります。

これはあくまで一例で、借入利息や何年での返済計画を立てているかによって減額幅はそれぞれ異なります。ただひとつだけ確実に言えることは任意整理を行うことで確実に総支払金額を減らせるということです。

現在の借金返済が厳しい方や元金がなかなか減らずに悩んでいる方、利息の支払いばかりで嫌気が差している方は、任意整理を利用して借金を減額することを前向きに検討してみてください。

150万円の借金を数年掛けて支払った場合の総支払金額一覧表

任意整理を行うことで将来の利息がカットされるため、任意整理を行う前と後では総支払金額に大きな差が発生します。

実際に、任意整理を行う前と後でどのくらいの金額差が発生するのかを把握していただくため、総支払金額を一覧表でまとめてみました。

1社から150万円借入があり利率15%で借入を行っていた場合

【1社から150万円借入があり、利率15%で借入を行っていた場合】
返済期間 利息 総支払金額 年間返済額
3年 37万円 187万円 62万円
5年 64万円 214万円 42万円
7年 93万円 243万円 34万円
10年 140万円 290万円 29万円

150万円の借金を3年間で完済しようとすれば、年間で62万円(月額5万円超)ものお金を返済しなければいけません。さらに、実際に支払う利息も37万円と高額です。

もしも毎月の返済が厳しくて「返済額を抑えたい」「長期間で返済をしたい」などと考え、10年間での完済を目指した場合には、利息のみで140万円も支払わなければいけません。

任意整理を行うことで、この分の利息をカットできる可能性は極めて高いです。

150万円の借金を1社から借入しているのであれば、おおよその費用相場として4万円~で任意整理が可能です。3年間での完済を目指す場合も30万円以上の支払い差が発生しますので、4万円前後の手続き費用をしはらったとしても任意整理を行う価値は十分にあると言えます。

3社からそれぞれ50万円ずつの借入がありすべて利率が18%の場合

【3社からそれぞれ50万円ずつの借入があり、すべて利率が18%の場合】
返済期間(3社合計) 利息(3社合計) 総支払金額(3社合計) 年間返済額(3社合計)
3年 45万円 195万円 65万円
5年 78万円 228万円 45万円
7年 114万円 264万円 37万円
10年 174万円 324万円 32万円

利率が18%の場合は3年間で150万円の借金を返済しようとすれば利息だけで45万円支払わなければいけません。先ほどの利率15%と比べると、その差は8万円です。

仮に10年間など長期間での返済を検討していた場合には、元金よりも利息金額のほうが高額になってしまうでしょう。

3社すべての借金に対して任意整理を行うのであればおおよその費用相場は12万円前後(4万円前後×3社分)ですが、もちろんこれ以上の借金減額効果がありますので、この場合も任意整理を行う価値は十分にあると言えます。

1社から100万円(利率/15%)、1社から50万円(年率/18%)の借入がある場合

【1社から100万円(利率/15%)、1社から50万円(年率/18%)の借入がある場合】
返済期間(2社合計) 利息(2社合計) 総支払金額(2社合計) 年間返済額(2社合計)
3年 39万円 189万円 62万円
5年 68万円 218万円 43万円
7年 100万円 250万円 29万円
10年 151万円 301万円 29万円

150万円の借金を抱えている方であっても、必ずしも1社もしくは3社から50万円ずつの契約とも限りません。中には、100万円の借入プラス50万円の借入など2社からの借入がある方もいるでしょう。

同じ借金額でも借入状況は千差万別ですので、もしもあなたが、100万円の借入と50万円の借入があるのであれば、3年間で支払う利息は39万円です。長期間(10年間)での完済を目指すのであれば、元金と同等の151万円を支払わなければいけません。

これの分を減らせるので、任意整理という手続きが借金を減額する手続きとしていかに有効かおわかりいただけたかと思います。

※ご自身の借金がどれくらい減額できるか知りたい方は借金減額シミュレーターをご利用ください(匿名利用可)。

毎月の支払額は2.5万~4万円程度に減額できる可能性は高い

150万円の借金を抱えている方が3~5年以内に完済を目指そうとすれば、最低でも37万円(利率15%の場合)の利息支払いが必要です。

また、5年以内に完済を目指した場合には年間で42万円(月額3.5万円)の返済をしなければいけません。

しかし、任意整理を行い将来の利息をカットすることで、5年間で完済を目指した場合の年間支払額が30万円(毎月2.5万円)まで減少します。

任意整理を行うことで、毎月の返済額が軽減されるうえに、総支払金額も大幅に減額されるため、150万円以上の借金を抱えている方のメリットは大きいです。

【任意整理を行った場合の完済までの期間と年間返済額】
期間 年間返済額 毎月の返済額
3年 50万円 4.2万円
4年 37.5万円 3.2万円
5年 30万円 2.5万円

任意整理を行うなら早めに弁護士に相談!

