「0775003011」はライフカードの返済督促!無視するリスクと今すぐ電話を止める方法を解説

「0775003011」はライフカード(株)からの支払い督促電話!しつこい電話を止めるためには延滞の解消が必須

最近「0775003011」から頻繁に電話が掛かってくるのですが、迷惑電話か何かでしょうか?無視をしていても問題ないのでしょうか?

「0775003011」はライフカード(株)からの電話です。おそらくライフカード等の支払いが完了していないために、確認の電話が来ているものと思われます。絶対に無視はせず、対応してください。

そういえば、ライフカードを持っていますが、支払いに遅れていました…。でも正直、今はまだ支払えないのですが、電話に出ても「早く支払いなさい」って言われるだけですよね。

電話に出れば未払い金を支払ってくださいと言われるでしょう。もしも今、支払えないのであれば、返済期日の再設定を依頼してください。それでも支払えないのであれば、債務整理による借金の解決を図るべきでしょう。

「0775003011」はライフカード(株)からの電話です。ライフカード(株)との取引があり、何かしらの未払い料金があるときは、支払状況の確認をするためにこの電話番号から掛かってくることがあります。

「0775003011」からの電話があり、未払料金などについて心当たりがある場合、ただちに対応してください。無視を続けていると最悪の場合、裁判所からの通知や強制執行等が行われる恐れがあります。

「0775003011」からの電話は、未払い金の解消もしくは債務整理によって今すぐにでも止められます。正しく対処し、不利益を最小に抑えられる行動をとってください。

この記事では「0775003011」からの電話目的を知りたい方、とにかくこの番号からの電話を止めたい方に向けて、対処法をお伝えしています。参考にしてください。

この記事でわかること
  • 「0775003011」はライフカード(株)からの督促電話。放置をしていると、強制執行に発展する恐れがあるので要注意
  • ライフカード(株)に心当たりがなくても、念の為に電話に出ておいたほうが良い。変な業者ではなく、電話に出たところで被害を受けることはない
  • 「0775003011」からの電話を今すぐ止めるには、未払い金の解消をしなければいけない。支払いが厳しいなら、債務整理も視野に入れた検討が必要

0775003011はライフカード(株)の督促電話番号であるため無視は絶対にダメ

「0775003011」この電話番号はライフカード株式会社からの「督促電話」です。ライフカードはいくつかの電話番号を有し、各目的に応じて使い分けていますが「0775003011」から電話があったときは、絶対に無視をしないでください。

ライフカードの利用料金未納もしくは、ライフカードが保証しているサービスの延滞・未納が発生している可能性が高いです。万が一、電話を無視し続けていると借金の一括請求や訴訟、強制執行になる恐れがあります。

まずは「0775003011」から電話が掛かってくる目的や対処法、無視したときはどうなってしまうのか?について詳しくお伝えします。

ライフカードの支払いに遅れていると「0775003011」から電話が掛かってくる

ライフカード株式会社が行っている事業は下記のとおりであり、下記いずれかに支払遅延等があると電話が掛かってくる可能性があります。

  • クレジットカード(名称:ライフカード)
  • 集金代行サービス
  • キャッシング・ローン
  • 銀行ローン保証

参考:ライフカード(株)「事業案内」

支払い遅延等に心当たりがなくても「自分が忘れているだけ」とか「残高不足でカード利用料の引き落としができなかった」などの理由で、支払い遅延が発生している恐れがあります。「0775003011」から電話があったときは、かならず内容を確認してください。

電話を無視すると一括請求や訴訟に発展する恐れがあるので要注意

「0775003011」からの電話はライフカードからの電話であり、支払いに関する確認の電話であることが多いです。中には「電話に出ても今は支払えないから」とか「取り立てで怖い思いをしたことがあるから電話に出たくない」と思う方もいるかもしれませんが、絶対に無視はやめてください。

「0775003011」からの電話を放置すると下記のようなことが起こります。

  • 債権回収業者に債権を譲渡されて、自宅に来られる
  • 自宅に督促状等の書類が届く
  • 訴訟に発展、強制執行を受けることになり、会社や家族に借金の事実がバレる

ライフカードでは返済できる期日が明確であり、数日~1週間程度以内であれば返済を待ってくれることもあります。支払えなくても、放置をするのではなく相談することで今すぐに取り立てを止めることもできるうえに、最悪の事態(強制執行等)を免れます。

ライフカードの電話を無視していると債権回収業者が家に来ることもある

ライフカード(株)は自社で抱えている債権のうち、自宅訪問による回収を外部の債権回収業者へ委託することがあります。自宅へ来られたからといって脅されたり、自宅内に無理やり踏み込まれたりすることは一切ないので、その点だけは安心してください。

ただ支払いの約束をするか、実際に支払いを済ませるかしないと、何度でも自宅へ足を運んでくる恐れがあります。近所からの目や家族からの目、不安な毎日を過ごすくらいであれば借金の返済や債務整理で今すぐに借金の解決を目指すべきでしょう。

