【0120362633はJCBからの電話】無視や着信拒否がダメな理由と合法的に督促を止める方法を解説

【0120362633はJCBからの電話】無視や着信拒否がダメな理由と合法的に督促を止める方法を解説

0120362633からの着信が止まらないのですが…。知らない番号ですが、出ないとダメですか?

0120362633はJCBからの電話です。JCBのクレジットカードを使用していて滞納などに心当たりがあるのなら、必ず電話に出るか、折り返すようにしてください。

確かに借金があるのでクレカの引き落としが出来ていないかもしれません。放置するとまずいですか?

0120362633からの返済督促を無視すると、強制解約されたうえでブラックリストに登録されかねません。また、滞納が続くと財産が強制執行されるおそれもあるので、早期に対応しましょう。まずは弁護士にご相談を。

借金返済で苦しんでいる人にとって、知らない番号からの電話はストレスが溜まるもの。なぜなら、多くの場合が、返済督促の内容の問い合わせだからです。

0120362633はJCBの電話番号なので、クレジットカードの引き落としができずに滞納状況に陥っている可能性があります。

0120362633からの電話を無視し続けてしまうと、カードが強制解約されて、財産や給料が差し押さえられるリスクが高まります。

したがって、まずは、0120362633からの電話に応じて、真摯に対応するように心がけてください。

ただし、0120362633からの電話で支払いや振込みを求められることがありますが、借金返済で厳しい状況に置かれている債務者の中には、指示に従いたくても従えないという方もいらっしゃるでしょう。

それならば、借金問題に強い弁護士に相談をして債務整理を検討するのがおすすめです。

弁護士に依頼すれば、任意整理、個人再生、自己破産の債務整理手続きの中から、債務者の状況に応じた適切な方法を選択してくれるので、生活再建がしやすくなります。

また、弁護士に依頼した段階で0120362633からの返済督促は停止し、ストレスから解放されるのでおすすめです。できるだけ早期に弁護士に相談しましょう。

この記事でわかること
  • 0120362633はJCBの電話番号。営業電話の可能性もあるが、借金などで支払い状況が芳しくないのなら、クレカの引き落としができなかった可能性が高い。
  • 0120362633からの電話は無視してはいけない。借金を滞納するとカードの強制解約・ブラックリストへの登録・財産への強制執行などのデメリットが生じるから。
  • 0120362633からの支払い条件に応じられないのなら早期に弁護士に相談しよう。任意整理、個人再生、自己破産から債務者にとって適切な債務整理を検討してくれる。

0120362633からの電話は無視してはいけない!

まずは、0120362633からの電話は無視してはいけない、ということを押さえましょう。

なぜなら、0120362633はJCBからの返済督促の電話の可能性が高いので、無視したままでは債務者に大きなペナルティが課される可能性が高まるからです。

そこで、以下3項目に沿って、0120362633からの電話を無視してはいけない理由、対処法を解説します。

  • 0120362633はJCBからの返済督促
  • 0120362633からの電話を無視するとどうなる?
  • 0120362633から電話がかかってきたらすぐに対応を

それでは、各項目について見ていきましょう。

0120362633はJCBからの返済督促

0120362633はJCBからの返済督促である可能性が高いです。

株式会社JCBは、三菱UFJニコス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社クレディセゾン、SMBCファイナンスサービス株式会社と並ぶ大手クレジットカード会社です。

通常、所有しているクレジットカードの利用代金の支払いは口座振替の方法で行われるものですが、利用者の口座残高が不足している場合には口座振替ができません。

残高不足が原因でカード会社への支払いができなければ滞納状況に陥っていると判断されるので、カード会社から返済督促の電話がかかってくることになります。

もちろん、0120362633の電話番号から着信があったからと言って、その問い合わせ内容が必ず返済督促であるとは限りません。

一般的に、カード会社からの問い合わせについては、以下の内容が考えられるからです。

  • ①クレカの新規申し込みに関する本人確認・審査結果の通知
  • ②クレカの限度額や利率変更などの連絡
  • ③不正利用の確認
  • ④キャンペーンや保険の営業電話
  • ⑤返済督促