ここまでで任意整理を行うことで150万円の借金を数十万円減額できることがおわかりいただけたかと思います。

ここでお伝えしたいのは、任意整理を行うなら少しでも早めの方がいいということ。

毎月の返済額が減少するのは1ヶ月でも早い方がいいのは当然のことですし、何より任意整理手続きを開始すれば、返済計画がまとまるまで支払いを一時的にストップできます。

手続き開始が遅れることで数万円損してしまうことも考えられますので、できる限り早く弁護士に相談し、任意整理手続きを開始するようにしましょう。

>>【初回相談無料】任意整理のおすすめ弁護士へこちらから相談

任意整理を行えば元金のみ(150万円)の返済で済む

毎月借金の返済として支払っているお金は、元金と利息に分かれており、元金をなくさなければいつまでも完済ができません。任意整理を行うことで、将来の利息がカットされ、元金のみの返済を行うようになるので、早い段階での完済が目指せます。

そもそも利息とは、債権者(お金を貸してくれた人)に対して債務者(お金を借りた人)が支払う手数料のようなもの。貸金業者等は、お金を貸して得る利息で儲けを出しています。

そして元金とは、“借りたお金の返済部分”です。つまり、「利息=手数料」「元金=借金返済充当額」と覚えておいてください。支払う利息が高ければ高いほど、完済までの月日が長かったり、実際に支払う総支払金額が高額になってしまったりします。

利息は、お金を貸してくれた人に対して支払う手数料であるため、基本的には元金が残っている間はずっと支払わなければいけません。しかし、任意整理を行うことで、将来の“利息”がカットされ、毎月の返済は“元金”のみで済みます。そのため、任意整理を行う前と後では、実際に支払う金額に大きな差が生まれます。

任意整理を行っても返済が厳しいのであれば、個人再生や自己破産の検討も視野に入れたほうが良い

任意整理を行うことで、毎月の支払額が大幅に減額され、最安2.5万円程度まで減額できます。

しかし、「任意整理を行って支払額が減額されたところで、返済が厳しい」のであれば、個人再生や自己破産を検討されたほうが良いでしょう。

任意整理はあくまでも将来の利息をカットし、完済を目指す“交渉”です。そのため、返済能力がない方は、そもそも任意整理を行うことができません。

もしも、任意整理したところで完済できる自信がないのであれば、個人再生や自己破産を視野に入れつつ、弁護士へ相談してみてください。

総額150万円の借金の返済が厳しくなっているようなら債務整理の検討を

総額で150万円の借金を抱え、返済が厳しい状態が続いているのであれば任意整理を含めた債務整理手続きの検討をされたほうが良いでしょう。

150万円の借金を任意整理することで最低でも30万円超の返済差額が発生します。

毎月の返済額が軽減されますし、完済を視野に入れた返済計画の立て直しが可能です。借金の返済がかろうじてできるが、家計を圧迫している方などはとくに任意整理を検討されたほうが良いでしょう。

年収の1/3を超えているのであれば債務整理を検討するタイミング

借入総額が年収の1/3を超えているのであれば、問答無用で債務整理を検討してください。

例えば、年収450万円程度の人は手取りで350万円前後です。月額にすれば30万円弱ですが(ボーナスを考慮しなければ)、手取り30万円弱から5~6万円の返済額を捻出するのは厳しいはずです。

実際年収が450万円前後の方であっても、ボーナスなどを考慮すれば手取り月額20万円中間といったところでしょう。独り身ならまだしも、ご家族がいる方であれば返済は容易ではありません。

もしも、年収の1/3以上の借入があるのであれば、任意整理も含めた債務整理手続きの検討が必要でしょう。

複数社からの借金=150万円なのであれば、債務整理を検討したほうが良い

複数社からの借入総額が150万円なのであれば、債務整理もしくはおまとめローンの検討をされたほうが良いでしょう。

先にお伝えした一覧表で見れば、1社から150万円の借入をしている場合の総支払額は、5年間で214万円(元金150万円/利息64万円)です。

一方で、50万円ずつ3社から借入をしていた場合の5年間での総支払額は、228万円(元金150万円/利息64万円)です。その差はなんと14万円であり、毎月の返済負担額を見ても、家計を圧迫してしまっていることは言うまでもありません。