ワンポイント解説
過度な取り立ては禁止されています

正当な理由なく自宅や職場へ訪問したり連絡したりすること、あなたから債権回収業者に「退去してください!」と、伝えたのに退去しなかったとき。など、過度な取り立ては貸金業法によって厳しく規制されています。あまりにも悪質であると判断されたときは、迷わず警察へ相談してください。

参考:e-GOV「貸金業法(第21条)」

電話を無視し続けると自宅に書類が届き家族にバレる

「0775003011」からの電話を無視していると、自宅に督促状(返済を促す書類)が送付されます。これによって、家族に借金の事実や延滞の事実がバレてしまう恐れがあるので注意してください。

家族へバレたくないのであれば今すぐに延滞を解消する必要があります。今どうしてもお金の用意が難しいのであれば、弁護士へ相談してみるのも良いでしょう。弁護士へ相談すれば最短即日で取り立てを止められます。

また、家族へバレることなく債務整理手続きを開始、解決することも可能です。支払いが厳しいときのひとつの選択肢として「債務整理」があると覚えておくと良いでしょう。

再三の督促を無視すると裁判所から書類が届く

ライフカードからの電話、書類を無視し続けると最終的には裁判所から支払督促が届きます。裁判所からの書類は「最終通告」と思っておくと良いでしょう。これでもなお放置し続けていると、最終段階である強制執行が開始されます。

裁判所からの書類に危機を感じたのであれば、今すぐに「0775003011」へ電話を掛け直して延滞を解消するか、弁護士へ債務整理を相談してください。今のまま放置を続けるのだけは絶対に避けましょう。

無視を続けていれば「強制執行」を受けることになる

裁判所からの書類も無視、根本的な未納金の解消を図ろうとしなければ最終的に強制執行へと発展します。強制執行とは「あなた(債務者)の持つ財産を差し押さえ、処分して債務の弁済に充てる」手続きです。

換金性の高い財産を差し押さえられたり、給与を差し押さえられたりします。給与を差し押さえられることによって、会社に借金の事実がバレてしまう可能性が非常に高いです。

会社としてもあまり気持ちの良いものではないですし、あなた自身もあまり気分の良いものではないでしょう。延滞の解消が難しいのであれば、無視ではなく債務整理をおすすめします。

「ライフカード」を持っていなくても電話が掛かってくることがある

「0775003011」はライフカード(株)が持つ電話番号であり、主な目的は支払いの確認です。しかし中には「ライフカード(株)との取引に心当たりがないな…」と思われている方も多いでしょう。

ライフカード(株)が発行するクレジットカードは、ライフカード以外にもAOYAMAライフマスターカードなどがあります。これら提携クレジットカードを持っていれば「0775003011」から電話が掛かってきます。

他にも、家賃保証や各種保証(携帯電話料金の保証)も行っているため、何かしらの延滞に心当たりがあるときは、電話が掛かってくることがあるでしょう。改めて、何かしらの延滞金がないか?考えてください。

一切の心当たりがなくても一応、対応しておいたほうが良い

「考えたけど一切の心当たりがない。絶対に延滞金はない!」という方も、念の為「0775003011」から電話があったときは折り返してください。少なくとも「0775003011」はライフカード(株)からの電話であり、怪しい番号、変な業者ではありません。

自分の記憶違いで延滞をしている恐れも否めないですし、不正利用や情報登録ミスが発生している可能性もあります。また、延滞を解消したあとも支払督促の電話が掛かってくることもあるので、確認の意味も込めて対応しておいたほうが良いです。

「一切の心当たりがないから」という理由で放置を続けていても、根本の解決にはならず何度でもしつこく電話を掛けてくるので注意してください。

「0775003011」からの電話を今すぐ止めるにはどうしたら良い?

「0775003011」からの電話は、問題を根本的に解決しなければ何度でも掛かってきます。正直「しつこい!」と思う方が大半でしょう。

「0775003011」は何度もお伝えしているように、ライフカード(株)からの督促電話です。当然、延滞の解消をすれば電話は止まりますが、今すぐに返済が厳しいのであれば、債務整理を検討するべきでしょう。

弁護士へ債務整理を依頼すれば、ライフカード(株)はあなた(債務者)に対して一切の取り立て行為ができなくなります。延滞の解消もしくは債務整理、いずれかの方法で問題の根本解決を図ってください。

ライフカード利用料の延滞を解消もしくは返済を約束する

ライフカード(株)で取引したときの延滞金は、未払い金の返済もしくは支払いを約束すれば「0775003011」からの電話を今すぐに止められます。今すぐに支払えない事情があっても、1週間以内程度であれば、待ってもらえる可能性もあるのでまずは相談してください。