ただし、現在の家計状況が厳しい、どこかから借金をしている、すでに滞納しているなどの事情があるのなら、「⑤返済督促」に関する問い合わせであることを疑ってください。

そして、思い当たる節があるのなら当然ですが、仮に口座振替できない事情が見当たらない場合でも、0120362633からの問い合わせには対応するようにしましょう。

なぜなら、「③不正利用の確認」などのために問い合わせが行われている可能性があるからです。

なお、JCBからの問い合わせの電話は、「0120362633」「0120779941」「0120567783」などからかかってくることもあるのでご注意ください。

返済督促で使われる電話番号一覧

0120362633はJCBからの督促電話ですが、現在所有しているクレジットカード次第では、他のカード会社から督促電話がかかってくることもあります。

以下では、返済督促を内容としてかかってくるカード会社の電話番号と対象カードを一覧で紹介します。

知らない電話番号から着信があった場合には、その電話番号と所有するクレジットカードをご確認ください。

0120362633 ・JCBカード
・ANA JCBカード
・ソラチカカード
・JTB旅カードなど
0333810101 ・エポスカード
・ダイナシティ エポスカード
・ノジマ エポスカード
・ワンピース エポスカードなど
0366888004 ・セゾンカード
・MUJIカード
・三井ショッピングパークカード
・みずほマイレージクラブカードセゾン
・高島屋カードセゾンなど
0367387130 ・三井住友カード
・dカード
・Amazon Mastercardクラシックカード
・Visa LINE Payクレジットカード
・JAFカードなど
05045600235 ・楽天カード
0522591761 ・三菱UFJニコスカード
・DCカード
・NICOSカード
・ENEOSカード
・リクルートカード
・au Payカードなど
0668739020 ・イオンカード
・ツルハドラッグカード
・コジマ×ビックカメラカード
・マルエツカードなど
0922615616 ・Oricoカード(オリコカード)
・Tカード系
・みずほマイレージクラブカード
・カインズMastercard

0120362633からの電話を無視するとどうなる?

借金問題を抱えていると、知らない電話番号からの着信は億劫に感じるものです。

しかし、0120362633からの着信を無視すると重いペナルティが課されてしまいます。

  • 遅延損害金が発生して完済がさらに難しくなる
  • ブラックリストに登録される
  • 財産が差し押させられるリスクが生じる

それでは、それぞれのペナルティについて見ていきましょう。

遅延損害金が発生して完済がさらに難しくなる

0120362633から返済督促の電話がかかってくるということは、すでに滞納状況に陥っているということです。

したがって、高い利率で計算される遅延損害金が毎日加算されるので、すでに滞納している金額以上の支払い負担が課されることになってしまいます。これでは、完済がより難しくなるでしょう。

遅延損害金は、以下の計算式で求められます。

  • 遅延損害金=借金総額 × 年利率 × 滞納日数 ÷ 365日

このように、カード利用規約における遅延損害金の年利率は上限20%(ショッピング利用の場合は上限14.6%)の範囲の高利率で計算されること、そして、滞納日数に応じて遅延損害金が毎日加算されることから、できるだけ早期に滞納状況を改善しなければ、どんどん返済負担が重くなってしまいます。

例えば、ショッピング利用(遅延損害金年14.6%)に関するカードの支払い滞納分が10万円あるのなら、遅延損害金は以下のような形で日々膨れ上がることになります。

  • 【滞納1日】10万円 × 14.6% × 1日 ÷ 365日 = 40円
  • 【滞納10日】10万円 × 14.6% × 10日 ÷ 365日 = 400円
  • 【滞納30日(1ヶ月)】10万円 × 14.6% × 30日 ÷ 365日 = 1,200円