十分な支払い能力がある方は、おまとめローンの検討を

複数社から借入がある場合と1社からの借入とでは、5年間で完済を目指した場合に約14万円もの差が発生します。

この要因は“利息制限法”によるものであり、利息制限法はおまとめローンを活用することで解決できます。

利息制限法とは、借入金額に応じた利率を定めた法律であり、法律で定める上限利率は下記のとおりです。

借入額 上限利率
10万円以下 20%
10万円以上100万円以下 18%
100万円以上 15%

つまり、50万円で3社合計150万円を借入している場合は、3社それぞれでの上限金利が18%となり支払う利息が高額になってしまいます。

一方で、1社で150万円を借入している場合には、上限利率が15%となり、複数社からの借入がある方に比べて利息負担が軽減されます。そのため、複数社ある契約を1社にまとめて完済を目指す“おまとめローン”も、借金の完済を目指すには効率的です。

おまとめローンは消費者金融を始めとし、銀行等でも行っています。当然審査は行われますが、比較的低金利での貸付が可能であるため、支払い能力や信用がある方はおまとめローンも検討してみてください。

収支のバランス次第では任意整理を検討したほうが良い

ひとつの目安として、年収の1/3を超えたときが債務整理を検討し始めるタイミングです。しかし、人によって生活スタイルが異なり、固定費も異なることでしょう。

そのため、自分自身の収支バランスを考慮したうえで、借金返済に充てられる費用を導き出す必要があるでしょう。手取り給与が25万円の方であっても、物価の高い地域(東京など)に住まわれている方と、物価の安い地域に住まわれている方では“固定費”がまったく異なります。

収入と支出のバランスを考慮し、返済が厳しいのであれば任意整理を検討されたほうが良いでしょう。

150万円の借金を年利15%で借入していると、30日後には利息だけで2万円弱になる

1社から150万円の借入をしていたとしても、1か月あたりの利息は2万円弱となります。元金を確実に減らしていこうと思えば最低でも3万円~5万円程度の返済を行うべきであり、家計の圧迫をしてしまっていることでしょう。

元金を確実に減らしていければ、利息も減っていきますが、毎月少額しか返済できなければ利息もなかなか減りません。先にもお伝えしたように、1社からの借入であっても10年間で完済を目指せば利息は140万円です。

毎月の返済額が厳しいのであれば、多額の利息を支払い続けるよりも、任意整理を行って元金の返済に集中したほうが良いでしょう。

債務整理の中でも一番デメリットの少ない任意整理をできるうちに債務整理をすることが大切

任意整理手続きは、数ある債務整理手続きの中でも安価で比較的簡単に行えます。自分の資産を残しながら整理手続きが可能ですし、毎月の返済額等もある程度融通が利きのがメリットです。

しかし、任意整理はあくまでも債権者(お金を貸した人)と債務者(お金を借りた人)との間で行われる“交渉”であるため、最低限の返済能力が求められます。現時点で借金の支払いが厳しく任意整理を検討しているのであれば、今のうちに任意整理を行っておいたほうが良いでしょう。

いずれは、任意整理すらもできないような状態に陥ってしまう可能性もあるためです。もしも個人再生や自己破産を行わざるを得ない状況になってしまうと、自分の財産を処分しなければいけなかったり、債務整理費用が高額になったりとデメリットが多いです。

「現時点で借金150万円の返済が厳しい」と思うのであれば、まだ間に合うかもしれません。任意整理の検討をされてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、借金総額150万円の方が任意整理を行うことでいくら減額できるの?についてお伝えしました。

この記事のまとめ
  • 借金総額150万円の人が任意整理を行うと数十万円単位の減額が見込める
  • 借入条件が悪ければ悪いほど任意整理を行うメリットが大きい
  • とくに複数社からの借入がある方は、損をしている可能性が高いのでおまとめローンもしくは任意整理の検討を
  • 借金の返済が厳しいのであれば任意整理を検討したほうが良い

日本人の平均年収は440万円弱であるため、借金を150万円抱えている方のほとんどは、借金返済が家計を圧迫していることでしょう。借金で家計を圧迫しているのであれば、今すぐにでも債務整理を検討されたほうが良いでしょう。

債務整理手続きの中でもとくに任意整理は、簡単に安価でできるためおすすめです。借金が150万円もあれば任意整理を行うメリットは絶大でしょう。今回お伝えした内容をもとに、任意整理の検討をされてみてはいかがでしょうか。

任意整理の関連記事