万が一、返済約束日以降も支払いができなかったときは、改めて「0775003011」からの電話が始まるので、期日までにはかならず支払うよう注意しましょう。

弁護士に債務整理を依頼して「受任通知」を送付してもらえばすぐに止まる

ライフカード(株)と取引した延滞金を支払えないし、支払える見込みがないのであれば、弁護士へ債務整理を依頼してください。弁護士はあなたからの依頼を持って、ライフカード(株)へ「受任通知受任通知とは債務者(お金を借りた側)から債務整理に関する手続きを「受任しました」ということを債権者(お金を貸した側)に知らせする書類です。債権者は、弁護士や司法書士等の専門家が間に入ったときは、直接、債務者に取り立て行為をすることができなくなります。」を送付します。受任通知が届いたあとは取り立てをしてはいけないと、貸金業法によって定められているため、取り立てはただちに止まるでしょう。

また、弁護士への以来から受任通知到着までの期間に数日程度の空きがあります。この間もライフカード(株)に「〇〇法律事務所へ相談しています」とか「〇〇法律事務所へ債務整理を依頼したので、そちらを介してください」などと伝えれば、すぐに「0775003011」からの電話が止まります。

参考:e-GOV「貸金業法(第21条)」

債務整理には下記の3つの種類があり、自分にあった債務整理手続きを選択できます。

  • 将来の利息のみをカットし、元金を3年程度掛けて完済を目指す「任意整理」
  • 借金を大幅に減額しながら、マイホームを残せる「個人再生」
  • 借金のすべてを0にしてリスタートができる「自己破産」

いずれの債務整理手続きも、メリットとデメリットがあります。自分の目的に合った債務整理を検討し、迷ったときは弁護士へ相談するのも良いでしょう。

支払い能力があるなら交渉で借金を減額する「任意整理」がおすすめ

任意整理は債務整理の中で唯一「ひとつの債務」から整理手続きが可能です。他のクレジットカード等の返済は問題なくできるけど、ライフカードだけ厳しいから整理したい。とか、とにかく「0775003011」の電話を止めたいから、ライフカードだけ任意整理する。といったときには有効な手続きでしょう。

しかし、任意整理は「将来の利息をカットして元金を3年掛けて完済する交渉手続き」です。他の債務整理と比べると、経済的メリット(減額される金額)が少ないので、借金全体の返済が厳しい方にはあまりおすすめできません。

ライフカード以外の借金も含めて減額したいなら「個人再生」がおすすめ

「0775003011」からの電話を止めつつ、今回をきっかけに借金をまとめて整理したい。と、お考えの方は個人再生がおすすめです。個人再生は、借金を最大で1/10まで圧縮する手続きであり、経済的メリット(減額される金額)がとても多いのが特徴です。

ただ、借金をすべて0にする自己破産とは異なり、少なからず借金が残ります。個人再生をおすすめの方は、住宅ローンを抱えながら借金を整理したい人です。とくに失う財産がない方は、自己破産を検討されたほうが良いでしょう。

今あるすべての借金を0にしてリスタートしたいなら「自己破産」がおすすめ

「0775003011」からの電話やライフカードの延滞はもとより、すべての借金を一度清算したい。と、お考えなのであれば自己破産を検討してください。自己破産は、今ある借金のすべてを0にしてリスタートさせるための手続きです。

自己破産を弁護士へ依頼すれば、まずは「0775003011」からの電話が止まり、ライフカードとの関わり自体もそのまま消滅します。とにかく2度とライフカード(株)と関わりたくない!と思うのであれば、自己破産を検討されてみてはどうでしょうか。

借金問題を解決するならまずは弁護士へ相談するのが得策

借金問題を解決するならかならず弁護士へ相談してください。どうやったら取り立てを止められるのか、自分に合った債務整理手続きは何か等、借金に関する悩ましいことがあるのであればまずは相談してみると良いでしょう。今のまま「0775003011」からの電話を放置し続けても状況は改善されません。

もしも弁護士費用が不安なのであれば、まずは無料相談をしてください。弁護士事務所では報酬の分割払いに対応していますし、民事法律扶助制度の利用もできます。とくに不安を感じる必要はありません。

とにかく「0775003011」からの電話を止めたい!という理由で相談してみるのも良いです。相談しないことには何も始まりません。状況を改善するためには一歩踏み出すことがとても大切です。

まとめ

今回は「0775003011」から掛かってくる電話は誰なのか、無視をするとどうなるのか?電話を止めるためにはどうすれば良いのか?についてお伝えしました。

「0775003011」はライフカード(株)からの電話で、延滞金等が発生しているがゆえに支払状況を確認するための電話です。おそらく、何らかの料金未納が発生しているために電話が来ているため、放置だけは絶対に避けるべきでしょう。

かならず電話に出て、今すぐに支払えるのであれば支払い、支払えないのであれば返済日を再設定してもらえば良いでしょう。いずれの手段でも支払いができないのであれば、債務整理も検討すべきです。

債務整理を弁護士に依頼すればただちに電話を止められます。しつこい電話を今すぐに止めるためには、債務整理もしくは延滞の解消しかありません。自分の状況をよく考えたうえでどのように解決していくか検討してください。

阿部 由羅
監修者

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。