そして、カード会社からの連絡を無視し続けると、翌月、また翌月と、利用額に応じて滞納残債が増えていきます。

最終的に完済や債務整理に踏み出すまでは遅延損害金は膨れ続けるので、返済負担を背負う自分自身のために、できるだけ早期に対策を採りましょう。

※遅延損害金については、「遅延損害金は借金延滞のペナルティ!請求されたら一刻も早く返済に向けて対処しよう」で詳しく解説しているのでご参考ください。

ブラックリストに登録される

0120362633からの着信を無視し続けていると、返済滞納が3ヵ月続いた頃を目安にクレジットカードが強制解約されてブラックリストに登録されます。

ブラックリストへの登録とは、信用情報機関に事故情報が登録されることです。

ブラックリストに登録されることによって、日常生活にさまざまなデメリットが生じます。代表的なデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 新たな借金・ローンを契約できない
  • 賃貸物件の契約審査に通らない可能性
  • クレジットカードを使用できない
  • 携帯電話・スマホの分割払いができない
  • 奨学金の保証人になれない

信用情報機関に登録された情報は各種金融機関などで共有されるので、カード代金未払いとは関係のない消費者金融などからの借入れもできませんし、複数枚所持しているクレジットカードもすべて使えなくなります。

もちろん、これらのデメリットが生じるのはブラックリストに登録されている期間中だけで、ブラックリストへの登録は一生涯続くものではありませんが、日常生活の多方面に不便が生じることになるでしょう。

0120362633からの着信を無視し続けるだけでこれだけ被害が拡大することになるので、必ず着信には対応してください。

※ブラックリストに登録されるデメリットについては、「債務整理と信用情報機関の関係は?ブラックリストに載った場合のデメリットと対処法を解説」で詳しく解説しているのでご参考ください。

財産が差し押させられるリスクが生じる

0120362633からの電話を無視し続けて滞納状況を改善しない期間が長期化すると、カード会社からの依頼を受けた弁護士事務所や債権回収会社が財産・給料を差し押さえる手続きに進みます。

何を差し押さえるかは債権者側の判断によって決められるので、例えば給料が差し押さえられると職場に滞納の事実を知られることになりますし、別の銀行口座などが差し押さえられてしまうと光熱費などの支払いができなくなることもあり得ます。

契約通りの支払いをしていない時点で債務者側に非があることは確実なので、法的措置に出られてしまうと勝ち目はなく、差し押さえを避けることはできません。

したがって、このように取り返しのつかない事態に陥る前に、カード会社と交渉を開始するか、差押予告通知が送付された段階で弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。

※ブラックリストに登録されるデメリットについては、「口座の差し押さえを回避するなら債務整理がおすすめ!差し押さえによる影響とは」で詳しく解説しているのでご参考ください。

0120362633から電話がかかってきたらすぐに対応を

0120362633からの着信が返済督促に関するものであり、延滞によるペナルティがかなり大きなものである以上、0120362633からの着信があった時点で、以下の対策をとるのが重要となります。

  • 0120362633の着信を無視せずに出る
  • 0120362633からの不在着信には折り返す
  • 0120362633の指示に従う

まず、電話は無視せずに必ず対応してください。不在着信が入っている場合にも、できれば折り返して真摯な対応を心がけましょう。

なぜなら、返済督促の電話を無視してしまうと「支払いの意思がない」と捉えられてしまうのでペナルティを課されるステージに進んでしまう可能性があるからです。

そして、JCBの返済督促では、口座に不足分の入金をするように指示されるので、家計に余裕があるのなら、指定された時間までに口座に入金をするようにしてください。

JCBでは、毎日18時までに自動で引き落とし処理が行われるので、翌日の18時までに入金すれば問題ありません。

0120362633からの電話があれば弁護士に相談して債務整理を検討しよう

0120362633からの問い合わせがあり、指示通りに口座に入金するのが難しい状況なら、弁護士に相談するのがおすすめです。

なぜなら、弁護士に相談すれば、以下のようなメリットが得られるからです。

  • 0120362633の指示に従うために借金するのは厳禁
  • 弁護士に相談すれば返済督促がストップする
  • 弁護士に相談して適切な債務整理を検討してもらおう
  • 弁護士に相談して今後の生活再建のアドバイスをもらおう

それでは、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

0120362633の指示に従うために借金するのは厳禁

カードの利用代金を支払えないとペナルティが課されるからと言って、他の金融機関などから新規の借入れをするのはNGです。

なぜなら、消費者金融などからの借入れも高利率ですし、返済日を先延ばしにしているだけでは根本的な解決にはなっていないからです。

借金のために借金をするという発想はやめて、収入の範囲内で支払いをする、それが無理なら債務整理などの方法を選択するという姿勢を大切にしてください。

また、0120362633からの返済督促が行われる債務者の場合、他にも借金返済で困っているという方は少なくありません。

弁護士に相談すれば、カードの延滞分以外の借金についても対応方法を検討してくれるので、ぜひご相談ください。

弁護士に相談すれば返済督促がストップする

弁護士に債務整理を依頼すれば、その時点で0120362633からの返済督促がストップします。

なぜなら、債務整理を受任した弁護士はすべての債権者に受任通知を送付し、受任通知の送付を受けたJCBなどのカード会社はそれ以降の一切の返済督促行為が禁止されるからです。

カード会社からの返済督促は毎日かかってくることもありますし、電話に出づらくなって滞納状況が深刻になると督促状が送付されることもあります。

債権者側からのプレッシャーは債務者に過度なストレスを与えるものなので、早期に弁護士に債務整理を依頼して、返済督促をストップさせましょう。

弁護士に相談して適切な債務整理を検討してもらおう

弁護士に相談すれば、債務者の状況に応じて適切な債務整理手続きを選択してくれます。

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理の3種類の手続きがあります。

  • 自己破産:裁判所を利用してすべての借金を帳消しにする方法
  • 個人再生:裁判所を利用して借金総額を大幅に減額する方法
  • 任意整理:裁判所を利用せずに当事者間で返済条件などを交渉する方法

どの手続きにもメリット・デメリットがあるので、債務者が置かれている状況や要望に応じて適切な方法を選択する必要があります。

例えば、クレジットカード延滞分の支払いだけが厳しい状況なら、任意整理でカード会社と返済条件を見直す方法が考えられます。

任意整理を利用すれば、利息や遅延損害金の返済が免除され、実際に使った金額だけを返済すれば良くなるからです。

また、他にも多額の借金があり、とても完済を目指せないという状況に追い込まれているのなら、自己破産を利用してすべての借金返済を帳消しにしてもらうという方法も考えられます。

ただし、自己破産を利用すると自宅などの財産が処分されるなどのデメリットがあるので、借金帳消しという大きなメリットの代わりに、多くの代償を受け入れる必要があります。

もし自宅などの財産が処分されるのを嫌うなら、自己破産ではなく、個人再生や任意整理で生活再建を狙う道も考えられます。

以上のように、債務者の状況ごとに選択すべき債務整理手続きは異なるので、「どの債務整理を選択すれば債務者の利益が最大化されるのか」について借金問題に強い弁護士に相談するのがおすすめです。

自己破産・個人再生・任意整理については、以下の記事でも詳しく紹介しています。今後の方法選択のためにも、あわせてご参照ください。

まとめ

借金を滞納していたり、カード使用料金を滞納していたりすると、0120362633などの見知らぬ番号からの電話には出にくくなるものです。

しかし、カード会社からの返済督促を無視し続けてしまうと、日々蓄積される遅延損害金の負担だけではなく、カードの強制解約ブラックリストへの登録財産・給料の差し押さえなど、かなり大きなペナルティを課されるリスクが高まります。

したがって、払える払えないは別にして、まずは0120362633などの電話には真摯に対応したうえで、できるだけ早期に法律の専門家である弁護士に相談するようにしましょう。

弁護士に相談すれば、債務整理などの救済措置をはじめとして、実際の生活を立て直すためのアドバイスをもらえます。

借金問題に関する相談は無料で対応してくれる弁護士も多いので、できるだけ早いタイミングでご相談ください。

阿部 由羅
監修者

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考[…]